FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  実は、共産主義に汚染されていた旧帝国陸軍中枢&官僚 ~ その流れを汲むのが “自民党岸田派 (宏池会) ”

    実は、共産主義に汚染されていた旧帝国陸軍中枢&官僚 ~ その流れを汲むのが “自民党岸田派 (宏池会) ”

    A storm is coming 456

    本日のキーワード : ウクライナ、ネオナチ、シュトラウス派、ユダヤ人、ユダヤ教、キリスト教、日本共産党、岸田政権、岸田内閣、宏池会



    Israel stunned by Ukrainian neo-Nazis
    ウクライナネオナチに唖然とするイスラエル ⑤

    The state-organized presence of neo-Nazis within the Ukrainian army is not anecdotal, even if it is not possible to quantify it in a certain way. On the other hand, it is easy to count their victims. In general indifference, they have killed 14,000 Ukrainians in eight years. This situation is one of the causes of the Russian military intervention in Ukraine. Israel is confronted for the first time with what it could never have imagined: the support of its US protector to its historical enemy, Nazism.
    ウクライナ軍内に国家的に組織されたネオナチの存在は、たとえある種の定量化が不可能であったとしても、それは決して逸話ではない。その一方で、彼らの犠牲になった人々を数え上げることは容易である。世間一般に知られていないことだが彼らは 8 年間で 1 万 4 千人のウクライナ人を殺害しているこのような事態がロシアのウクライナへの軍事介入の原因の 1 つとなっているイスラエルは想像もしなかった事態に初めて直面することになった歴史的な敵であるナチズムを米国の指導者が支持しているのだ

    215880-51b9c.jpg
    Naftali Bennett and Olaf Scholtz at the Yad Vashem Memorial. Israel and Germany discover the magnitude of the problem.
    Prime Minister’s Press Office
    ナフタリ・ベネットとオーラフ・ショルツ、ヤド・ヴァシェム記念館にて。問題の大きさを知ったイスラエルとドイツ。
    首相官邸報道室




    WHAT DO THE UKRAINIAN NEO-NAZIS REPRESENT?
    ウクライナネオナチは何を意味するのか? (四)

    In 2020, billionaire Erik Prince, the founder of the private army Blackwater, signed various contracts with Ukraine. One of these contracts gave him the authority to supervise the Azov Regiment. Prince hoped to eventually take control of the Ukrainian arms industry inherited from the Soviet Union.
    2020 年、私設軍隊 「ブラック・ウォーター」 の創設者である億万長者エリック・プリンスは、ウクライナとさまざまな契約を結んだそのうちのひとつは彼にアゾフ連隊の管理監督権限を与える契約だったプリンスはソ連から受け継いだウクライナの兵器産業を最終的に掌握することを望んでいた

    エリック・プリンス
    エリック・プリンス

    On July 21, 2021, President Zelensky promulgated a law on "indigenous peoples". It recognizes the enjoyment of human and civil rights and fundamental freedoms only for Ukrainians of Scandinavian or Germanic origin, but not for those of Slavic origin. This is the first racial law passed in Europe in 77 years.
    2021 年 7 月 21 日ゼレンスキー大統領は 「先住民」 についての法律を公布した北欧系やゲルマン系のウクライナ人にのみ人権や市民権基本的自由を享受することを認めスラブ系の人には認めないというものであるこれはヨーロッパで 77 年ぶりに成立した人種法である

    Servant of the People
    とあるユダヤ芸人

    ウクライナの戦争って、どのくらい深刻なの?
    戦時下の、とあるユダヤ芸人とその嫁の暮らしぶり



    At the suggestion of Victoria Nuland, on November 2, 2021, President Volodymyr Zelensky appointed Dmitro Yarosh as an advisor to the Commander-in-Chief of the Ukrainian Armed Forces, General Valerii Zaluzhnyi, with the task of preparing the attack on the Donbass and Crimea. It is important to keep in mind that Yarosh is a Nazi, while Victoria Nuland and Volodymyr Zelensky are Ukrainian Jews (originally for Ms. Nuland who is now American).
    ヴィクトリア・ヌーランドの提案で、2021 年 11 月 2 日ウォロディミル・ゼレンスキー大統領ドンバスとクリミアへの攻撃準備を任務とするウクライナ軍司令官ヴァレリー・ザルジニ将軍の顧問にドミトリー・ヤロシを任命した。ここで留意すべきはヤロシはナチスでありヴィクトリア・ヌーランドウォロディミル・ゼレンスキーウクライナのユダヤ人 (現在アメリカ人のヌーランドは元々ユダヤ人) であることである

    ヴァレリー・ザルジニー
    ヴァレリー・ザルジニー

    ドミトリー・ヤロシ
    ドミトリー・ヤロシ

    ビクトリア・ヌーランド ユダヤ
    ビクトリア・ヌーランド

    In eight years, from regime change to the Russian military operation not included, neo-Nazis in Ukraine have killed at least 14,000 Ukrainians.
    政権交代からロシア軍の作戦が含まれない 8 年間でウクライナのネオナチは少なくとも 14,000 人のウクライナ人を殺害している

    ステパーン・バンデーラ
    ステパーン・バンデーラ

    Is Zelensky a Cousin of George Soros?

    Hitler.jpg 習近平思想の着想者であり、中国的特徴を持つ社会主義の提唱者である習近平総書記

    岸田内閣



    Israel stunned by Ukrainian neo-Nazis



    本日の書物 : 『新文系ウソ社会の研究 : 悪とペテンの仕組を解明する』 長浜 浩明 展転社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 戦争を指導した帝国陸軍中枢共産主義に汚染されていた敗戦間際の日本は共産主義革命達成のあらゆる条件、具備せられゆく観これあり」 は事実だった。

     《 近衛の指摘の如く、官僚、帝国陸軍の社会主義化・共産主義化はひどく敗戦でそれが解体されるやこれら “陸軍のエリート将校は大挙して日本共産党に入党した” ように、一九四〇年代になると日本の社会主義化、東アジアの社会主義化を理念として帝国陸軍の中枢 (主流) と日本共産党の間には、差異はほとんどなくなっていた。 》 (中川八洋 『大東亜戦争と 「開戦責任」 』 )

    大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 

     瀬島龍三朝枝繁春種村佐孝志位正二 (日本共産党・志位氏の叔父) などが代表格であり、一九四〇年代に入るや帝国陸軍のエリート将校の中枢は共産主義 = アカの巣窟となった、と中川教授は断言する。

     こう考えることで戦争を指導した彼ら敗戦後に共産党に入党中ソの資金援助を受けて戦後日本の共産革命を目指した謎が解けてくる

     今にして思うと朝日日独伊の同盟に狂喜していた理由が分からないではない。

     右翼は 「国体の衣を着た共産主義者」 という擬態で日本の中枢にまで浸透し、敗戦間際には近衛が記したように、共産主義革命寸前まで近づいていた。だが昭和天皇の聖断により、「ポツダム宣言」 の受諾が予想外に早く、ソ連の日本占領というシナリオは砕かれた。

     東京裁判で尋問された近衛は服毒自殺したが、それはソ連のスパイの末路がそうであったように、正体が暴かれることを恐れたからではないか。無実なら、文民の彼には申し開きの道も開かれていた。

     それに比べ、戦前軍部と結託して日本を戦争へ導きウソを流し続けて敗北に導いた右翼、朝日や NHK などが命脈を保っているのは、常に時の強者にすり寄って転向を繰り返し利得者になりそれを当然とする破廉恥さを持っていたからだ。

     GHQ や中ソなどから見て、日本人を騙し続けてきた彼らの宣撫 (せんぶ) 能力は 「利用できる」 と評価された故生き残れたのは確かなようである。』

    日の丸

    「肉の割礼」 と 「心の割礼」


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、理系の大学である東京工業大学に在学中に同教授であった江藤淳氏に学んだ著者がロジカルな思考能力を持つ理系人間から見た非ロジカルで思い込みや感情だけで思考・行動する (まるで野生動物そのまんまw) 文系人間のウソ社会の欺瞞を暴く良書で、特に 「ウクライナが可哀想」 などと言ってまんまと騙されてしまっている文系思考しか持ち合わせていない方々 ( ← 文系のクセに東欧の歴史も知らず人種差別主義者のネオナチを配下に持つ “お笑い芸人” ゼレンスキーを応援する 「恥知らず」 ) が読むべき当ブログお薦めの書物になります。

    読書 4-55

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    payroldcpi.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 1,041,131(1,040,355)÷93,632,907(93,500,946)=0.0111・・・(0.0111) 「1.11%(1.11%)」
    payroldcpi1.jpg

    イタリア : 174,659(174,571)÷21,630,998(21,606,606)=0.0080・・・(0.0080) 「0.80%(0.80%)」
    payroldcpi2.jpg

    日本 : 36,833(36,579)÷16,962,177(16,708,985)=0.0021・・・(0.0021) 「0.21%(0.21%)」
    payroldcpi3.jpg









    さて、これまでの流れを、簡単に確認しておきますと、まず、出発点として、カール・マルクス (1818 - 1883) が生まれる約 200 年ほど前の時代 (日本で言えば、戦国時代から江戸時代初期にかけての時代) に、ドイツの神秘主義者であるヤーコプ・ベーメ (ヤコブ・ベーメ、1575 - 1624) という名の人物がいて、その後の 「ドイツ思想」 に決定的な影響を与えた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 なるものが世に生まれることになります。(詳しくはこちらから💓

    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)
    ヤーコプ・ベーメ(ヤコブ・ベーメ)

    そのベーメの言っていたことというのは、次のようなものでした。

    世界は本来壊れているものであり、それを直すことができるのは正しい者だけである詳しくはこちらから💓

    そして、その影響を受けたのがプロイセン (ドイツ) の哲学者イマヌエル・カント (1724 - 1804) で、彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    イマヌエル・カント
    イマヌエル・カント

    たとえ世界を直すことができなくても、私たちは常に世界を直すことができると仮定して行動しなければならない詳しくはこちらから💓

    また、ドイツ観念論を代表する思想家ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル (1770 - 1831) も影響を受けていて、そんな彼が言っていたことは、次のようなものでした。

    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
    ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

    世界が固定されていたとしても、私たちは無意識のうちに分裂を起こし、世界が再び崩壊し始めることになる詳しくはこちらから💓

    で、この流れを受け継いでいるのがカール・マルクスであり、ウラジミール・レーニン (1870 - 1924) で、彼らが言っているのは次のようなことです。

    カール・マルクス
    カール・マルクス

    私たちには、世界を壊したいという衝動はない。もし私たちが世界を壊すとすれば、それは私たちが社会とその主人たちからそうすることを学んだからである

    ウラジーミル・イリイチ・レーニン 1
    ウラジーミル・イリイチ・レーニン

    われわれは、世界を固定するために、意識の統一を強行しよう詳しくはこちらから💓

    このように、ドイツで生まれた 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 を出発点として、その後、人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想が生み出されることとなります。ここで重要な点は、そもそも全知全能なる神が創り賜うた世界にあって、なぜ悪が存在するのか、という疑問から生じた 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 が、ユダヤ・キリスト教的 “善悪二元論” をより一層強化し、世界を完全に良くするために 「悪なるもの」 を消し去らねばならない、といった浅はかな思考へと陥る人々を生じさせたことです。多くの一般的な人々も陥りやすい誤った思考ですが、特に 「極左おパヨク」 と呼ばれる連中はその影響をもろに受けてしまうほどの 「おバカ」 で、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することで、ユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の対象物として “罪” を創り出し、その罪に対する償 (つぐな) い・贖 (あがな) いを果たねばならない、と妄信させることによって、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 の下で人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し ( ← これが、ポリコレw)人々の “自由” を奪う極めて 「権威主義的な統制社会の再構築」 を目指す連中の思う壺となっていて、それはまさに現在私たちが普通に目にすることができる状況にあります。つまり、もはや隠そうともしていないという状況にあるということです。

    Hunter Biden Soros Linked to Biolabs in Ukraine





    その 「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」 については、ドイツ出身の社会学者・歴史学者かつマルクス主義者であり、エリート理論の信奉者で、さらにはファシズム (全体主義者) でもあったロベルト・ミヒェルス (ロベルト・ミヘルス) が提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy) を確認をしてきましたが、そこにもやはり 「キリスト教神智学 (Christian theosophy) 」 ・ 「ベーメ神智学 (Boehmian theosophy) 」 の影響を見ることができます。(詳しくはこちらから💓

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー) 」 と同根の言葉である 「オリガルヒ (oligarch) 」 につきましても、ロシア詳しくはこちらから💓) やウクライナ詳しくはこちらから💓) の事例から、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 ( = ユダヤ教徒)」こちらもご参照💓) が存在していることも判明しました。

    A storm is coming 245





    さらには、ウクライナとユダヤ人 ( = ユダヤ教徒) と特異な関係を、ウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認しました。 (詳しくはこちらから💓

    ウーマニ

    そこで、現在 “ユダヤ人” (民族としては定義され得ない、単なる宗教信者のグループ) という存在に着目し、より一層理解を進めるために様々な論文を見ているところとなります。

    fhdeusid.jpg
    『初期ユダヤ教と原始キリスト教団における解釈と受容 : 「霊」と「天使」の概念の変遷を辿る』大澤 香

    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 3 章 原始キリスト教団
     2 章では初期ユダヤ教において当時の神殿体制に異議を唱えるセクトが誕生したこと、神殿から離れたそれらセクトの中で神殿での犠牲儀礼に代わって内面の悔い改めを重視する 「聖化」 儀礼としての洗礼が発達したこと、それに伴ってセクトメンバーには 「聖霊」 が与えられ天使たちと共にあるとの認識があったことを、彼らが トーラーの重要性を前提としつつ多様な解釈を展開したことを示す資料を通して確認した。原始キリスト教団もまたこれらの初期ユダヤ教のセクト運動の中から生まれたことが想定される本章では原始キリスト教団が初期ユダヤ教の中の一セクトとしてユダヤ教の解釈を 「継承」 しつつ同時にいかにユニークな解釈を行ってユダヤ教から独自の宗教への 「転換」 を行っていったのかを考察する

    3 - 1 パウロ


    3 - 1 - 3 パウロにおける律法

    (5) パウロにおける再創造と霊
     私市はクムラン共同体にとってもパウロにとっても 「 『罪』 とは 『創造者に対する被造物の反逆』 にほかならない」 と述べる (314)。パウロが問題にした 「律法主義」 に表される人間の罪とは人間の自己達成の罪性でありそれは神によって創造されることとは真逆の状態なのである。 2 - 2 で確認したように、クムラン共同体には 「回心」 をした共同体の成員に聖霊 が与えられて天使 (神の子) との共同の存在とするとの認識が見られたそしてパウロにおいても、私市がパウロの 「内なる人」 (ロマ 7:22 、2 コリ 4:16 ) はギリシャの二元論的観点によるものではなく霊によって形成される 「新しい人間」 として理解されいると指摘するように (315)、神に反逆する罪なる状態から霊によって 「神の子」 へと新しく創造されることが言われている (316)。

     ここまで、パウロにおける 「霊」 と 「肉」、「律法」 に関する概念を確認してきた。パウロはロマ 2:17 - 29 において、「肉の割礼」 と 「心の割礼」 を対比しながら述べている。ロマ 2:29 (317) では 「心の割礼」 は 「霊」 によるものであると言われている (318)。「心の割礼」 に関しては、申10:16、30:6 やエレ 4:4、9:25、ヨベ1:23 (319) に既に言及があり、そこでは割礼が 「心の包皮を取り去ること」 すなわち神に対する頑なさを捨てて主のものとなることとして語られているここにも既に確認した初期ユダヤ教のコンテキストにおいて敬虔さの内実を問題としたセクトメンバー における 「精神化」 「霊化」 の傾向を指摘することができるだろうパウロは明らかにこの初期ユダヤ教における解釈の傾向を継承しているしかし同時にその 「内面化」 「霊化」 を極限にまで徹底させ結果としてその適用範囲を異邦人をも含める全ての人間とし「肉の割礼 ( = 儀礼性) 」 を必ずしも重視しないとの態度をもたらした点がパウロの解釈を経て原始キリスト教団が経験した解釈の 「転換」 点であると言うことができるであろう (320)。
     しかしパウロが述べるところの 「霊」 の意味と機能にはかなりの多様性が窺われまたパウロの 「内面性」 「精神性」 重視の特徴はキリストの霊によって信仰者が 「神の子」 とされるという言葉によって間接的には語られているとしても「異邦人に聖霊が注がれる」 場面を直接的に描くルカとは表現方法をかなり異にしていると言えるだろう (321)。


    (314) 同上、219 頁。

    (315) 同上、233 頁。

    (316) ロマ 12:2 「…むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい」 をも参照。

    (317) 「内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく “霊” によって心に施された割礼こそ割礼なのです」。

    (318) ロマ 7:25 「心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕える」 にも 「心」 と 「神の律法」 との対応が窺われる。

    (319) 「こののち、彼らは誠意をこめ、心と魂をこめてわたしに立ちかえり、わたしは彼らの心の包皮と彼らの子孫の心の包皮をきってやるであろう。また、その日から永遠にわたしに背を向けることのないように彼らにきよい霊をつくってやり、彼らをきよめてやろう」 (村岡訳 。『聖書外典偽典第四巻 旧約偽典Ⅱ』、日本聖書学研究所編、教文館、1975 年)。心の割礼への言及があり、更にそれが 「きよい霊」 と関連づけられていることが注目される。

    (320) しかしここでのパウロの議論は、割礼が必要ではないと言っているのではなく、心の割礼 = 律法を守ることが必要であると言っている。つまりここでパウロは、律法が重要だと言っている。

    (321) 1 テサ 4:8、1 コリ 6:19、ロマ 5:5 。ロマ 15:16 においても 「 (わたしは) 異邦人のためにキリスト・イエスに仕える者とされました。そして異邦人の献げものが、聖霊において聖なるものとされた、神に喜ばれるものとなるために、神の福音を伝える祭司の役を務めています」 と言うのみである。』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。











    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する