FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  「我々は安全と感じない」 : フロリダのユダヤ人、反ユダヤ主義の恐怖に怯え銃をパニック買い

    「我々は安全と感じない」 : フロリダのユダヤ人、反ユダヤ主義の恐怖に怯え銃をパニック買い

    2023-11-08_13-54-26.png

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    'We Don't Feel Safe': Florida Jews Panic Buy Guns Over Antisemitism Fears


    大学やリベラル寄りの都市で反ユダヤ主義や親パレスチナ派の抗議デモが増加していることを受けて、アメリカのユダヤ人たちは予防措置として銃器をパニック的に購入している。

    南フロリダに住む 48 歳の教育者、ビッキー・フューラーさんはブルームバーグの取材に対し、最近、シナゴーグのメンバーと一緒に、フォートローダーデールのすぐ北にあるポンパノビーチの射撃場で射撃のレッスンを受けたと語った。

    「怖いですよ、これを持っていると。」 フューラーさんは言った。「自分が誰かに向けて撃つことができる日が来るのかと思うと。」

    南フロリダだけでなく、アメリカ全土で、ユダヤ系の人々は歴史的に左翼に傾き、銃規制を支持してきた。しかし、イスラエルとハマスの戦争、そして反ユダヤ主義や親パレスチナ主義がアメリカ全土に広がっていることを受けて、その傾向は変わりつつあるようだ。

    FBI の全国即時犯罪者身元調査システム (NICS) の最新データによると、フロリダ州における 10 月の修正前犯罪者身元調査件数は 12 万 4,000 件で、9 月から 30 %増加した。銃器購入を追跡する全国的なデータベースが存在しないため、身元調査は銃販売の代理として機能している。

    イスラエル国外では、フロリダ州には 740,000 人を超えるユダヤ人が集中している。ユダヤ人が多く住む地域では、人々は武装している :

    「こんな治安の悪いアメリカは初めてです」と、ハランデール・ビーチ市の委員であるミシェル・ラザロー氏はサン・センティネル紙に語った。彼はこう付け加えた : 「もしかしたら、私が銃器を手にする時がついに来るかもしれない。」

    ラビ、銃器インストラクター、銃砲店はブルームバーグに対し、ここ数週間、ユダヤ人の間で銃の購入が急増していると語ったが、それはハマスの攻撃を恐れているためであり、また全国的な反ユダヤ主義の高まりを目の当たりにしているためである。


    火曜日、ロサンゼルスでイスラエルを支持するデモをしていた 69 歳の男性が、親パレスチナのデモ参加者と争った際に頭部を負傷し、死亡した。


    また、ユダヤ人はリベラルな大学での反ユダヤ主義の急増を目の当たりにし、ショックを受けている。




    まさか自分が銃を持つことになるとは思ってもみなかった左翼ユダヤ人たちは、バイデンのアメリカでは、狂人に対する自衛の必要性が生き残るために極めて重要であることを悟りつつあるのである。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する