FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  世界史 >  リベラル派の知識人やリベラル派政党に共通する特徴

    リベラル派の知識人やリベラル派政党に共通する特徴

    A storm is coming 196



    本日のキーワード : 人権弾圧、無関心、リベラル派、お花畑



    中国共産党

    Sino-U.S. strategic relations
    中国-米国の戦略的関係 (六)

    Jin Canrong, a professor and associate dean of the School of International Studies at Beijing's Renmin University of China, laid out a multi-pronged strategy involving a range of malign actions to subvert the United States while strengthening the Chinese regime. They include:
    中国人民大学国際学部の副学部長である金燦栄 (きんさんえい) 教授は、中国の体制を強化しながら米国を転覆させるためにさまざまな悪意のある行動を伴う多面的な戦略を打ち出した。それらには以下が含まれる。

    interfering in U.S. elections,
    controlling the American market,
    cultivating global enemies to challenge the United States,
    stealing American technology,
    expanding Chinese territory, and
    influencing international organizations.
    米国の選挙に干渉する。
    アメリカの市場をコントロールする。
    米国に挑戦するグローバルな敵を育成すること。
    アメリカの技術を盗む。
    中国の領土を拡大すること、そして
    国際機関への影響を与える


    Influencing international organizations
    ● 国際組織への影響力

    Jin Canrong also explained the CCP's plan to exert greater influence over global bodies such as the United Nations, the World Trade Organization, the World Health Organization, Interpol, the International Monetary Fund, the International Olympic Committee, and the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD).
    金燦栄は、国連、世界貿易機関、世界保健機関、国際刑事警察機構、国際通貨基金、国際オリンピック委員会、経済協力開発機構 (OECD) などの国際機関への影響力を強めようとする中国共産党の計画を説明した。

    The Chinese regime's goal is for “all these international organizations to be controlled by China. We can appoint someone who speaks Chinese [who represents China] to be its leaders,” Jin said.
    中国政権の目標は、「これらすべての国際機関を中国がコントロールすること」だという。中国語を話す人 (中国を代表する人) をそのリーダーに任命することができる」 と金は語った。

    During his speech, Jin emphasized that Xi was unlike his predecessors in his ambitions. Previous CCP leaders, such as Deng Xiaoping, Jiang Zemin, and Hu Jintao worked hard to develop the regime's power but didn't dare to use it, he said. “No matter how much power you have, it’s nothing if you don’t dare to use it,” Jin said. “Chairman Xi dares to use it. [Xi’s authorities] have the power, dare to use that power, and all of its attacks make the other party bleed.”
    金はスピーチの中で、習氏がその野心において前任者たちとは異なることを強調した。鄧小平、江沢民、胡錦濤といった中国共産党の歴代の指導者は、政権の権力を発展させるために努力したが、あえてそれを利用することはなかったという。「どんなに大きな力を持っていても、それを使う勇気がなければ意味がない」と金は言う。「習主席はあえてそれを使っている。[習政権当局は] 権力を持っていて、その権力をあえて使い、その攻撃のすべてが相手を血祭りにあげる。」

    Xi's ambitions, however, cannot be revealed to the outside world, the professor said. When Xi took power in 2012, he urged the country to realize the “Chinese dream.” This meant becoming a “moderately well-off” country by 2021, and then a “strong, democratic, civilized, harmonious, and modern socialist country” by 2049.
    しかし、習氏の野望は、外部に明らかにすることはできない、と同教授は言う。2012 年に権力を握った習氏は、「中国の夢」 の実現を国に促しました。これは、2021 年までに 「適度に裕福な国」 になり、2049 年までに 「強大で、民主的で、文明的で、調和的で、現代的な社会主義国」 になることを意味していた。

    Jin explained that Xi's target is actually to replace the United States as the world's only superpower by 2049. “[Chinese] Ministry of Foreign Affairs keeps on saying [at press briefings] that China loves peace. But no reporters at the press briefings believe this,” Jin said.
    金は、習近平の目標は、実は 2049 年までに米国に代わって世界唯一の超大国になることだと説明する。「中国外交部は 『中国は平和を愛している』 と言い続けている。しかし、記者会見に出席している記者の誰もがそれを信じていない」 と金は言う。

    Hitler.jpg 習近平思想の着想者であり、中国的特徴を持つ社会主義の提唱者である習近平総書記

    パペット岸田・林

    “Chinese Communist Party” Conservapedia

    投資家サーベイ結果発表 「岸田政権、支持しますか?」



    本日の書物 : 『日本人が知らない近現代史の虚妄』 江崎 道朗 SBクリエイティブ



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 第二次世界大戦後のこうした【ソ連・共産党の圧政に抵抗し、自国の自由と独立を求めた中・東欧諸国の戦い】に対して【西側の知識人、特にリベラル派の知識人たちは冷淡】でした

     【リベラル派の知識人たち】は、ナチス・ドイツと戦った【ソ連を高く評価】していて【ソ連による 「人権弾圧」 「民主化弾圧」 を見て見ぬふりをした】のです実は【日本でも同じ傾向】が強く【リベラル派の野党の方が共産党に対して好意的】であり【北朝鮮や中国共産党との 「友好」 を重視する傾向】があります

    志位222
    「9条で日本を守れるの?」 日本国民、ロシア軍のウクライナ侵攻で憲法9条の愚かさに気づいてしまう 共産党は火消しに躍起 =ネットの反応「9条よりも国防のためには他国との同盟や核抑止が大事なことが世間にバレたのはサヨクにとって痛いよねw」



     ところが、中・東欧諸国の告発によってソ連の圧政の実態が知られてくるにつれ、ソ連・共産党という全体主義国家の圧政と戦い、自由を求めた人々に対してあまりにも【無関心】だったのではなかったか ――。そうした反省が、ヨーロッパでも語られるようになってきているのです。

    gfdgsdf.png
    立憲民主党北海道7区・しのだ奈保子(弁護士)「世界的にみれば、日本もロシアのように加害者であり前科者… 憲法9条を世界に広めることこそが日本の役割です」=ネットの反応「仮にも弁護士が前科者は物を言う権利なんて全く無いとおっしゃるんですね」

    gsfetdhs.png
    全労連「もしロシアに9条と同じものがあれば、ロシアはウクライナに侵攻できなかったでしょう」=ネットの反応「国際法をも破ってる侵略者が自国の国内法に縛られるわけねーだろ!wwwwwwwwwww」「お花畑にもほどがあるwwwwwwwww」



     2019 年 2 月、バルト三国を訪問し、各地に建てられている戦争博物館を見て回りました。帰りの飛行機はポーランド航空でした。

     2018 年はポーランド独立回復百年にあたり、この百年の近現代史に関わる映画がこの飛行機でも無料で公開されていたので、そのリストを見ていると、『ザ・サイレント・レボリューション (The Silent Revolution) 』 というドイツ映画がありました。・・・



     日本でも 2019 年 5 月中旬から 『僕たちは希望という名の列車に乗った』 という邦題で一般公開されましたが、この映画の主題が 「ハンガリー革命」 なのです。

     大まかな物語はこうです。

     1956 年、東ドイツの高校に通う18歳の青年、テオとクルトは、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を見てしまいます。この時点では、ベルリンの壁はなく、東ドイツ国民も通行証さえあれば、比較的自由に西ベルリンを訪れることができたのです。

     映画館で 「ソ連の支配に反発したハンガリーで民衆が蜂起、数千人が死亡した」 と聞いた二人は高校の教室で、「ハンガリーのために黙祷しよう、死んだ同志のために」 と級友たちに呼びかけて、授業中にニ分間の黙祷を実行します。

     だが、その黙祷は、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは 「社会主義国家への反逆」 とみなされ、学校当局ばかりか、政府までが調査に乗り出しました。そして黙祷に参加した生徒たちは校長室に個別に呼び出され、一週間以内に首謀者を告げるよう宣告されたのです。宣告しなければ、生徒たちは落第となり、大学進学を阻止され、落伍者として生きていくことになります。

     仲間を密告してエリートの道に行くのか、それたも落伍者になるのか。共産党政権に選択を突き付けられ、苦悩する若者たち。そしてその何人かは故郷を捨て、親と別れ、外国に亡命する道を選びます。ソ連・共産党の圧政と戦うことは、それだけの覚悟と犠牲を求められたのです。

     【実話を基にしたこの映画は、ソ連・共産党の圧政と戦ってきた中・東欧諸国の人々への敬意と、その戦いを十分に支えてこなかった西側諸国の痛苦な反省を描いたものです】

     そして、【その 「反省」 の中には、第二次世界大戦後、ポーランドやハンガリーなどの中・東欧諸国がソ連の支配下に入ることを 「容認」 してしまったことへの反省も含まれているのです】。』

    日の丸

    ナチ・ドイツ政権による輸入の独占的支配


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、未だに学校教育で使用される 「アナクロ (時代錯誤) 」 な左翼の歴史観に基づき記述される歴史教科書では、決して学ぶことができないまさに現在進行形の 「近現代史の見直し」 がどのような内容であるのか非常に分かりやすく解説がなされている良書で、本書を通じてナチ・ドイツも社会主義国家・ソ連も、詰まる所、同じ穴の狢 (むじな) であることが理解できれば、現代中国がナチズム国家であるということが自然に分かるようになる、そんな当ブログお薦めの書物になります。

    読書6-59

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    fcollsea.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 942,985(940,297)÷78,767,593(78,681,512)=0.0119・・・(0.0119) 「1.19%(1.19%)」
    fcollsea1.jpg

    イタリア : 154,013(153,764)÷12,651,251(12,603,758)=0.0121・・・(0.0121) 「1.21%(1.21%)」
    fcollsea2.jpg

    日本 : 22,790(22,585)÷4,753,430(4,692,406)=0.0047・・・(0.0048) 「0.47%(0.48%)」
    fcollsea3.jpg











    さて、これまで、ドイツで生まれた「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」出発点として、その後人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想を経て、ソ連崩壊とともに死滅したかに思われたものの現在に至るまで一貫して受け継がれていく “信仰” が存在していて、その根底にあるユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の意識により、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することによって、「贖罪」の対象物として “罪” を創り出し自らの罪に対する償(つぐな)い・贖(あがな)いを果たそうと躍起になっているそんな 「極左おパヨク」 に繋がる一連の系譜について確認して参りました。



    ここで御理解頂きたいのは、そんなおバカな 「極左おパヨク」 は、飽くまでも、ある連中が果たそうとしている、ある目的の達成のための道具でしかないということです。

    その目的とは、さまざまな “アイデンティティ” を意図的に粗製濫造することで、社会分断を行い到底達成不可能な目標である “平等 (equality)” を強要(←全人類の均一化・同質化などは不可能であることは自明です!)し、多くの人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し(←これが、ポリコレw)、人々の “自由” を奪う極めて権威主義的な統制社会の再構築を目指す、というものです。

    では、なぜそれを目指そうとするのでしょうか?

    それは、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」のもとである連中にとって非常にコントロールしやすい社会が構築できるからです。

    ポイント 女性

    その「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」については、これまたドイツ出身の社会学者・歴史学者であり、マルクス主義者で、エリート理論の信奉者で、ファシズム(全体主義者)でもあったロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy)について確認をしてきましたが、そこにもやはり「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」の影響を見ることができました。

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」同根の言葉である「オリガルヒ(oligarch)」につきましても、ロシアやウクライナの事例を参照して、それがいまから数十年前にマルクス主義が生み出した “社会主義・共産主義の幻想” が瓦解・崩壊する過程で作り出されたものであることを確認し、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 (=ユダヤ教徒)」 が存在していることも判明いたしました。さらにはウクライナとユダヤ人 (=ユダヤ教徒) と特異な関係をウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認することができました。



    そこで、現在 “ユダヤ人” (民族としては定義され得ない、単なる宗教信者のグループ) という存在に着目し、より一層理解を進めるために、次の論文を見ているところとなります。

    egdhsied.jpg
    『ナチ・ドイツにおける経済の脱ユダヤ化 ― 1938年十一月ポグロムの社会経済的背景 ―』 山本達夫

    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 第 3 章 四カ年計画の始動と第三帝国の経済社会体制

    3. 輸入監視局体制成
     「新計画」 から四カ年計画の時期にかけてナチ統制経済の中心となっていたのは原料統制 Rohstofflenkung である「原料統制の担い手」 *312 ) として機能したのが輸入監視局 Überwachungsstelle *313 ) であった。輸入監視局は,1934 年 3 月 22 日付 「工業原料ならびに半製品の取引に関する法律」,*314 ) および関連する施行細則にもとづいて設置された。
     輸入監視局の目的は管轄する原料の当該産業部門への供給を 「経済的に可能なかぎり有利な方法で確立すること」 および 「販売,在庫,消費を調整ならびに監視し,外国為替わりあてにおける不均衡と過剰な在庫」 を防ぐことであった輸入監視局は輸入の監視および生産・分配過程の枠組み条件づくりという二重の機能を果たしたのである。 *315 ) 第三帝国初期にはとくに輸入依存度の高い消費財が監視の対象となった。1934 年 3 月 26 日には羊毛その他動物毛,木綿,靱皮繊維,卑金属を対象とした輸入監視局が設置され,4 月 9 日には皮および獣皮を対象とした輸入監視局が設置されている。 *316 )
     「新計画」 が始動し,あらゆる輸入品が外国為替証明 Devisenbescheinigung によって監視・管理されるようになると,商品製造全般をカバーする既存および新設の輸入監視局は 「その時々の経済情勢と政治的前提条件に応じて特定の輸入商品の輸入と地域的な輸入先を調整できる」 ようになった。 *317 ) さらに輸入監視局が原料・製品流通に対して広範な権限をふるうようになると個々の企業の自己決定による自由な輸入に終止符が打たれた。1934 年 9 月 4 日付 「商品流通に関する第二政令」 *318 ) と 「輸入監視局の設置に関する政令」 *319 ) にもとづいて工業製品を対象とする新たな輸入監視局が設置された。こうして 「新計画」 体制下の 1934 年 9 月以降計 25 の輸入監視局がさまざまな品目の輸入の統制にあたることになったその後輸入監視局の数は増え1939 年 8 月 29 日時点で271939 年 10 月 14 日現在で 29 存在したことが確認できる。( 〔表 8 〕 参照) *320 )

    表8 輸入監視局の編成

     輸入監視局はライヒ経済大臣から 「商品の全流通」 の監視を委託された。1934 年 9 月 11 日付 「外国為替管理に関する政令の改定令」 *323 ) によって,輸入監視局は外国為替管理局から商品取引に抵触するすべての外国為替管理の管轄権を付与されたこれによって商品流通は全面的に掌握されるとともに原料統制が為替管理と連結することになったライヒ政府はいわば輸入監視局をとおして輸入を独占的に支配し手持ちの為替収入をその時どきの需要に合わせられるようになったこうした経緯をへて為替管理は輸入の抑制に資するようになったのである。 *324 )
     輸入監視局は公式にはライヒ経済省の監督下におかれていたが,1936 年までに独立した。 *325 ) 輸入監視局を運営したのはライヒ経済大臣が任命する国家受託者 *326 ) であった。栗原によると,国家受託者は多くの場合,とくに大企業部門では,当該業界の経済団体の事務局長かそれに類する経済界出身者が任命されていたという。 *327 ) 当初,為替技術的な管理機能しかもたなかった輸入監視局であったが,原料配分によって個々の企業の投資能力を左右するようになると,その影響力を増していった。 *328 )


    *312 ) Petzina, Autarkiepolitik, op. cit., p. 153.

    *313 ) これは輸出品の管理・統制を担当した輸出検査局 Prüfungsstelle と対をなすものであった。Vorbemerkung zu R 9 XV / Prüfungsstelle Glasindustire. in: BA., Findbuch R 9 XV, p.4. 輸入監視局の概要は次を参照。Facius, F., Vorbemerkung für das Findbuch (Bundesarchiv), R 8 I Reichsstelle für Textilwirtschaft (Koblenz, 1956), pp. 1-13.

    *314 ) Gesetz über den Verkehr mit industriellen Rohstoffen und Halbfabrikaten

    *315 ) Bräutigam, ibid., p. 74.

    *316 ) 栗原『第二次世界大戦の勃発』214 頁。Bräutigam, op. cit., pp. 73-74.

    *317 ) Ibid., p. 67.

    *318 ) Zweite Verordnung über den Warenverkehr

    *319 ) Verordnung über die Errichtung von Überwachungsstellen

    *320 ) BA. NS5-VI-16747.

    *321 ) Würtembergische Wirtschafts-Zeitschrift Nr. 42. vom 21. 10. 1939, in: BA. NS 5-VI-16747.

    *322 ) Mitteldeutsches Wirtschaftsblatt Nr. 10. vom 15. 5. 1938, in: ibid.では石炭と塩Kohle und Salz.

    *323 ) Änderungsverordnung zur Verordnung über die Devisenbewirtschaftung

    *324 ) Hoffmann, Hans, Das Rohstoffproblem der deutschen Lederwirtschaft, Diss., Leipzig, 1938, p. 126.in: Bräutigam, Ibid., p. 75.

    *325 ) Petzina, Autarkiepolitik, p. 153.

    *326 ) Reichsbeauftragter

    *327 ) 栗原『第二次世界大戦の勃発』232 頁。栗原は,業界団体が商品管理の実務を引き受けたことから,輸入輸入監視局体制には経済界の手で運営される国家的原料統制を要求していた経済界の意向が実現されたとする。

    *328 ) Petzina, op. cit. 』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する