FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ゴールドマンの第 3 四半期ヘッジファンド・モニター : ヘッドライトを浴びた鹿の群れのように

    ゴールドマンの第 3 四半期ヘッジファンド・モニター : ヘッドライトを浴びた鹿の群れのように

    fund tilt

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Goldman's Q3 Hedge Fund Monitor: Like A Herd Of Deer In Headlights


    ゴールドマンのベン・スナイダー氏は、ゴールドマンの調査レポートの中でも最も広くフォローされている 「ヘッジファンド・トレンド・モニター」 の最新四半期レポートを発表した (幸いなことに予測は含まれていないので、1 年先の予測と違ってゴールドマンが破滅的に間違っていることはありえない)。今年、ゴールドマンは 2022 年第 4 四半期開始時点で 2 兆 3,000 億ドルの総株式ポジションを持つ 786 本のヘッジファンドの保有状況を分析した ( 1 兆 5,000 億ドルのロングと 7,300 億ドルのショート)。

    この報告書で分かったことは、FRB が米国経済をソフトランディングに向かわせようとする中、ヘッジファンドのポートフォリオは 「空中待機状態」 にあり、四半期のポジション回転率は第 3 四半期に過去最低に落ち込み、ポートフォリオ・マネージャーたちは文字通り何をすべきか、どう取引すべきかが分からなかったので、ヘッドライトを浴びた鹿のようにただ立っているだけだったということである (詳細は以下を参照されたい)。

    セクター・ティルト (セクター別の配分の傾斜・偏り) の変化の総規模は 2019 年以降で最小となったほか、ほとんどのティルトが過去 10 年間の平均値に近い位置にあります。ヘッジファンドのグロース対バリューのエクスポージャーは、過去 20 年間の平均値に戻りました。ネット・レバレッジは低水準を維持し、ファンドは ETF や先物を利用して、高い相関を特徴とするマクロ主導の市場に対するエクスポージャーを管理しています。単一銘柄の空売りは、2000 年と昨年に記録した最低水準に近い水準で推移しています。

    このような軽い市場エクスポージャーとは対照的に、ヘッジファンドのロング・ポートフォリオでは、モメンタムからの離脱が異常に大きくなっている。モメンタムは最近、株式市場の方向性と非常に負の相関があり、それは 11 月上旬の市場の反発に伴ってモメンタムが急激に反転したことに反映されている。最も人気のあるロング・ポジションのヘッジファンド VIP バスケットは、前年同期比で 29 %も下落しているが…

    HS VIP

    …ファンドは、今年最もパフォーマンスの高かった S&P 500 銘柄を積極的に空売りする一方で、彼らのお気に入りの銘柄に確信を持っているように見受けられる : エネルギー・セクター全般と、特にエクソン (XOM) である。結局、彼らは正しい取引が何であるかを知ることになるだろう。

    popular longs have underperformfed

    平均的なヘッジファンドは、ロング・ポートフォリオの 71 %を上位 10 ポジションで保有しており、2018 年第 4 四半期以外では過去最高の集中度となっています。VIP リストのほぼ半分をテクノロジーとコミュニケーション・サービスが占め、上位 10 銘柄のうち 8 銘柄を占めています。第 3 四半期にファンドの中国 ADR からのシフトが一段落したものの、VIP リストではアリババグループ (BABA) が依然として唯一の代表銘柄となっており、軽い市場エクスポージャーとは対照的に、ヘッジファンドのロング・ポートフォリオはモメンタムから異常に大きく離脱していることが分かります。

    以下、いくつかの重要な結果を要約する:

    マイクロソフト (MSFT) はアマゾン・ドット・コム (AMZN) に代わって最も人気のあるヘッジファンドのロング・ポジションとなり、ウーバー・テクノロジーズ (UBER) とネットフリックス (NFLX) が上位 5 位に入った。メタ・プラットフォームズ (META) は 2014 年以来初めてトップ 5 から外れた。

    Hedge Fund VIP top 50 stocks Sept 30

    VIP リストには、ファンダメンタルズ系ヘッジファンドの保有銘柄トップ 10 に最も多く登場する 50 銘柄が含まれている。このバスケットは 2001 年以降、58 %の四半期で S&P 500 をアウトパフォームし、平均 34 bps の四半期超過収益を上げているが、過去 2 年間は完全に惨憺たる結果であった。

    the most popular hedge fund longs 2022-11-22_16-19-23

    ヘッジファンド VIP リストには、新たに 15 銘柄が加わった : APiグループ (APG)、コンステレーション・エナジー (CEG)、エナジー・トランスファー (ET)、フレックス (FLEX)、リバティ・ブロードバンド (LBRDK)、イーライリリー・アンド・カンパニー (LLY)、リバティメディア (LSXMK)、エヌビディア (NVDA)、プログレッシブ (PGR)、S&P グローバル・レーティング (SPGI)、トランスダイムグループ (TDG)、サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック (TMO)、ユナイテッド・セラピューティクス (UTHR)、VMウエア (VMW)、ワークデイ (WDAY)。

    しかし、我々がもっと注目したのは、VIP ミラーリスト、ヘッジファンドの VISP (Very Important Short Positions [非常に重要なショートポジション] )で、そのトップがエクソンであったことだ - 2020 年の夏に 30 ドル台まで下げて以来、我々のお気に入りのロングであるエクソンは、今年 2 倍 (ダウ・ジョーンズから追い出されてからは 4 倍) になっているのである。そして、XOM がまだどれだけのショートカバーに直面しているか、そして言うまでもなく、ヘッジファンドがショートからエネルギー・ロングへと移行する中で、株式にどれだけの買いが眠っているかを判断すると、エクソンはここから再び倍増する可能性が非常に高まっているのである。

    XOM largest short

    第 3 四半期のヘッジファンドのフローに話を戻すと、ゴールドマンは、一般消費財から生活必需品へのシフトがセクターの中で最も大きかったと指摘している (その理由は、「安い」 ウォルマートに買い物に行くことになった顧客の流出があったターゲットと同じである)。

    資本財は、ラッセル 3000 に対して最大のネット・オーバーウエイトを維持しているものの、第 3 四半期にヘッジファンドの人気が最も高まった銘柄として、ゴールドマンのライジングスター (Rising Stars)のリストにランクインしたのは 1 銘柄 (トランスユニオン (TRU) ) だけだった (もちろん、2013 年から毎年説明している理由からネガティブであることは間違いないだろう)。フォーリングスター (Falling Stars) のリストには、資本財 4 銘柄 ( GXO ロジスティックス (GXO)、ロバート・ハーフ・インターナショナル (RHI)、ジョンソン・コントロールズ (JCI)、アイ・エイ・エイ (IAA) ) が入った。

    以下は、このレポートから最も注目すべきチャートである。

    ヘッジファンドの株式市場へのエクスポージャーは異常に低い…

    HF exposure to fund beta

    それでもなお、典型的な銘柄の空売りは極端に少なくなったままだ…

    short interest low

    しかし、指数レベルではそうではない : ヘッジファンドは株式先物を極端にショートしている…

    hedge funds are very short equity futures

    そして彼らは ETF をショートしている : ETFのショートは通常より多い…

    more short activity

    その結果、平均的な株式の相関は非常に高まっている…

    avg stock correlation elevated

    ファンドがモメンタムから離脱したロング・ポートフォリオで 2022 年第 4 四半期を迎えた…

    funds exited momentum

    モメンタムからの離脱は、今年のほとんどの期間、ファンドのリターンに逆風となったが、今月のモメンタムの急反転の際には報われた。消費者物価指数 (CPI) の発表後に述べたように、ゴールドマンのロング/ショート S&P 500モメンタム・ファクター (GSMEFMOM) は 11 月 3 日までの 2022 年のリターンは 20 %だったが、今月は 1980 年以来で 1 パーセンタイルの順位で急反転を遂げた。

    momentum has performed well

    ヘッジファンドのモメンタムからの離脱は、モメンタムと幅広い株式市場の間の最近の負の相関に照らして特に注目される。モメンタムは、2009 年、2012 年、2016 年、2020 年など、近年の他の主要な市場ストレスの時期にもアウトパフォームしている。この関係を考慮すると、市場や経済の見通しが大幅に改善しない限り、モメンタムが最近のアウトパフォーマンスを完全に解消する可能性は低いと思われる。ヘッジファンドのネット・レバレッジの低さは、ファンドが短期的な市場の行方を楽観視していないことを示唆しているが、モメンタムからの離脱はこの見解と矛盾しているように思われる。

    momentum corelation with spx

    記録的な不確実性の中で、ヘッジファンドは彼らにとって唯一分かっていることを行っている : それは、既存のポジションを倍増させ、最善を祈ることである : 下図に示すように、ヘッジファンドのポートフォリオ密度は最近、過去最高に近い水準まで上昇している。

    HF portfolio density_0

    その延長線上にあるのが、第 3 四半期にトレーダーが凍りついたように何も買えず、何も売れない状態になり、ポートフォリオの回転率が過去最低になったことだ。

    portfolio turnover q3 2022

    資金が 「実体経済」 セクター (経済システムのうち消費財や投資財の生産・分配に関わる部分のこと) に傾斜し、テクノロジー・セクターから遠ざかっていることを示している。

    fund tilt


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する