FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  【PREMIUM】 ファイザー社とモデルナ社の臨床試験に関する筆頭執筆者が、COVID ワクチンの接種を中止すべきと警告

    【PREMIUM】 ファイザー社とモデルナ社の臨床試験に関する筆頭執筆者が、COVID ワクチンの接種を中止すべきと警告

    Pfizershot1.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    【PREMIUM】Lead Author Of Research On Pfizer And Moderna Trials Warns COVID Vaccinations Must Be Stopped


    ルイジアナ州の救急医で臨床科学者であるジョセフ・フレイマン博士 (Joseph Fraiman) は、ファイザー社とモデルナ社の臨床試験の論文の筆頭執筆者だが、COVID ワクチンに関する副作用の証拠は十分にないという当初の見解を変更したことを明らかにした。

    フレイマン博士は最近、同ワクチン接種率の高い国々での超過死亡に関する数多くの懸念と、これまでアメリカ食品医薬品局 (FDA) が公表してこなかった情報をまとめた声明を発表した。


    速報

    mRNA ワクチンに関するファイザー社とモデルナ社の臨床試験を再解析した査読済み論文の筆頭執筆者ジョセフ・フレイマン氏は 深刻な害があるため、ワクチンの即時中止を求める。

    「ワクチンが突然の心臓発作による死亡を引き起こしているという決定的な証拠がある」。

    これは非常に大きい


    厚労省
    【速報】コロナワクチン接種後死亡の男女5人について「因果関係が否定できない」として、死亡一時金などの支給を決定 =ネットの反応「因果関係認めたと言えよ」「河野談話とは何だったのか」「デマ太郎、これどうすんの」

    フレイマン氏のデータは、少なくとも 800 人に 1 人の割合で副作用の可能性があることを示している。

    これは、ロバート・マローン博士 (Robert Malone) が最初に予測した 2,000 人に 1 人のワクチン被害という予測をはるかに上回るもので、この予測は大手メディアから 「根拠がない」 として激しく攻撃された。

    COVID ワクチン接種が広範囲に導入されて以来、特に若者の突然の心不全や死亡が急増しており、COVID の 40 歳以下の感染致死率 (IFR) はほとんどないため、ワクチン以外に考えられる原因はないことになる。

    複数の研究とアメリカ疾病予防管理センター (CDC) が発表した最新の VAERS データは、ファイザー社とモデルナ社の COVID ワクチン接種に伴う副作用が劇的に増加していることを示している。 この情報は何ヶ月も前から様々な形で存在していたが、大手メディアやソーシャルメディアプラットフォームによって隠蔽されていた。そして、Twitter ファイルの公開で明らかになったように、このデータ隠蔽の多くは政府機関の命令で行われたものだった。

    科学的な根拠にとどまらず、世界中の若くて健康な人々の突然の心不全による死がますます目につくようになり、一般市民が答えを求め始めたことが、ついに人々の心に影響を与え始めているのだ。




    A storm is coming 23

    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する