FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  国際 >  何故か学校教育では教わらない 「ホロドモール」 ~ 社会主義を実現するために行われたソ連によるウクライナ人の大量虐殺

    何故か学校教育では教わらない 「ホロドモール」 ~ 社会主義を実現するために行われたソ連によるウクライナ人の大量虐殺

    A storm is coming 221

    本日のキーワード : ホロドモール、ウクライナ人大虐殺、宗教改革



    中国共産党

    History
    沿革 (六)

    Anti-Landlordism campaign
    反地主的キャンペーン

    To seize real power, the CCP went on a nationwide anti-landlord campaign in rural areas and in cities, murdering landlords and their families, allegedly freeing the oppressed. Land owners were tried in public kangaroo courts in village squares where they were openly shamed and mocked, accused of committing crimes against the people. The land, however was transferred to state ownership and not to the people, and Stalinist collectivization imposed based upon the model implemented in the Ukraine in the 1930s (see Holodomor).
    中国共産党は実権を握るために、農村と都市で全国的に反地主運動を展開し、地主とその家族を殺害し、抑圧された人々を解放したとされている。土地所有者は村の広場で公開の人民裁判で裁かれ、公然と辱められ、あざけられ、人民に対する犯罪を犯したとされました。しかし、土地は人民のものではなく、国の所有に移され、1930 年代にウクライナで実施されたモデルに基づいて、スターリン主義者による集団化が行われた (ホロドモールの項を参照)。

    These anti-landlord campaigns and murder which the left deems "liberating the people", actually began in the communist occupied territory of Yan'an during World War II, where the communists were hiding out from the Kuomintang and the Japanese even before the party captured the Chinese state in 1949. Landlords were forced into a rectification process, making false confessions and apologies, after which they were murdered for the offenses they "confessed" to.
    左派が 「人民の解放」 とみなしているこれらの反地主キャンペーンや殺人は、実は第二次世界大戦中に共産党の占領地であった延安で始まったもので、共産党は1949 年に中国国家を獲得する前から国民党と日本から身を隠していたのである。地主たちは是正を迫られ、偽りの自白と謝罪をした後、「自白」 した罪のために殺害されたのである。





    Ukrainian genocide
    ウクライナ人大虐殺

    The word Holodomor is the name given to the genocide of the people of the Ukraine in 1932–1933 to bring about the implementation of Socialism. The name literally means "murder by hunger." It is sometimes known as Ukraine's "forced famine" or called "Ukraine's Unknown Holocaust." The Holodomor was a man-made famine carried out by leftists under Stalin to intentionally destroy the nationalistic Ukrainian people who posed a threat to socialism. The Soviets forcibly collectivized almost all of the Ukrainian farms in the "breadbasket of the world" and stole the peasants' food, thereby creating a devastating famine. Even though the man-made famine affected other areas, such as the Volga Basin, Kazakhstan, and the Northern Caucasus, the term Holodomor refers specifically to the genocide of the Ukrainians.
    ホロドモールとは、1932 年から 1933 年にかけて、社会主義を実現するために行われたウクライナの人々の大量虐殺につけられた名称である。文字通り 「飢えによる殺人」 を意味する。ウクライナの 「強制飢饉」 と呼ばれたり、「ウクライナの知られざるホロコースト」 と呼ばれたりすることもある。ホロドモールは、社会主義に脅威を与える民族主義的なウクライナ人を意図的に滅ぼすために、スターリン率いる左翼が行った人為的な飢饉である。世界の穀倉地帯であるウクライナの農場を強制的に集団化し、農民の食糧を奪い、壊滅的な飢饉を引き起こしたのである。この人為的な飢饉は、ヴォルガ盆地、カザフスタン、北コーカサスなど他の地域にも及んだが、ホロドモールは特にウクライナ人の大虐殺を指す言葉である。



    Causes
    原因

    In 1930 collectivization began of the farms of Ukraine as part of Stalin's Five Year Plans. The Ukrainian peasants, who had a long tradition of private ownership of farmland, stubbornly resisted the Soviets efforts. The man-made famine was caused in part due to this resistance, and in part to destroy the Ukrainian people. The people were a danger to the Soviet Union due to their nationalistic aspirations, that is their desire for independence. At the time of the famine 1932–34, Ukrainian intellectuals, writers, teachers, and political leaders were also harassed, persecuted, and executed.
    1930 年、スターリンの五カ年計画の一環として、ウクライナの農場を集団化することが開始された。農地を私有する伝統のあるウクライナの農民は、ソビエトの尽力に頑強に抵抗した。人為的な飢饉は、この抵抗のためでもあり、ウクライナ国民を破滅させるためでもあった。ウクライナ人は、ソ連にとって危険な存在であり、民族主義的な独立願望があった。1932 年から 34 年にかけての大飢饉では、ウクライナの知識人、作家、教師、政治家も嫌がらせを受け、迫害され、処刑された。



    Results
    結果

    The total number of deaths surpassed those of World War I. In the years 1930-1937, collectivization and famine killed up to 11 million people across the Soviet Union, including 6.5 million Ukrainians and about 3 million children. The 1932-1933 famine killed 5 million people in Ukraine, 18.8% of the population. At the height of the famine, over 25,000 people died every day, 1,000 an hour, or 17 a minute. Cannibalism was reported across the country.
    1930 年から 1937 年にかけての集団化と飢饉により、ソ連全体で 650 万人のウクライナ人と約 300 万人の子供を含む 1,100 万人が死亡した。1932 年から 1933 年の飢饉では、ウクライナで 500 万人、人口の 18.8 %が死亡した。飢饉の最盛期には、毎日 25,000 人以上、1 時間に 1,000 人、1 分間に 17 人が死亡していた。人肉食が国中で報告された。

    Our neighbour killed his wife, dismembered her body and was seen to make soup of her.
    私たちの隣人は妻を殺し、その体をバラバラにしてスープにしているところを目撃されました。

    Famous Russian author Boris Pasternak, who visited the area, commented:
    この地を訪れたロシアの著名な作家ボリス・パステルナーク氏は、こうコメントしている。

    What I saw could not be expressed in words. There was such inhuman, unimaginable misery, such a terrible disaster, that it began to seem almost abstract, it would not fit within the bounds of consciousness. I fell ill. For an entire year I could not write.
    私が見たものは、言葉で言い表すことはできない。非人間的で、想像を絶する悲惨さ、恐ろしい災害があり、ほとんど抽象的で、意識の範囲に収まりきらないように思えてきた。私は病気になった。丸 1 年間、書くことができなかった。



    Cover-up and "Controversy"
    隠蔽と 「論争」

    Holodomor was forcefully covered up by both the Soviet authorities and by various Soviet sympathizers in the West.[8] At the time the genocide was committed, the Soviet authorities tried to keep any mention of it from coming out. Later, they kept any information from coming out from behind the Iron Curtain. Soviet historians tried to erase all evidence of this tragedy. They were aided by Western journalists like Walter Duranty of the New York Times, who not only helped conceal all evidence of Holodomor, but also called other journalists who reported on it liars. Only a very few journalists were honest enough to tell the story of the famine, such as Gareth Jones.
    ホロドモールは、ソ連当局と西側のソ連シンパによって、強引に隠蔽された。大虐殺が行われた当時、ソ連当局はそれに関するいかなる言及も表に出さないように努めた。その後、彼らは鉄のカーテンの向こう側からいかなる情報も出さないようにした。ソ連の歴史家たちは、この悲劇の証拠をすべて消し去ろうとした。ニューヨーク・タイムズ紙のウォルター・デュランティ記者は、ホロドモールの証拠隠滅を手伝っただけでなく、それを報道した他のジャーナリストをウソつき呼ばわりした。ごく少数のジャーナリストだけが、ガレス・ジョーンズのように、飢饉の話をするのに十分正直であった。

    The lack of knowledge of this genocide was observed by English writer George Orwell, who commented "huge events like the Ukraine famine of 1933, involving the deaths of millions of people, have actually escaped the attention of the majority of English Russophiles". The Soviets managed to cover this up until Ukraine's independence in 1991. Official Soviet documents recently declassified revealed that the genocide was indeed intended to target the Ukrainian people.
    イギリスの作家ジョージ・オーウェルは、「1933年のウクライナの大飢饉のような、何百万人もの死者を出すような大事件は、実はイギリスのロシアびいきの大多数の人々の関心を削がれている」 とコメントし、この大虐殺が知られていないことを指摘した。

    The Soviets managed to cover this up until Ukraine's independence in 1991. Official Soviet documents recently declassified revealed that the genocide was indeed intended to target the Ukrainian people.
    ソビエトは、1991 年にウクライナが独立するまで、この事実を隠蔽することに成功した。最近機密解除されたソ連の公式文書により、大量虐殺は確かにウクライナ人を対象としたものであったことが明らかになった。



    To this day there are still Stalinists and Russophiles who attempt to deny Holodomor was genocide, despite the fact that the governments of over 22 nations have officially recognized it as genocide. These countries are: Argentina, Australia, Azerbaijan, Belgium, Brazil, Canada, Colombia, Czech Republic, Ecuador, Estonia, Georgia, Italy, Hungary, Latvia, Lithuania, Moldova, Paraguay, Poland, Peru, Spain, U.S.A. and Ukraine itself. Also included among those who recognized it as genocide is Pope John Paul II. In 2003, the 70th anniversary of the famine, Soviet sympathizers in the UN said the famine "ranks with the worst atrocities of our time" but did not use the word genocide. Russia still refuses to admit that it committed genocide. Douglas Tottle wrote a controversial book titled Fraud, Famine, and Fascism: The Ukrainian Genocide Myth from Hitler to Harvard, attempting to blame the "myth" on nationalist propagandists.
    22 カ国以上の政府がホロドモールを虐殺と公式に認めているにもかかわらずホロドモールが虐殺であることを否定しようとするスターリン主義者やロシア主義者が今日に至るまでいるのだ。これらの国々は、以下の通りです。アルゼンチン、オーストラリア、アゼルバイジャン、ベルギー、ブラジル、カナダ、コロンビア、チェコ共和国、エクアドル、エストニア、グルジア、イタリア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、モルドバ、パラグアイ、ポーランド、ペルー、スペイン、米国、ウクライナ自身です。また、ジェノサイドと認定した人の中には、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世も含まれている。2003 年、飢饉から 70 年の節目に、国連のソ連シンパは、飢饉は 「我々の時代の最悪の残虐行為に匹敵する」 と述べたが、ジェノサイドという言葉は使わなかった。ロシアはいまだに自分たちが大量虐殺を行ったことを認めようとしない。ダグラス・トットルは、『詐欺、飢饉、ファシズム』 という物議をかもす本を書いた。The Ukrainian Genocide Myth from Hitler to Harvard という本を書き、この 「神話」 を民族主義者のプロパガンダのせいにしようとした。

    ダグラス・トットル
    ダグラス・トットル

    In 2003 the Russian ambassador to Ukraine, Viktor Chernomyrdin, said "We're not going to apologise... there is nobody to apologise to." The Russians were, however, well aware of what was really going on. One of Stalin's lieutenants claimed in 1933 that the genocide was working. He said it showed the peasants "who is the master here. It cost millions of lives, but the collective farm system is here to stay." In 1988, the U. S. Commission on the Ukraine Famine reported to Congress, confirming that genocide was committed.
    2003 年、駐ウクライナ・ロシア大使のヴィクトル・チェルノミルディンは、「我々は謝罪するつもりはない…謝罪する相手は誰もいない 」 と述べた。しかし、ロシア側は、何が起こっているのかをよく理解していた。スターリンの側近の一人は、1933 年に大量虐殺がうまくいっていると主張した。彼は、それが農民たちに 「ここでは誰が主人なのか」 を示すものだと言った。「何百万人もの命が奪われたが、集団農場制度は今後も続くだろう」 と。1988 年、米国のウクライナ飢饉委員会は議会に報告し、大量虐殺が行われたことを確認した。





    Hitler.jpg 習近平思想の着想者であり、中国的特徴を持つ社会主義の提唱者である習近平総書記

    パペット岸田・林

    “Chinese Communist Party” Conservapedia

    投資家サーベイ結果発表 「岸田政権、支持しますか?」



    本日の書物 : 『戦争と国際法を知らない日本人へ』 小室 直樹 徳間書店



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 キリスト教の中に 「異教」 の芽ばえ

    『ヨハネによるイエスの洗礼』 グイド・レーニ
    『ヨハネによるイエスの洗礼』 グイド・レーニ

     ヨーロッパ国際社会の理解をさらに深めるために、【宗教改革の論理】をまとめておこうか。

    マルティン・ルター
    マルティン・ルター

     ローマ法王がさかんに免罪符の大売り出しを行ったマルチン・ルターがこれを見てカトリックの腐敗もここにきわまったかと宗教改革の運動を起こした

     【初等的教科書には、こう書いてある】

     【が、宗教改革の実体は、こういうものではなかった】

     免罪符 (indulgentia 贖宥状) が、最初に売り出されたのは、1315 年であって、ルターが宗教改革を起こす約 200 年も前である。その頃すでに、ローマ法王をトップとするカトリック教会は十分に腐敗していた。また、金を出して聖職を買う売官 simonie もさかんに行われていた。と言えば中国を思い出すかもしれないが、古代中国における売官は合法的であった。財政政策の一つとしてこれを行ったのである (例 : 漢の武帝)。

     しかし、中世カトリック教会において、売官が非合法・不道徳であり、宗教上、何とも許すべからざることであったのは言うまでもない。【カトリック教会は、フィレンツェなどで金融業者と結託して聖職者の道徳的退廃はおおいがたくなった】。…

     【カトリック教会は、王国 (レルム) によっては、三分の一から半分の土地を所有していた】。そして、【農民の搾取において、「…すべての領主のなかで宗教的領主が最も厳しかった」 】

     このように考えてくると、【近代社会成立の契機となった宗教改革の原因となったのは、カトリック教会の腐敗・堕落ではない】

     では、【宗教改革の真の原因は何か】

     【キリスト教が、その本来の姿から逸脱してキリスト教ではなくなってしまったからである】。』

    日の丸

    ほくそ笑むユダヤ人


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的な出来事理解する上で必要不可欠な要素であるにもかかわらず、特に戦後の日本人に欠けている「戦争・国際法・国際政治・国際経済」 の基礎に歴として存在しているのが 「キリスト教」 という宗教である、という歴史認識を、著者独特の表現で事の本質を見事に射貫く解説がなされている書物になります。「宗教」 あるいは 「哲学」、はたまた 「法律」 というものを、いわゆる “文系アタマ” の人々は、主観的な感覚・感情によって “自分勝手な” 解釈をしがち (例 : 入試国語選択問題の「正解」について――早稲田大学教育学部の説明責任) なのですが、「宗教」 にも 「哲学」 にも 「法律」 にも、「数学」 的 (= 論理的) な要素が多分に含まれていて (というか、それそのものですがw)“自分勝手な” 解釈何ら意味をなさないものであるということが本書を通じて広く日本国民全体で共有できるようにという願いを込めて当ブログはお薦めさせて頂きます

    読書7-19

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    coinhdgswwj.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 973,196(971,613)÷79,797,106(79,756,690)=0.0121・・・(0.0121) 「1.21%(1.21%)」
    coinhdgswwj1.jpg

    イタリア : 158,101(157,904)÷13,992,092(13,895,188)=0.0112・・・(0.0113) 「1.12%(1.13%)」
    coinhdgswwj2.jpg

    日本 : 27,251(27,180)÷6,148,049(6,127,897)=0.0044・・・(0.0044) 「0.44%(0.44%)」
    coinhdgswwj3.jpg



















    さて、これまで、ドイツで生まれた「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」出発点として、その後人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想を経て、ソ連崩壊とともに死滅したかに思われたものの現在に至るまで一貫して受け継がれていく “信仰” が存在していて、その根底にあるユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の意識により、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することによって、「贖罪」の対象物として “罪” を創り出し自らの罪に対する償(つぐな)い・贖(あがな)いを果たそうと躍起になっているそんな 「極左おパヨク」 に繋がる一連の系譜について確認して参りました。



    ここで御理解頂きたいのは、そんなおバカな 「極左おパヨク」 は、飽くまでも、ある連中が果たそうとしている、ある目的の達成のための道具でしかないということです。

    その目的とは、さまざまな “アイデンティティ” を意図的に粗製濫造することで、社会分断を行い到底達成不可能な目標である “平等 (equality)” を強要(←全人類の均一化・同質化などは不可能であることは自明です!)し、多くの人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し(←これが、ポリコレw)、人々の “自由” を奪う極めて権威主義的な統制社会の再構築を目指す、というものです。

    では、なぜそれを目指そうとするのでしょうか?

    それは、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」のもとである連中にとって非常にコントロールしやすい社会が構築できるからです。

    ポイント 女性

    その「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」については、これまたドイツ出身の社会学者・歴史学者であり、マルクス主義者で、エリート理論の信奉者で、ファシズム(全体主義者)でもあったロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy)について確認をしてきましたが、そこにもやはり「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」の影響を見ることができました。

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」同根の言葉である「オリガルヒ(oligarch)」につきましても、ロシアやウクライナの事例を参照して、それがいまから数十年前にマルクス主義が生み出した “社会主義・共産主義の幻想” が瓦解・崩壊する過程で作り出されたものであることを確認し、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 (=ユダヤ教徒)」 が存在していることも判明いたしました。さらにはウクライナとユダヤ人 (=ユダヤ教徒) と特異な関係をウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認することができました。



    そこで、現在 “ユダヤ人” (民族としては定義され得ない、単なる宗教信者のグループ) という存在に着目し、より一層理解を進めるために、次の論文を見ているところとなります。

    egdhsied.jpg
    『ナチ・ドイツにおける経済の脱ユダヤ化 ― 1938年十一月ポグロムの社会経済的背景 ―』 山本達夫

    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 第6章 営業経済組織秩序への挑戦 ― Adefa と ADEBE ―

    4.ADEBEとドイツ繊維・衣料業界再編の試み
     ・・・さらに Adefa との相違点も問題視された。すなわち Adefa が,① 衣料産業に限定され,② 国民への供給や輸出を阻害する可能性,カルテル法への抵触の懸念がなく,③ 加盟企業数が比較的少なく,純粋に私的な性格であるのに対し,ADEBE は Adefa よりはるかに規模が大きく,ナチ党経済政策委員会委員長ケーラーのてこ入れで党組織として支援を受けているとされたのである。 *521 )
     以上を勘案の上,ライヒ経済省は 「本件の状況を鑑みてこの連盟を解散することが実務的に正しいように思われます」 と提言し,ADEBE の設立を適切な方法で中止させるとした。 *522 ) ゲーリングは 1938 年 1 月 31 日付で 「党の最高の経済顧問」 として ADEBE の即時解散を命じた。ゲーリングは手書きで以下のような命令を伝えている。1 ) この連盟は即座に解散されるべきだ,2 ) 本官が現在,党の最高経済全権委員であること (ヘスの指令を見よ),また本官の許可なくそうした事柄はケーラーに拒否する,とケーラーへ書き送れ,3 ) 解散の進行報告を迅速に求める。 *523 )

    ヘルマン・ゲーリング
    ヘルマン・ゲーリング

     ところがゲーリングが禁止したにもかかわらず,ユング,テンゲルマンとライヒ経済省当局との間の交渉は継続された。ライヒ経済省の担当課に出向いたユングは,「ADEBE はそもそもまだ結成されておらず,定款の草稿を検討しただけである」 と弁明した。そして ADEBE がドイツ経済の有機的建設を妨げるものではないことを説明しようとした。( 1938 年 2 月 5 日) *524 ) この間ユングは 2 月 2 日と 3 日の両日 「 1938 年 1 月 31 日付の処分」 に関してライヒ経済省次官あてに意見書を 2 通 ( ① 2 日付 10 枚,② 3 日付 3 枚) 提出している。以下は意見書の内容である。

    egdhshdodp.jpg

    dgyehsd.jpg

    ① 1938 年 2 月 2 日付書簡 (ライヒ経済省次官ポッセ Posse あて,親展,速達書留便) 〔下線および強調 = 原文〕 *525 )
     冒頭でユングは,ADEBE 結成の報道は一部は歪曲であり一部は完全な虚偽であるとし,共同事業団の認可申請も,社団法人登録も,組織としての活動も加盟員の募集もされていないとのべる。また代表者も任命されておらず,ナチ党全国指導部の承認も得ていないので自分は ADEBE の理事長ではないという。 *526 )
     ユングは続けて ADEBE 構想成立の経緯,構想自体の正当性・有効性を力説する。すなわちドイツ小売業のイニシアティブで 9 社による集会が開かれ,ドイツの業績向上のためにドイツ人納入業者とドイツ人購買者との間の協働を確保して業績空間 Leistungsraum を創出しようとした。そのための業績共同体 Leistungsgemeinschaft は自発性と連帯感とを基盤とした納入業者と購買者の理性的協働によってのみ樹立され得るので,共同事業団 Arbeitsbemeinschaft の結成が議決された。自分としては,共同事業団が社団法人登録され認可されれば,代表としてドイツの業績ドイツの創造のために協力と支援を確保すべく誠実に尽力するつもりであると言明したのだと。 *527 )
     ライヒ経済省がもっとも懸念している ADEBE と営業経済組織との競合関係について,ユングは 「本社団法人は営業経済組織の所轄する課題に関与しない」 と断言する。逆に ADEBE の創設はドイツ経済の有機的構築を妨げないのみか,四カ年計画総監の意に沿ってこれを促進することになるという。こう続ける。「ドイツ的,ナチ的考えに立った繊維・モード・衣料経済の敵対者たちは,この部門におけるユダヤ人の独占的地位をつよめ,ユダヤ的口コミ宣伝屋に成り下がっているに過ぎないのである」 と。 *528 )
     「衣料経済におけるユダヤ人の支配的地位」 というイメージは,ユングの固定観念であった。彼によれば 「既製服を購入するすべてのドイツ人婦人の 75 %が,今でもユダヤ人に服を着せてもらっている」状態にある。ユングによれば,全売り上げのうち婦人服製造業において 75 %,紳士服製造業において 50 %,その他の生活必需品部門において約 40 ~ 50 %がユダヤ人によるもので,1933 年から 37 年にかけて 230 ものユダヤ衣料品店が新規に開店し短期間に莫大な売り上げをあげたという。 *529 ) ドイツ人企業家のなかには 「ユダヤ人はドイツ人よりも有能であるとのコンプレックス」 をいだいている者もいるが,これは 「ユダヤ人によって人為的に作り出されたもの」 であるから,劣等感の呪縛から解放されなければならないという。ユングが掲げた ADEBE の標語は 「われわれはユダヤ人よりも上手くできる,そのことを日々証明していこう!」 であった。(Wir können es besser als die Juden und wollen das täglich unter Beweis stellen!) *530 )
     ユダヤ人がドイツの衣料経済で業績をあげているにしても,それはそれでドイツ経済に貢献しているのであるからユダヤ人を排除する理由にはならないはずである。けれどもユングはユダヤ人のモードには無駄が多いと切り捨てる。たとえばユダヤ人は 「ドイツ人男性ではなく,自分の気に入るようにドイツ人女性に服を着させ」,しかも 「外国のモデルパリから指図されたインターナショナルなモードの醜悪なコピー」 を広めようとしているにすぎないという。 *531 ) ADEBE の目標はかかる現状を是正することであり,しかもこの目標を 「ユダヤ人に対する煽動やテロルによってではなく,もっぱらよりよい業績とドイツ人相互の誠実な協働によって」 *532 ) また 「ドイツの特別な業績をとおして」 達成することであった。 *533 )
     ユングによれば,これまで衣料経済の部門で 「ユダヤ人の支配的地位」 を許してきたのはドイツ人の団結がごくわずかに留まっている一方で,ユダヤ人が衣料経済部門からのドイツ人の排除を目標に営々と活動してきたからであった。 *534 ) 彼はいう「ドイツ人が団結してユダヤ人に対抗するのではなく,互いに諍 (いさか) い合うとき,ユダヤ人はほくそ笑むのだ」。 *535 ) ユングは,ユダヤ人が協働し小売りと問屋の間で意思疎通がはかれるのに対して,ドイツ人にそれができないのは,ユダヤ人があいだに入り込んでいるからだという。 *536 ) そこで彼は,生産,売買,消費の部門からなるドイツ衣料経済のユダヤ精神をドイツ精神でおきかえようとした。 *537 ) ADEBE が構想されたのはこの目的のためである。
     ユングは ADEBE と営業経済組織の相違をつぎのように強調した。ADEBE の課題は 「原料納入業者,生産者ならびに購買者の仲間からなる自発的な結集を促進する」 ことである。「自発的な結集」 は既存の営業経済組織との大きな相違点であり,これは 「自らの業績レベルの向上をとおして,また納入業者と購入者の間の協働によって真のドイツ的競争を生み出そうとするドイツ意識に目覚めた企業家たちの集合体」 なのだと。 *538 )
     ユングは,ADEBE の課題は 「心の内からの呼びかけを基礎とする」志操的,能力的にふさわしい男たちによってしか解決できないという。逆に 「加盟が強制されている営業経済組織では解決は不可能である」 と主張する。また営業経済組織が掌握しているのがひとつの経済段階 *539 ) であるという点にもユングは限界をみる。 *540 )
     他方でユングは,ADEBE は 「定款からも,またその創設者の意図からいっても,1934 年 2 月 27 日付ドイツ経済有機的建設準備法第 1 款第 1 条第 2 項のいう経済連盟 Wirtschaftsverband ではない」 とし,営業経済組織の排他性原則に抵触するという非難をかわそうとした。 *541 ) そしてこういう。「この業績 = 共同事業団 Leistungs- und Arbeitsgemeinschaft は,お互いに知り,お互いに尊重し,経験を交換し合うことをとおして,ユダヤ人によって人為的に作り出された 『ユダヤ人はドイツ人よりも有能だ』 と考えるドイツ人企業家の劣等感を解消することを目標にかかげた。ドイツ人の貴重な力をわずかたりとも無益な闘争に振り向けることなく,経済的業績の達成を目指してドイツ民族のために力を結集させるべきである。これは納入業者と購買者が力を合わせてこそできることである」 と。 *542 )
     その上でユングは Adefa の功績を強調する。「すでに 1932 年以来存在し,これまできわめて輝かしい成果をおさめ,小売業と消費者の幸福な喜びのために働いてきた Adefa が有益で申し分なく機能しているひとつのモデル」 であると。「小売業は Adefa の働きに心底感激したので,今度は自発的なイニシアティブでこの共同事業団に加わり,そのために法的に許容される形態を ADEBE で作り出そうとした」。何よりも Adefa は 「戦友的な相互支援をとおして,また道徳的基盤の強化をとおしてドイツの業績の旗を掲げること」 を目標に結成されたのだと。そして 「小売業から,かくも緊急に要望されているこの共同事業団はプロパガンダや宣伝によってユダヤ人と戦うための連盟ではなく,力量ある者が集まり相互に尊重することによってドイツの業績空間を創造することなのである」 とのべたのである。 *543 )


    *521 ) Ibid.

    *522 ) Ibid.

    *523 ) Ibid., 119, 121.

    *524 ) Ibid., 112.

    *525 ) Schreiben von Jung an Staatssekretär Posse vom 2. Februar 1938. in: BA. R 3101-9158, 125-134.

    *526 ) 彼は,「社団法人は,そもそもまだ法律上有効に存在していなかったということからして,すでに解散されたのであります。」との表現を使っている。Ibid., 127.

    *527 ) Ibid., 125-126.

    *528 ) Ibid., 127.〔下線部原文。以下同様。〕

    *529 ) Ibid., 129, 131.

    *530 ) Ibid., 129.

    *531 ) Ibid., 129-130.

    *532 ) Ibid., 131.

    *533 ) Ibid., 132.

    *534 ) Ibid., 129.

    *535 ) Ibid., 127.

    *536 ) Ibid., 131.

    *537 ) Ibid., 132.

    *538 ) Ibid., 128.

    *539 ) 営業経済組織の産業部門別構成をさす。

    *540 ) Ibid.

    *541 ) Ibid.

    *542 ) Ibid.

    *543 ) Ibid., 131. 』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。











    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する