FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  世界史 >  自由主義的伝統にとって大切な二つの原理

    自由主義的伝統にとって大切な二つの原理

    トランプ ウインク

    本日のキーワード : 原理、自由主義的伝統



    原理(げんり、羅: principium、仏: principe、英: principle、独: Prinzip)とは哲学や数学において学問的議論を展開する時に予め置かれるべき言明そこから他のものが導き出され規定される始原他を必要とせずなおかつ他が必要とする第一のものである

    本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 1942年3月9日、【蘭印軍の降伏】により、【日本の南方作戦はほぼ所期の目的を達成】した。これを受けて検討された第ニ段作戦の立案過程では、【海軍軍令部】【米豪遮断を目的とするフィジー方面の攻撃を主張】し、【連合艦隊】は米艦隊の戦意を喪失させるため【ミッドウェイ作戦とハワイ攻略を主張】した。最終的にミッドウェイ作戦は認められ連合艦隊も軍令部に歩み寄って、ニューカレドニア、フィジーは攻略確保、遠方のサモアは攻略破壊後に引き揚げるというプランが立てられた。

    一方【陸軍】は、【大東亜戦争】は【あくまでも支那事変を解決するための戦争であるとの認識】から、【東南アジアの占領地・資源地帯の確保を優先】し、太平洋方面は海軍の作戦担当地域であるから、【支那派遣軍や関東軍の兵力をオーストラリア攻略作戦に送ることには反対】したが、【オーストラリアを孤立させることについては海軍と見解が一致】した。

     1941年12月8日の日米開戦直後から米軍オーストラリアを太平洋における重要な後方基地として位置づけており、メルボルンに米極東軍の補給担当の指令部を置いていた

     こうしたこともあって、【フィリピン】【日本軍の激しい攻撃を受ける】と、大統領の【ローズヴェルト】【フィリピンには援軍は送らず】、司令官の【ダグラス・マッカーサー】に対してコレヒドール要塞を脱出してオーストラリアにいったん退避し反攻のための戦略を練り直すよう命じている

     はたして、1942年3月11日深夜、マッカーサー一行はコレヒドール島を脱出。同17日、オーストラリア北部準州(ノーザンテリトリー)のバチェラー空軍基地に到着した。一行はそこから北部準州内のアリススプリングスに飛び、さらにアデレード行の鉄道で南に向かったが、途中、車両交換のために下車したテロウィーの駅で、マッカーサーが記者団を前に発したのが有名な“アイ・シャル・リターン”の演説である。』

    日の丸

    マルクスが触れなかったこと


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、かつての大日本帝国がその地政学上の重要性を理解していた南太平洋の島々に対してもはや全世界共通の敵となった中国共産党(CCP)が現在どのような工作を行っているのかが理解できる良書になります。

    読書 女性 3-12

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    rrredplfj.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 305,268(302,294)÷16,782,029(16,636,487)=0.0181・・・(0.0181) 「1.81%(1.81%)」
    rrredplfj1.jpg

    イタリア : 66,537(65,857)÷1,888,144(1,870,576)=0.0352・・・(0.0352) 「3.52%(3.52%)」
    rrredplfj2.jpg

    日本 : 2,623(2,581)÷187,704(184,711)=0.0139・・・(0.0139) 「1.39%(1.39%)」
    rrredplfj3.jpg



    『THE IMMACULATE DECEPTION:Six Key Dimensions Election Irregularities』 The Navarro Report
    『THE IMMACULATE DECEPTION:Six Key Dimensions Election Irregularities』 The Navarro Report












    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、カール・マルクスユダヤ人に対する偏見・ヘイトから生じたイデオロギーである「マルクス主義」は、その後も表向きの形を変ながら現代においても“辛うじて”生き残っていますが、


    今回の「2020年米大統領選」を廻る混乱も、中国共産党(CCP)が「中華式革命の輸出」を過去何十年にもわたって行ってきたことで生じているものになります(自由民主主義国で全体主義を推し進める悪玉は誰???)。

    その証左が、アメリカで推し進められてきた“ポリコレ”「ポリティカル・コレクトネス(political correctness)」で、そのそもそもの生みの親こそが、中国共産党(CCP)の毛沢東でした。

    毛沢東 5
    毛沢東

    ポリコレ全体主義1

    ポリコレ全体主義2

    ポリコレ全体主義3

    ポリコレ全体主義4



    そして、その“ポリコレ”を助長してきたのがアメリカのメインストリーム・メディア(MSM、mainstream media)でした。



    で、私たち一人ひとりにとって大切なことは、「社会主義社会」の後にやってくるものこそ「共産主義社会」であると妄信しひたすらその実践を宗教的ドグマ(教義)として試み続けている危険極まりない連中が存在しているという現実(もはや隠そうともしてませんがw)を幅広く認識する必要があるということです。


    以上のことを踏まえた上で、「社会主義社会」と「共産主義社会」の違い理解できる非常に参考となる動画がこちら(↓)になりますので、ぜひ御覧下さいませ💗



    それでは、昨日に引き続きまして、次の論文を読み進めることで「社会主義」・「共産主義」の世界観について確認して参りたいと思います。

    hegufydtegdsa.jpg
    『社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点 :剰余価値学説と唯物史観の批判的検討(1)』筒井正夫

    それでは早速、昨日の続きを見て参りましょう。

    『 社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点

    剰余価値学説と唯物史観の批判的検討(1)

    Ⅰ 剰余価値学説とその問題点

    2 問題点

    3)剰余価値はいかにして生み出されるか。

     ・・・しかしとマルクス主義者はいうだろう資本論には資本家が非衛生的な労働環境のもとで夜間に及ぶまで労働時間を延長したり、婦人や年少者までこき使って絶対的剰余価値の増殖に腐心し、労働者に「肉体的退化や無数の肉体的苦悩や早死」等の惨害をもたらしている事例をいやというほど記載されているではないかこれはまさしく搾取以外の何物でもないではないかと。然り、筆者も、たとえ資本家が購入したものが労働力そのものというより、小泉がいう「労働の使用」の範囲にとどまっているとしても、それに対して支払われた賃金に比して過分の時間と労苦を強いられて利潤増大に使役させられた事例は、特に機械制工場が普及した初期の段階においては、けっして少なくなかったと判断できる。

     だがマルクスはそうした事例を数多く挙げるが資本家や経営者がそれらに対処した様々な施策(婦人・年少労働の漸次的軽減・撤廃、病院設置をはじめ衛生環境の改善、寄宿舎の改善、娯楽施設・各種企業内サークル等の設置、企業保険の整備)についてはほとんど触れないまた技術革新や新製品開発新市場開拓といった企業利益増大のための貢献についても触れない。経営陣のなかには報酬や株主の配当を相対的に抑えて、労働者への取り分を通常より多く設定し、労働へのインセンティヴを促して結果として企業の高収益を挙げている事例も少なくない。

     すなわち製品に新たな価値を吹き込むのは経営者と労働者の合作であるがマルクス主義の場合は資本家や経営者の価値創造の主導的側面は一切見ないで商品の価値はすべて労働者の抽象的人間労働にだけ拠るものと断定した上でいかに彼らが非人間的な労働を強いられその全成果が商品価値創造に全く貢献しないで生産手段の所有者という地位にある資本家の手の中に独占されるといって非難するわけである。』




    資本主義・社会主義11

    それでは本日の最後になりますが、昨日に続きまして、アイザイア・バーリンが提唱した「消極的自由」(~からの自由)「積極的自由」(~への自由)について語った、1958年10月31日にオックスフォード大学での就任講演の内容を御紹介させて頂きたいと思います。

    timeline_20201016_192542.jpg

    アイザイア・バーリン
    アイザイア・バーリン

    自由論【新装版】 

    これ 女性

    『 二つの自由概念

    自由と主権

     ・・・しかしながらデモクラシーがデモクラティックであることをやめることなしに自由を少なくとも自由主義者たちがいうような自由を抑圧することができるとしたら社会を真に自由にするものはなんなのであろうか




    ミルやコンスタン、トックヴィルにとってさらにかれらの属する自由主義的伝統にとっては、社会がとにかく二つの相関的な原理によって支配 〔 統治 〕 されるのでなければ自由ではないその一つの原理は権力ではなくしてただ権利のみが絶対的なものとみなされうるしたがっていかなる権力が支配 〔 統治 〕 していようともすべての人間には非人間的な行為をすることを拒否する絶対的な権利があるということである


    第二の原理は人間がその内部を決して侵されてはならない境界線はなんら人為的に引かれたものなのではなく歴史上永く受け入れられてきた規則によって定められたものであるしたがってこの境界線を守ることは一個の正常な人間であるとはどういうことかそれゆえにまた非人間的ないし狂気の行動とはどういうものかという概念そのもののうちに入っているのであってその諸規則がたとえばある宮廷なり主権者なりの側での形式的な手続きによって廃棄されうるなどということはまったく不合理なことであるというにある。』

    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する