FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  国史 >  邪悪なユダヤ・コミュニティによってコントロールされる英・米・仏。それらが秘密裏に支援していたウクライナの “ネオナチ” アゾフ・バンデライト連隊

    邪悪なユダヤ・コミュニティによってコントロールされる英・米・仏。それらが秘密裏に支援していたウクライナの “ネオナチ” アゾフ・バンデライト連隊

    A storm is coming 469

    本日のキーワード : ウクライナ、アゾフ大隊、バンデライト、シュトラウス派、ユダヤ人、ユダヤ教、キリスト教、NHK、朝日新聞、羽仁五郎



    The war propaganda changes its shape
    戦争プロパガンダはその姿を変えつつある ④

    If the Russian army has won the war against the Banderites in Ukraine, Nato has won the cognitive war against its own citizens in the West. The Atlantic Alliance has developed a new form of propaganda based on what it denounced a short time ago: Fake News, that is to say not false information, but biased information. How to protect yourself from it?
    ロシア軍がウクライナのバンデライト (ネオナチ、極右) との戦争に勝利したのだとしたらNATO は西側の自国民に対する認知戦に勝利したといっても過言ではないだろう。大西洋同盟は、少し前に糾弾した事柄に基づいて、新しい形のプロパガンダを作り上げた。フェイクニュース、それは間違った情報ではなくて、バイアスが掛かった情報ということを表している。どうしたらそれから身を守ることが出来るのか?

    ステパーン・バンデーラ
    ステパーン・バンデーラ

    バンデライト(バンデーラ派極右)
    バンデライト(バンデーラ派極右)

    216349-1-a13f1.jpg
    In contemporary democratic societies, war propaganda is conceived as an illusionist’s act: diverting the public’s attention in order to hide what it should not know.
    現代の民主主義社会では、戦争プロパガンダは奇術師の行為として考えられている : つまり、一般大衆が知るべきでないことを隠蔽するために一般大衆の注意を逸らすことである

    216349-6-06dc7.jpg
    On March 25, 2022, President Biden enters the dining hall of the 82nd Parachute Division in Rzeszów. There he would speak without restraint, praising these shadow soldiers for their secret presence for years in Ukraine.
    2022 年 3 月 25 日、バイデン大統領はジェシュフにある第 82 パラシュート師団の食堂に入る。そこで彼は何の遠慮もなく、この影の兵士たちがウクライナで何年にもわたって極秘裏に活動してきたことを褒め称えるのである。



    On March 25, 2022, President Joe Biden visited the Congress Palace in Rzeszów, Poland. He was accompanied by the director of USAID, Samantha Power (former ambassador to the UN), and the Polish president, Andrej Duda. It is worth noting that Andrej Duda had his parliament pass a law denying the role of the Polish state in Nazi crimes and authorizing legal action against anyone who mentions them. Joe Biden spoke with various NGOs to praise their assistance to Ukrainian refugees. Afterwards, he gave a speech to his soldiers of the 82nd Airborne Division, stationed there. He also visited them in the dining hall and spoke to them without a teleprompter or cameras. As always at such times, the old man (79 years old) revealed state secrets. According to the witnesses, he thanked them for their commitment in Ukraine for a long time, even though officially there have never been any US soldiers in that country.
    2022 年 3 月 25 日、ジョー・バイデン大統領はポーランドのジェシュフにあるコングレスパレスを訪れた。アメリカ合衆国国際開発庁のサマンサ・パワー長官 (元国連大使)、ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領を伴っての訪問であった。

    サマンサ・パワー
    サマンサ・パワー

    アンジェイ・ドゥダ
    アンジェイ・ドゥダ

    アンジェイ・ドゥダはナチスの犯罪におけるポーランド国家の関与を否定しそれについて言及した者に対して法的措置を取ることを認める法律を国会で可決させたことは注目に値する。

    秋篠宮_ドゥダ



    ジョー・バイデンは、様々な NGO と話をし、ウクライナ難民への支援を賞賛した。その後、現地に駐留する第 82 空挺師団の兵士たちにスピーチを行った。彼はまた、食堂に彼らを訪ね、テレプロンプターもカメラも使わずに話をした。このような時、いつものようにこのご老体 ( 79 歳) は国家機密を暴露するのであった。目撃者によると、彼は、表向きはウクライナに米軍兵士が一人もいないことになっていたにも拘わらず長い間ウクライナで任務を遂行してくれたことに感謝したという



    General Eric Vidaud was not fired because he was at fault, but because the secret mission he sent to Ukraine with the Azov regiment failed to describe the situation. His predecessors showed him their support.
    エリック・ヴィドー将軍が解雇されたのは、彼に落ち度があったからではなく、彼がアゾフ連隊とともにウクライナに派遣した秘密任務の説明が不適切だったためだ。彼の前任者たちは彼に支持を示した。

    On March 29, 2022, General Eric Vidaud, director of French military intelligence, was dismissed. No official explanation was given. It seems that in reality, General Viaud had deployed men on the direct instruction of President Macron’s private staff, in 2021 when he was commander of special operations, to supervise the Azov Banderites regiment. Immediately, five Ukrainian helicopters tried to flee Mariupol, the stronghold of the Azov regiment. Two were shot down on March 30. The survivors were taken prisoner by the Russian army. They spoke immediately. The soldiers of the Special Operations Command are placed for all logistical matters under the orders of the Chief of Staff of the Armed Forces, General Thierry Burkhard, but they take their orders directly from the head of the armed forces, President Emmanuel Macron.
    2022 年 3 月 29 日、フランス軍の情報局長であるエリック・ヴィドー将軍が解任された。公式な説明は一切なかった。実際には、ヴィドー将軍は特殊作戦司令官だった 2021 年マクロン大統領の私設スタッフの直接の指示でアゾフ・バンデライト連隊を指揮するために人員を配備していたようだ。早速ウクライナのヘリコプター 5 機がアゾフ連隊の拠点であるマリウポリから逃げ出そうとした3 月 30 日に 2 機が撃墜された生存者はロシア軍の捕虜となった彼らはすぐに口を開いた特殊作戦司令部の兵士はあらゆる後方支援について軍参謀長ティエリー・ブルクハルト将軍の指揮下に置かれているが軍トップのエマニュエル・マクロン大統領から直接命令を受ける

    Relations between Presidents Macron and Putin cooled sharply.
    マクロン大統領とプーチン大統領の関係は急激に冷え込んだ

    エリック・ヴィドー
    エリック・ヴィドー

    ティエリー・ブルクハルト
    ティエリー・ブルクハル

    エマニュエル・マクロン
    エマニュエル・マクロン



    Is Zelensky a Cousin of George Soros?

    Hitler.jpg 習近平思想の着想者であり、中国的特徴を持つ社会主義の提唱者である習近平総書記

    岸田内閣





    The war propaganda changes its shape



    本日の書物 : 『日本の誕生 科学が明かす日本人と皇室のルーツ』 長浜 浩明 ワック



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 米国の占領方針 “歴史を失わせ滅ぼす” ②

     …彼らが歴史教育を重視したのは、歴史を失った民族は滅んだも同然であり、戦前の歴史教育を消し去り新たな歴史を定着させて日本を別の日本人で充たすことを目論んだからです。そうすれば米国にはむかった手強い日本人を皆殺しにしたのと同じ効果があるそのことを彼らは知っていました

     そこで米国は戦前の価値観を破壊するため戦前の犯罪者や共産主義者を解放して権力を与えたのです。その中にマルキストの羽仁五郎 (はにごろう) がいました。羽仁は直ちに猛烈な反日と皇室否定論を発表しGHQ 公認の下反日左翼のボスとして影響力を行使し始めました

    羽仁五郎
    羽仁五郎

     日本共産党 (ソ連の下部組織・コミンテルン日本支部として大正十一年に誕生) や左翼が皇室廃止を主張したのはロシア皇帝一家を皆殺しにしたソ連が皇室の廃止を指令したことに倣ったからです。実は中国共産党も日本の左翼に活動資金を与えており彼らは中ソから受け取った潤沢な資金で活動していたのです

     日本潰しに狂奔していた米国公認の下日本で権力を握り中ソの資金援助で生き返った左翼は中ソの指令に従い日本の歴史を肯定的に捉えてそれを学生に教える学者や教育者の “調査、除外、認可” 権限を得て彼らの追放を開始しました。

     そのため米国と日本政府は憲法で禁止されている検閲、盗聴、密告、相互監視、思想狩りを教育界に持ち込んだのですが、GHQ の前では憲法など紙屑同然だったのです。

     一九四七年六月GHQ 作の 「日本国憲法」 と 「教育基本法」 の理念および 「階級闘争」 を運動方針とする日教組が結成され羽仁五郎が代表に就任できたのは中ソと GHQ の後ろ盾があればこそでした権力をバックに彼らは論争を回避し戦後利得者たる NHK や朝日新聞などの支援を受けて反日・自虐史観を宣伝し国民の洗脳を推し進めたのです。』

    日の丸

    イエス = キ リストの信仰に入る際の 「入会」 儀礼


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、ド文系アタマ (= 思い込み、気分、主観的、断定的、妄想) によって解釈されている現代教育における “池上彰的な、なんちゃってヒストリー” などといったものを 「お勉強」 する暇があるのであれば、論理的かつ客観的にモノゴトを分析・判断する理系アタマ (= 世界標準) で国史を振り返ってみてみればこのように本当のその姿が見出せますよだから、無駄なことは止めて、こんな風に国史を捉える 「学び」 を、学生の方々だけではなく社会人の方々も、自分自身の視野を広げるために、そして限られた時間を有効的に活用するためにもご覧頂くと良いと思いますよ、という当ブログお薦めの良書になります。

    読書 4-99

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    paismntrede.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 1,050,990(1,050,323)÷95,358,894(95,250,363)=0.0110・・・(0.0110) 「1.10%(1.10%)」
    paismntrede1.jpg

    イタリア : 176,335(176,238)÷22,077,601(22,047,192)=0.0079・・・(0.0079) 「0.79%(0.79%)」
    paismntrede2.jpg

    日本 : 43,023(42,658)÷20,296,689(20,156,327)=0.0021・・・(0.0021) 「0.21%(0.21%)」
    paismntrede3.jpg









    さて、これまでの流れを、簡単に確認しておきますと、まず、出発点として、カール・マルクス (1818 - 1883) が生まれる約 200 年ほど前の時代 (日本で言えば、戦国時代から江戸時代初期にかけての時代) に、ドイツの神秘主義者であるヤーコプ・ベーメ (ヤコブ・ベーメ、1575 - 1624) という名の人物がいて、その後の 「ドイツ思想」 に決定的な影響を与えた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 なるものが世に生まれることになります。(詳しくはこちらから💓

    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)
    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)

    そのベーメの言っていたことというのは、次のようなものでした。

    世界は本来壊れているものであり、それを直すことができるのは正しい者だけである詳しくはこちらから💓

    そして、その影響を受けたのがプロイセン (ドイツ) の哲学者イマヌエル・カント (1724 - 1804) で、彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    イマヌエル・カント
    イマヌエル・カント

    たとえ世界を直すことができなくても、私たちは常に世界を直すことができると仮定して行動しなければならない詳しくはこちらから💓

    また、ドイツ観念論を代表する思想家ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル (1770 - 1831) も影響を受けていて、そんな彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

    世界が固定されていたとしても、私たちは無意識のうちに分裂を起こし、世界が再び崩壊し始めることになる詳しくはこちらから💓

    で、この流れを受け継いでいるのがカール・マルクスであり、ウラジミール・レーニン (1870 - 1924) で、彼らが言っているのは次のようなことです。

    カール・マルクス
    カール・マルクス

    私たちには、世界を壊したいという衝動はない。もし私たちが世界を壊すとすれば、それは私たちが社会とその主人たちからそうすることを学んだからである

    ウラジーミル・イリイチ・レーニン 1
    ウラジーミル・イリイチ・レーニン

    われわれは、世界を固定するために、意識の統一を強行しよう詳しくはこちらから💓

    このように、ドイツで生まれた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 を出発点として、その後、人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想が生み出されることとなります。ここで重要な点は、そもそも全知全能なる神が創り賜うた世界にあって、なぜ悪が存在するのか、という疑問から生じた 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 が、ユダヤ・キリスト教的 “善悪二元論” をより一層強化し、世界を完全に良くするために 「悪なるもの」 を消し去らねばならない、といった浅はかな思考へと陥る人々を生じさせたことです。多くの一般的な人々も陥りやすい誤った思考ですが、特に 「極左おパヨク」 と呼ばれる連中はその影響をもろに受けてしまうほどの 「おバカ」 で、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することで、ユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の対象物として “罪” を創り出し、その罪に対する償 (つぐな) い・贖 (あがな) いを果たねばならない、と妄信させることによって、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 の下で人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し ( ← これが、ポリコレw)人々の “自由” を奪う極めて 「権威主義的な統制社会の再構築」 を目指す連中の思う壺となっていて、それはまさに現在私たちが普通に目にすることができる状況にあります。つまり、もはや隠そうともしていないという状況にあるということです。

    Hunter Biden Soros Linked to Biolabs in Ukraine





    その 「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 については、ドイツ出身の社会学者・歴史学者かつマルクス主義者であり、エリート理論の信奉者で、さらにはファシズム (全体主義者) でもあったロベルト・ミヒェルス (ロベルト・ミヘルス) が提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy) を確認をしてきましたが、そこにもやはり 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 の影響を見ることができます。(詳しくはこちらから💓

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー) 」 と同根の言葉である 「オリガルヒ (oligarch) 」 につきましても、ロシア詳しくはこちらから💓) やウクライナ詳しくはこちらから💓) の事例から、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 ( = ユダヤ教徒)」こちらもご参照💓) が存在していることも判明しました。

    A storm is coming 245





    さらには、ウクライナとユダヤ人 ( = ユダヤ教徒) と特異な関係を、ウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認しました。 (詳しくはこちらから💓

    ウーマニ

    そこで、現在 “ユダヤ人” (民族としては定義され得ない、単なる宗教信者のグループ) という存在に着目し、より一層理解を進めるために様々な論文を見ているところとなります。

    fhdeusid.jpg
    『初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る』大澤 香

    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 まとめと展望 「継承」 と 「転換」 ‐ 解釈し続けること ‐
     …またクムラン共同体において入会及び日毎に繰り返される 「聖化」 儀礼としての 「浸水儀礼 (洗礼) 」 が発達したコンテキストと原始キリスト教団の洗礼への影響関係を考察した。そこではディアスポラとは状況を異にしつつも同様に神殿から離れた状況にあってエルサレム神殿での犠牲の儀式に置き換わる形で聖化儀礼としての洗礼が発達したことが礼拝概念の 「霊化」 の動きとして報告された。 更にこの礼拝概念の 「霊化」 の動きと内面的な悔い改めの重視が原始キリスト教団によって受け継がれたことが報告された。ただしユダヤ教セクトでは入会における聖化儀礼であると同時に共同体の中で日々繰り返される清めの儀礼でもあった洗礼が原始キリスト教団ではイエス = キ リストの信仰に入る際の 「入会」 儀礼の側面が前面に出てきていることを確認した。そしてユダヤ教の中での入会儀礼としての改宗者洗礼の確立が指摘されるのが後 1 世紀の時期であることから、「聖化」 儀礼としての洗礼が神殿での犠牲の儀式に対応する形でユダヤ教セクトにおいて発達しその精神化・霊化の影響を受け継ぎつつ原始キリスト教団においてはイエス = キリスト信仰への 「入信」 儀礼として採用され更にこれに対抗する反応としてユダヤ教の本流において入会儀礼としての改宗者洗礼が確立した、との一連の経緯を考察した。
     死海文書の用例からは、セクトメンバーの間に天使たちとの密接な交わりの意識があったことが観察された。 Elior の報告は、クムラン共同体が自分たちのことを指して呼んだ 「ヤハド (共同体) 」 は 「祭司たちと天使たちとの共同」 の意識に基づいていることを指摘しており 、そこには初期ユダヤ教の状況下で当時の神殿体制から遠ざけられた (あるいは自ら遠ざかった) セクト祭司たちが自分たちの正統性を主張し神殿での祭司としての責務を行うことができない状況を埋め合わすかのように天使たちと共にある礼拝に熱心であったことが考察された。クムラン共同体が主張した太陽暦は、従来はヘレニズム化の影響として説明されたが、祭司の伝統の中で形成され伝承された創 1 章の 7 日のサイクルに基づきつつ太陰暦を採用していた神殿体制よりも自分たちの太陽暦の方が 「正しい」 ことを天地創造の前から決定されている天的な 「秘儀」 として主張する意図があったことが考えられたのであった。 』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。







    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する