FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  タイム誌の驚愕の逆転劇 : ゼレンスキーはウクライナが勝てると 「妄信」 している

    タイム誌の驚愕の逆転劇 : ゼレンスキーはウクライナが勝てると 「妄信」 している

    zelnewpicfile.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Time Magazine's Stunning Reversal: Zelensky 'Deludes' Himself Into Thinking Ukraine Can Win


    執筆者:デイヴ・デキャンプ氏、AntiWar.com より

    ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の最側近の一人がタイム誌に語ったところによると、ウクライナの指導者は、反撃作戦が失敗し、欧米諸国における紛争への支持率が低下する中、ウクライナがロシアに最終的な勝利を収めることができると妄信しているという。

    その報道によると、ゼレンスキーは頓挫したにもかかわらず、「戦闘を放棄するつもりも、何らかの和平を求めるつもりもない。それどころか、ウクライナがロシアに最終的に勝利するという彼の信念は、彼のアドバイザーの何人かを懸念させるほど硬直しているその信念は揺るぎないものであり、メシア主義的なものに近い。」


    その補佐官は、ゼレンスキーは 「妄信している」 と言い、こう付け加えた。「我々には選択肢がない。我々は勝てない。でも、彼にそう伝えてみてほしい。」 報道によれば、ロシアとの和平交渉や一時的な停戦という考えは、ゼレンスキーにとってタブーのままだという。

    「我々にとって、それはこの傷を後世に残すことを意味する」 とゼレンスキーはタイム誌に語った。 「おそらく、そうすれば国内でも国外でも、何が何でも事態を収束させたいと考える人たちは静まるだろう。しかし、私にとってはそれが問題だ。なぜなら、この爆発的な力が残されたままだからだ。私たちは爆発を遅らせるだけだ。」

    あるウクライナ軍幹部は同誌の取材に対し、ドネツクの都市ホルリウカを占領せよという命令など、キエフの政治指導部から出された命令を軍が二の足を踏んでいると語った。

    「彼らには兵員も武器もないのです。」 とその将校は語った。「武器はどこにある?大砲はどこだ?新兵はどこだ?」

    ウクライナは戦争に必要な武器だけでなく、人手も不足している。ゼレンスキーの側近の一人は、ウクライナの欧米支援者が必要な武器をすべて供給したとしても、「それを使う兵士がいない」 と語った。

    報道はまた、ゼレンスキーが最近オレクシー・レズニコウ前国防相を解任する動きにつながったウクライナ政府の腐敗についても詳述している。このタイム誌の記事を書いたサイモン・シャスターは、ウクライナの役人なら賄賂を受け取る前によく考えるだろうと甘く考えていたが、ゼレンスキーの顧問からそうではないと言われたという。「サイモン、君は間違っている」 と顧問は言った。「人々は明日がないかのように盗みを働いているのさ。」


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する