FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  科学・数学 >  遺伝子学者が用いる 「突然変異」 という言葉の意味

    遺伝子学者が用いる 「突然変異」 という言葉の意味

    A storm is coming 79

    本日のキーワード : 突然変異、変異タンパク質



    突然変異(とつぜんへんい)とは生物やウイルスがもつ遺伝物質の質的・量的変化およびその変化によって生じる状態

    細胞や個体のレベルでは突然変異により表現型が変化する場合があるが必ずしも常に表現型に変化が現れるわけではないまた多細胞生物の場合突然変異は生殖細胞で発生しなければ次世代には遺伝しない



    本日の書物 : 『WHAT IS LIFE ? (ホワット・イズ・ライフ ?) 生命とは何か』 ポール・ナース NewsPicksパブリッシング



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 遺伝学者は【 「突然変異」 】という言葉を特別な意味で使う。【突然変異した遺伝子は、必ずしも異常だったり破損しているとはかぎらない】。単に【 「異なる型の遺伝子」 という意味】なのだ。メンデルが交配させた植物株は、花の色を決定するための重要な遺伝子が変異したせいで、花の色が紫や白になっていた。

     それとまったく同じロジックで、【異なる色の瞳を持つ人は、人間の明らかな変異体とみなすことができる】そしてたいていの場合【変異のどちらを 「正常」 と見なすべきかという話には意味がない】

     【変異】は、遺伝子のDNA配列が変えられたり配列し直したり削除されたりしたときに発生する。変異は、通常は、紫外線や化学物質などによって与えられた【細胞の損傷か、DNA複製と細胞分裂のプロセス中にたまたま発生するエラーが原因】だ。

     細胞は、こうしたエラーの大部分を見つけて修復する精緻なメカニズムを備えているので、【変異は稀にしか起きない】。ある推計によると、あなたの細胞の一つが分裂するたびに、平均してたった 3 つの変異しか発生しない。これは、DNA 10 億文字につき 1 つくらいという、恐ろしきほど低いエラー率だ。

     でもいったん変異が発生すると【変性タンパク質】を作り出すさまざまな形態の遺伝子を生み出すことができそれらを受け継ぐ細胞の生物学的機能を変えてしまうんだ。』

    日の丸

    全米が注目した 1913 年外国人土地法


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した細胞生物学者である著者が 「生命とは何か?」 という非常に根元的な問いに対して現代生物学の最先端の知見に基づいて非常に分かりやすく語りかけるような文章で答えに導いて下さる良書になります。そして、この本を読み終えるころになると今日地球上に存在するありとあらゆる “生命” が 「たった一回」 の始まりを起源としているのだという考え方が理解できるようになります。 

    読書 10-044

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    masgomi.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 672,970(671,098)÷42,024,516(41,856,917)=0.0160・・・(0.0160) 「1.60%(1.60%)」
    masgomi1.jpg

    イタリア : 130,284(130,233)÷4,632,275(4,627,699)=0.0281・・・(0.0281) 「2.81%(2.81%)」
    masgomi2.jpg

    日本 : 17,183(17,111)÷1,674,684(1,668,864)=0.0102・・・(0.0102) 「1.02%(1.02%)」
    masgomi3.jpg













    egdusyed.jpg
    【日本語訳】 U.S. DEPARTMENT of STATE / Fact Sheet : Activity at the Wuhan Institute of Virology  (米国務省 / ファクトシート : 武漢ウイルス研究所での活動)

    さて、これまで、ドイツで生まれた「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」出発点として、その後人為的に造り出された “幻想” であるところのマルクス主義・共産主義・社会主義という類の妄想を経て、ソ連崩壊とともに死滅したかに思われたものの現在に至るまで一貫して受け継がれていく “信仰” が存在していて、その根底にあるユダヤ・キリスト教的な 「贖罪(しょくざい)」 の意識により、さまざまな “アイデンティティ” を次から次へと粗製濫造することによって、「贖罪」の対象物として “罪” を創り出し自らの罪に対する償(つぐな)い・贖(あがな)いを果たそうと躍起になっているそんな 「極左おパヨク」 に繋がる一連の系譜について確認して参りました。



    ここで御理解頂きたいのは、そんなおバカな 「極左おパヨク」 は、飽くまでも、ある連中が果たそうとしている、ある目的の達成のための道具でしかないということです。

    その目的とは、さまざまな “アイデンティティ” を意図的に粗製濫造することで、社会分断を行い到底達成不可能な目標である “平等 (equality)” を強要(←全人類の均一化・同質化などは不可能であることは自明です!)し、多くの人々に対して自己抑圧的な態度の徹底を促し(←これが、ポリコレw)、人々の “自由” を奪う極めて権威主義的な統制社会の再構築を目指す、というものです。

    では、なぜそれを目指そうとするのでしょうか?

    それは、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」のもとである連中にとって非常にコントロールしやすい社会が構築できるからです。

    ポイント 女性

    その「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」については、これまたドイツ出身の社会学者・歴史学者であり、マルクス主義者で、エリート理論の信奉者で、ファシズム(全体主義者)でもあったロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)提唱した仮説である 『寡頭制の鉄則』 (iron law of oligarchy)について確認をしてきましたが、そこにもやはり「キリスト教神智学(Christian theosophy)」「ベーメ神智学(Boehmian theosophy)」の影響を見ることができました。

    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)
    ロベルト・ミヒェルス(ロベルト・ミヘルス)

    また「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」同根の言葉である「オリガルヒ(oligarch)」につきましても、ロシアやウクライナの事例を参照して、それがいまから数十年前にマルクス主義が生み出した “社会主義・共産主義の幻想” が瓦解・崩壊する過程で作り出されたものでることを確認し、そこには少なからぬ 「ユダヤ人 (=ユダヤ教徒)」 が存在していることも判明いたしました。さらにはウクライナとユダヤ人 (=ユダヤ教徒) と特異な関係をウマン (ウーマニ) 巡礼の形成の歴史を通じて確認することができました。

    そこで、現在そのユダヤ人 (=ユダヤ教徒) なるものに焦点をあてているところになります。参考にさせて頂いているのは次の論文になります。

    gefsfdujaw.jpg
    『アメリカにおける日系人差別とユダヤ人 -1906年から1988年を中心に-』駒込 希



    それでは早速、続きを見て参りましょう。

    『 第 2 章 20 世紀前半のカリフォルニア州のユダヤ人と日系人

    第 2 節 カリフォルニア州のユダヤ人と 1913 年外国人土地法

     ・・・このようにして制定された 1913 年外国人土地法であるが、アメリカ社会が 1913 年外国人土地法にどの程度関心を抱いていたのかを分析することは西部のユダヤ人の 1913 年外国人土地法に対する反応を考察する上で必要不可欠である。よって、ここではアメリカ社会の 1913 年外国人土地法に対する関心の程度をアメリカ国内の新聞報道から検証する

     カリフォルニア州のジョンソン知事が法案に署名した 1913 年 5 月 19 日とその翌日アメリカ国内の新聞のトップページをいくつか確認すると、1913 年外国人土地法に関する記事が掲載されていることを確認することができる。たとえば、カリフォルニア州で発行されていた 1913 年 5 月 20 日の 『ロサンゼルス・タイムズ』 (Los Angeles Times) のトップページには1913 年外国人土地法をめぐって珍田駐米大使とアメリカ政府が行っていた交渉の様子を詳細に描いている記事が掲載されている (Los Angeles Times 20 May 1913, 1)。

     また、同じカリフォルニア州のサンフランシスコで発行されていた 『コール』 の 1913 年 5 月 20 日のトップページに掲載された 1913 年外国人土地法に関する記事では1913 年外国人土地法を 「不動産所有から日本人を排除すること」 と表現している (Call 20 May 1913, 1)。ここで注目すべきは1913 年外国人土地法と日系人を結びつけている点である1913 年外国人土地法は帰化不能外国人の不動産所有を禁止したものでその中に 「日本人」 や 「日系人」 という直接的な表現はないしかしここでは日本人の不動産の所有についてふれられているつまり「日本人」 や 「日系人」 という記載がなくともカリフォルニア州の人びとは 1913 年外国人土地法が日系人を対象としたものであることを認識していたのである

     さらに1913 年外国人土地法への関心は西海岸にとどまらない。東海岸のワシントン特別区で発行されていた 『ワシントン・ヘラルド』 (The Washington Herald) の 1913 年 5 月 20 日のトップページでも 1913 年外国人土地法についてふれられており珍田駐米大使の抗議に対する返事を東京に送ったという内容の記事が掲載されている (The Washington Herald 20 May 1913, 1)。ハワイで発行されている 『ホノルル・スター・ブレティン』 (Honolulu Star Bulletin) の 1913 年 5 月 19 日のトップページでもトップページの半分が 1913 年外国人土地法に関する記事で埋め尽くされている (Honolulu Star Bulletin 19 May 1913, 1)。1913 年外国人土地法は州法であるにもかかわらずアメリカ本土から遠く離れたハワイの新聞でも取りあげられていたことからもいかにアメリカ国内でこの州法に関心が寄せられていたのかがわかる

     カリフォルニア州で 1913 年外国人土地法が制定されるとその後アイダホ州アリゾナ州オレゴン州テキサス州ネブラスカ州モンタナ州ワシントン州でも同様に外国人土地法が制定された

     このように全米が注目した 1913 年外国人土地法であるが西部のユダヤ人はどのような反応を示していたのであろうかここでは1913 年外国人土地法や日系人へのユダヤ人の反応を検証する。分析には、学童隔離事件の分析と同様に、サンフランシスコで発行されていた 『エマニュエル』 とロサンゼルスで発行されていた 『ブネイ・ブリス・メッセンジャー』 を用いる。また、新聞の分析期間は、1913 年外国人土地法の法案が出された 1913 年 1 月からこの法律が施行された 1913 年 8 月までとする。 』


    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。











    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する