FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ストルテンベルグ事務総長、ウクライナが NATO の一員になることを誓う

    ストルテンベルグ事務総長、ウクライナが NATO の一員になることを誓う

    finlandnatofile.png

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Stoltenberg Pledges Ukraine Will Become A Member Of NATO


    火曜日、ブリュッセルの NATO 本部でフィンランドが 31 番目の加盟国となる正式な式典が行われた際、気まずい光景が繰り広げられた。フィンランドのトップが出席する中、ウクライナの外相もアントニー・ブリンケン国務長官と一緒に出席していた。伝えられるところによると、フィンランドの国旗が掲げられると同時に、デモ隊の一団が唱えたという : 「ウクライナを NATO に!」

    ポリティコによると、ウクライナのトップ外交官はこの機会に、キエフの目標を表明したという :

    フィンランドが正式に加盟した日、ブリュッセルの NATO 本部に到着したウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、祝辞を述べるとともに、「ウクライナも同じゴールを目指しており、NATO の正式加盟を目指します。」 と明言しました。

    どうすれば前進できるのか、ここブリュッセルでの話し合いのテーマのひとつになるでしょう。」 と彼は述べた。

    finlandnatofile.png

    クレーバ外相は、「同盟から受けている実質的な支援に感謝しています。」 としながら、次のように強調した : 「ユーロ・アトランティック地域の戦略的安全保障を確保する上で、ウクライナの同盟加盟に勝る戦略的解決策はありません。」

    このことは、誰もが触れないタブーに対処するようストルテンベルグにプレッシャーを与え、その質問は記者会見中にウクライナの報道機関のジャーナリストによってなされた。以下は、NATO 事務総長がどう答えたかである :

    彼は、キエフは戦争に勝ち、いつか正式な NATO 加盟国となることができると付け加えた。

    ストルテンベルグ事務総長は記者会見でキエフ独立派に応え、「 NATO の立場は変わらず、ウクライナは同盟の一員になるだろう。」 と語った。

    NATO の長年にわたるリーダーは、現在の 「主な焦点」 は、ウクライナが欧州の主権ある独立国家であり続けることだと強調した。「ウクライナが NATO に加盟するための第一歩は、ウクライナが勝利することであり、そのために米国とそのパートナーはウクライナに対して前例のない支援を行ってきた。」 とも述べた。

    もちろん、これらすべては事実上ロシアの崩壊を前提とした危ういものである。核武装した超大国はウクライナが本格的な NATO 加盟国になることを決して許さないであろうし、たとえ NATO による軍事化が紛争を通じてすでにある程度進行していたとしても、である。


    ウクライナは NATO に加盟するであろう - ストルテンベルグ事務総長

    これはクレムリンのプロパガンダだったんじゃないの?


    西側同盟からすれば、ウクライナを NATO に受け入れると、自動的に第 5 条共同防衛が発動されることになり、だからこそ、国境で紛争がくすぶる国を加盟させない (特に、激しい戦争の最中には加盟させない) のである。つまり、ウクライナの加盟は、ロシアとの核衝突を意味するため、少なくとも一握りの残留国が承認に消極的であることは間違いない。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する