FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  秋篠宮がわが子への常識として語って聞かせなければならないテーマ ~ コブタ眞子の “掟破り” = 国民の血税を湯水の如く使って、勝手し放題の “穢れ” の 放蕩生活

    秋篠宮がわが子への常識として語って聞かせなければならないテーマ ~ コブタ眞子の “掟破り” = 国民の血税を湯水の如く使って、勝手し放題の “穢れ” の 放蕩生活

    A storm is coming 501

    本日のキーワード : ウクライナ、ネオナチ、ステパーン・バンデーラ、バンデライト、ユダヤ人、ユダヤ教、キリスト教、秋篠宮家、カナダ、小室眞子



    Canada and the Banderites
    カナダとバンデライト ③

    216720-3-f430c.jpg
    Michael Chomiak with Nazi dignitaries.
    ナチスの高官とマイケル・チョミアック

    Chomiak, who worked under the direct control of the Nazi Minister of Propaganda, Joseph Goebbels, never denied his collaborationist past. On the contrary, he always militated for the OUN(B). It is in this spirit that he raised his granddaughter, Chrystia Freeland, the current Deputy Prime Minister of Canada.
    ナチス宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルス直属の部下だったチョミアックは、決して自分が (ナチスの) 協力者だったことを否定しなかったそれどころか常にウクライナ民族主義者組織ステパーン・バンデーラ派 (OUN(B) のために尽力したこの精神で孫娘のクリスティア・フリーランド (現カナダ副首相) を育てたのである

    ヨーゼフ・ゲッベルス
    ヨーゼフ・ゲッベルス

    クリスティア・フリーランド
    クリスティア・フリーランド

    1933年7月10日号のタイム誌の表紙を飾ったゲッベルス
    1933年7月10日号のタイム誌の表紙を飾ったゲッベルス

    Far from condemning the crimes of the Banderites, she began her career as a journalist, at the age of 18, working for Kubijovyč’s Encyclopedia of Ukraine (now available on the Internet).
    彼女はバンデライトの犯罪を非難するどころか、18 歳の時に、クビヨーヴィチの 『ウクライナ百科事典』 (現在はインターネットで閲覧可能) で記者生活をスタートさせたのである。

    ヴォロディームィル・クビヨーヴィチ
    ヴォロディームィル・クビヨーヴィチ

    Then she worked for The Ukrainian News, the newspaper of the Canadian Banderites, and The Ukrainian Weekly, the newspaper of the American Banderites linked to the ABN and the CIA. She traveled to the Soviet Union at the end of that country. The Soviet authorities questioned the Canadian government for its support of the Banderites and forbade her to return. However, after the dissolution of the USSR, she became the Moscow bureau chief of The Financial Times. Then she became deputy editor of The Globe and Mail and editor-in-chief of Thomson Reuters Digital.
    その後カナダのバンデライトの新聞 「ザ・ウクラニアン・ニュース (The Ukrainian News) 」反ボリシェビキ国家連合 (ABN) や CIA とつながりのあるアメリカのバンデライトの新聞 「ザ・ウクラニアン・ウィークリー (The Ukrainian Weekly) 」 で働いた。彼女は同国の末期になるとソビエト連邦へ渡った。ソ連当局は、カナダ政府がバンデライトを支援していることを問題視し、彼女の帰国を禁じた。しかし、ソ連解体後、彼女は 『フィナンシャル・タイムズ』 のモスクワ支局長になった。その後、『グローブ・アンド・メール』 紙の副編集長、『トムソン・ロイター・デジタル』 紙の編集長に就任した。

    ステパーン・バンデーラ
    ステパーン・バンデーラ

    バンデライト(バンデーラ派極右)
    バンデライト (バンデーラ派極右)

    In her articles and books, Sale of the Century: Russia’s Wild Ride from Communism to Capitalism and Plutocrats: The Rise of the New Global Super-Rich and the Fall of Everyone Else, Chrystia Freeland develops two theses dear to her grandfather.
    She criticizes the ultra-rich by choosing almost exclusively Jewish examples. She denounces at every turn the USSR, and then Russia.
    彼女の執筆した論文や著書である 『世紀の大売り出し』、『ロシアの共産主義から資本主義への暴走と金権政治家』、『新たな世界的超富裕層の台頭とそれ以外のすべての人々の没落』 で、クリスティア・フリーランドは彼女の祖父が大切にしていた 2 つのテーゼを展開している。彼女は、主としてユダヤ人の例を挙げて超富裕層を批判している。彼女は、ソ連、そしてロシアを徹底的に糾弾している。

    51aO4OJC4D.jpg

    Is Zelensky a Cousin of George Soros?

    Hitler.jpg 習近平思想の着想者であり、中国的特徴を持つ社会主義の提唱者である習近平総書記

    岸田内閣





    Canada and the Banderites



    本日の書物 : 『日本の希望』 西尾 幹二 徳間書店



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 私は皇族に属するご婦人方の中で眞子内親王が最も理知的で落ち着いた聡明な型だと拝察していた。お目にかかったことはないので単に漠然とそう思っていた推察に過ぎないがそれだけに裏切られた感は大きい

     内親王は高い教育を受け海外留学の経験もありわが国の歴史をも深く学んでいる「個人」 の独立とか恋愛の 「自由」 といった近代の理念は絶対化を許されず現実と必ずしも一致しないことを数多く見聞し経験を積まれているはずでもある幼い頃からご自身がなぜ世間一般から隔絶し特別扱いされているかについてご質問もなされ説明もお受けになりわれわれ一般国民とは異なる意識をお育てになり自覚も高めてこられたはずである

     一般社会人は内親王がお考えになるほど 「個人」 として独立していないし「自由」 を享受してもいない人間はすべて誰であれそれぞれの宿命のうちに生きている制約と不自由はあらゆる人間の生きる前提であり条件である。ご父君秋篠宮がわが子への常識として語って聞かせなければならないテーマであった。とりわけ上皇陛下の初孫であり、今上陛下の姪に当たる眞子内親王殿下にはそれなりに厳しい掟が定められている

    女性 ポイント ひとつ

     近代社会であるわれわれの社会では父の犯罪の責任を子が背負う必要はない。法的にわれわれは 「個人」 として互いに独立している。ならば父の自殺は子の人生を拘束しないはずだ。父と祖父という二代つづきの自殺も孫の人生に対し法的にはどこまでも無関係である。論理的にはまさにその通りである。けれども人はそう簡単に割り切って生きてはいない。まして、ご皇族や皇室の方々ともなれば、色盲の一件で天下がひっくり返るほどの大騒動を演じたのはつい百年ほど前の出来事なのである。

     日本の国体が護持されている根拠はただひとえに 「血族」 であるからに外ならないそれ以外に何らかの合理的ないし科学的に証明できる根拠は存在しない眞子内親王ご自身が物心ついたときからご尊貴な例外的存在として育てられてきた理由単純に 「血統」 であることを肝に銘じて理解されておられると思う。長ずるに及んでさらなる説明を求め、書を読むなどして、わが国の歴史にその淵源があることも深く認識してこられたに違いない。そうであれば歴史に対しご自身がある一定の責務を背負わされていることも当然ながら承知しておられると思う。

     美智子上皇后陛下があるときこんなことをおっしゃった。学生時代にふらりと古本屋に入って立ち読みを楽しんだ時のような生活をもう一度してみたい。ご尊貴の代償とはいえ、一般社会の友人たちを見て彼らや彼女たちの 「自由」 が欲しかったのかもしれないけれどもここに錯覚の罠がある一般社会の彼ら彼女たちもそれぞれが皇室とは異なる別タイプの制約や不自由に取り巻かれて生きていることを見落としていたのである

    ポイント 32

    よく子細に見てみると「個人」 として精神的に独立していると胸を張って言える一般人などほとんどいない恋愛の 「自由」 を完徹した人も現実にはほとんど存在しないみな家族環境や経済条件に縛られてその制約の中で育まれた愛こそが自分にとっての至純の愛だと信じて選択し結婚しているまでである。』

    日の丸

    ユダヤ教から破門されたスピノザの 「神権政治」


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、ユダヤ・キリスト教思想の毒におかされすでに手遅れ状況にある、下半身がユルユルな♂と、血筋の穢れたビッチな♀、というトンデモナイ組み合わせ“秋シモノ宮家” 一族が、皇位継承どころか、臣籍降下で 「平成K氏」 となることが必然的である、その理由がスッキリと理解できる良書で、ニューヨークの “KOBUTA (or KOMURO、いずれにしても “K氏” ) MAKO” が、一族自滅の道を自ら切り開いてくれたことに、私たち日本国民は感謝してもしきれないほどですが、改めて日本国民が日本の皇室を護り抜くということの意味を確認する上でも当ブログお薦めの必読の書物となります





    読書6-42

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    warpjukr.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 1,067,905(1,067,758)÷97,240,971(97,219,527)=0.0109・・・(0.0109) 「1.09%(1.09%)」
    warpjukr1.jpg

    イタリア : 178,633(178,633)÷23,359,680(23,359,680)=0.0076・・・(0.0076) 「0.76%(0.76%)」
    warpjukr2.jpg

    日本 : 46,453(46,415)÷22,084,832(22,037,126)=0.0021・・・(0.0021) 「0.21%(0.21%)」
    warpjukr3.jpg









    さて、これまでの流れを、簡単に確認しておきますと、まず、出発点として、カール・マルクス (1818 - 1883) が生まれる約 200 年ほど前の時代 (日本で言えば、戦国時代から江戸時代初期にかけての時代) に、ドイツの神秘主義者であるヤーコプ・ベーメ (ヤコブ・ベーメ、1575 - 1624) という名の人物がいて、その後の 「ドイツ思想」 に決定的な影響を与えた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 なるものが世に生まれることになります。(詳しくはこちらから💓

    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)
    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)

    そのベーメの言っていたことというのは、次のようなものでした。

    世界は本来壊れているものであり、それを直すことができるのは正しい者だけである詳しくはこちらから💓

    そして、その影響を受けたのがプロイセン (ドイツ) の哲学者イマヌエル・カント (1724 - 1804) で、彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    イマヌエル・カント
    イマヌエル・カント

    たとえ世界を直すことができなくても、私たちは常に世界を直すことができると仮定して行動しなければならない詳しくはこちらから💓

    また、ドイツ観念論を代表する思想家ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル (1770 - 1831) も影響を受けていて、そんな彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

    世界が固定されていたとしても、私たちは無意識のうちに分裂を起こし、世界が再び崩壊し始めることになる詳しくはこちらから💓

    で、この流れを受け継いでいるのがカール・マルクスであり、ウラジミール・レーニン (1870 - 1924) で、彼らが言っているのは次のようなことです。

    カール・マルクス
    カール・マルクス

    私たちには、世界を壊したいという衝動はない。もし私たちが世界を壊すとすれば、それは私たちが社会とその主人たちからそうすることを学んだからである

    ウラジーミル・イリイチ・レーニン 1
    ウラジーミル・イリイチ・レーニン

    われわれは、世界を固定するために、意識の統一を強行しよう詳しくはこちらから💓

    このように、ドイツで生まれた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 を出発点として、その後、人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想が生み出されることとなります。ここで重要な点は、そもそも全知全能なる神が創り賜うた世界にあって、なぜ悪が存在するのか、という疑問から生じた 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 が、ユダヤ・キリスト教的 “善悪二元論” をより一層強化し、世界を完全に良くするために 「悪なるもの」 を消し去らねばならない、といった浅はかな思考へと陥る人々を生じさせたことです。多くの一般的な人々も陥りやすい誤った思考ですが、特に 「極左おパヨク」 と呼ばれる連中はその影響をもろに受けてしまうほどの 「おバカ」 で、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することで、ユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の対象物として “罪” を創り出し、その罪に対する償 (つぐな) い・贖 (あがな) いを果たねばならない、と妄信させることによって、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 の下で人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し ( ← これが、ポリコレw)人々の “自由” を奪う極めて 「権威主義的な統制社会の再構築」 を目指す連中の思う壺となっていて、それはまさに現在私たちが普通に目にすることができる状況にあります。つまり、もはや隠そうともしていないという状況にあるということです。

    Hunter Biden Soros Linked to Biolabs in Ukraine





    その 「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 については、ドイツ出身の社会学者・歴史学者かつマルクス主義者であり、エリート理論の信奉者で、さらにはファシズム (全体主義者) でもあったロベルト・ミヒェルス (ロベルト・ミヘルス) が提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy) を確認をしてきましたが、そこにもやはり 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 の影響を見ることができます。(詳しくはこちらから💓

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー) 」 と同根の言葉である 「オリガルヒ (oligarch) 」 につきましても、ロシア詳しくはこちらから💓) やウクライナ詳しくはこちらから💓) の事例から、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 ( = ユダヤ教徒)」こちらもご参照💓) が存在していることも判明しました。

    A storm is coming 245





    さらには、ウクライナとユダヤ人 ( = ユダヤ教徒) と特異な関係を、ウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認しました。 (詳しくはこちらから💓

    ウーマニ

    そこで、現在 “ユダヤ人” (民族としては定義され得ない、単なる宗教信者のグループ) という存在に着目し、より一層理解を進めるために様々な論文を見ているところとなります。

    ffdsqlp.jpg
    『現代ユダヤ思想における神権政治をめぐる論争 : ブーバー、ヴァイレル、ラヴィツキーの理解を中心に』 平岡 光太郎

    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 序章

    第二節 術語 「神権政治」 の変遷

    近代ユダヤ史における術語 「神権政治」 の受容状況

     スピノザ以降近代になって 「神権政治」 の術語を最初に用いたのはゾロモン・ルートヴィヒ・シュタインハイム (Salomon Ludwig Steinheim, 1789 - 1866 ) と思われる。彼はヴェストファーレン出身のユダヤ人で、医師、詩人、神学者であった。その著書である 『モーゼス・メンデルスゾーンとその学派、旧暦に対する新世紀の役割との関連で』 (Moses Mendelssohn und Seine Schule in ihrer Beziehung zur Aufgabe des neuen Jahrhunderts der alten Zeitrechnung ) や 『神権政治啓示概念による政治、プラトンの 『 国家』 とアリストテレスの 『政治論』 との関連で』 (Die Politik nach dem Be g riffe der Offenbarung, als Theokratie: Mit Bezugnahme auf die Republik Platon s und die Politik des Aristoteles ) などにおいて、神権政治という術語を用いた。『モーゼス・メンデルスゾーンとその学派、旧暦に対する新世紀の役割との関連で』 においては、人間の魂の最も道徳的かつ崇高な要求歴史への神聖で深遠な欲求は旧約聖書において示された神権政治の体制により部分的に実現していると主張する。そしてシュタインハイムによれば、それはカール・グツコー (Karl Gutzkow, 1811 - 1878 ) が求めたような、最高善の政治法であり神から与えられた真の共和政であるそこにおいて自由な人間は最高で永遠の解放の命令にまたあらゆる肉と霊の真なる父である神に服従するまた彼は、上記 『神権政治啓示概念による政治』 の序章において、その目的を説明するつまり、神権政治はただ抽象的なものであり、一般的に旧約聖書において語られるだけの、不可視かつ実現不可能な神の国にすぎないという破壊的な偏見を除去し、むしろこの神権政治という基礎の上にのみ国家は建設可能であることを証明することである。本論で扱うブーバー、ヴァイレル、ラヴィツキーは、このように神権政治概念を展開したシュタインハイムに言及しない。イスラエルのバル・イラン大学で教授だったアーロン・シェアル・イェシュブによるシュタインハイムに関する研究書は、シュタインハイムが現代イスラエルにおいてほとんど認知されていないことを指摘しており、これが 3 人の議論にシュタインハイムへの言及のない理由と思われる。
     以上、 20 世紀にいたるまでの 「神権政治」 の術語 (θεοκρατία / theocratia/Theokratie) の変遷を、特にユダヤ思想の文脈で考察する際に留意すべき事実を中心に素描した (47)。ヨセフスに端を発する 「神権政治」 という術語はユダヤ教において連綿と引き継がれたものでなくキリスト教がヨセフスの文献を保持したがゆえに17 世紀のネーデルラントにおいて鍵概念となりえたそこではユダヤ教から破門されたスピノザがこの術語を使用しやがてその論考は現代イスラエルにおいてユダヤ思想の叩き台となる巡り会わせにあった (これについては本論文の第五章で扱う)。次節では本論の構成を確認する。


    (47) 近代以降になると、キリスト教神学、特に聖書学の文脈で 「神権政治」 の術語の使用が見られるが、これらは本論文の主題である、ユダヤ思想の神権政治に対して重要性を持たないと判断して、省略した。 なお 1733 年に、 ヴィスマール出身の神学生であるホーネマン (Joh. Christ Horn emann) という人物が De Theocratia, nefario modo a Iudaeis repudiate praecipue contra Rabbi Isac Abarbenelem Hispanum という論文をラテン語で執筆した。論文の主題はアバルヴァネルの神権政治であり、これについては稿を改める。ちなみにヴァイレルはその著書 『ユダヤ神権政治』 ( pp. 84 - 86 ) の中で、ホーネマンの論文に言及した。ヴァイレルによれば、ホーネマンはアバルヴァネルの注解を参照し、ユダヤ人が神以外に王を求めることは罪であり、その他の民族が王を求めることに問題はないと結論した。』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する