FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ブラックストーン、解約パニックで新規プライベート・エクイティ・ファンドの設定を見合わせる可能性

    ブラックストーン、解約パニックで新規プライベート・エクイティ・ファンドの設定を見合わせる可能性

    black_0.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Blackstone Might Delay New Private Equity Fund After Redemption Panic


    ブラックストーンの株価は、同社の 2 つのファンド、Blackstone Real Estate Income Trust (BREIT) と Blackstone Private Credit Fund (BCRED) が厳しいマクロ環境下で解約制限を実施したため、年初来で 39 %下落するに至った。

    BREIT と BCRED の両方で解約が制限されたため、投資アドバイザーやポートフォリオ・マネージャーは、非公開投資ファンドから資金を引き出せるかどうか、ますます懸念するようになったと推測される。投資家による引き出しパニックの高まりは、両ファンドのパフォーマンスや流動性の問題に重くのしかかる可能性がある。

    バークレイズは最近のレポートで、「解約制限、金利上昇、パフォーマンスの低下は、投資家やアドバイザーに今後、二の足を踏ませることになりそうだ」 とクライアントに語っている。月次データによると、BREIT の実現しなかった解約が 11 月に急増した。

    2022-12-11_13-04-23.png

    ブラックストーンの問題は広がるばかりだ。情報筋の話を引用したフィナンシャル・タイムズ紙によると、ニューヨークを拠点とするこの投資運用会社は、Blackstone Private Equity Strategies Fund (BXPE) の運用を延期する可能性があるとのことで、これは BREIT と BCRED をめぐる未解決問題、資金調達状況の悪化、不安定な金融市場、インフレ抑制のための積極的な連邦準備制度の金融引き締めに端を発しているそうだ。

    BXPE は、企業買収への投資と、後期ベンチャー投資、音楽印税、他のプライベート・エクイティ企業の株式購入など、エクイティ志向の機会探求を目的として設計されたファンドだ。

    ブラックストーンのファンドは、富裕層の投資家を対象としている。問題は、これらの富裕層とそのファイナンシャル・アドバイザーは、何を知っていて BREIT と BCRED でこれほどのパニックを起こしたのか、ということである -- 2023 年に経済がハードランディングするリスクが高まることを把握してのことだろうか?


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する