FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  「想定敵国(対象国)」を示さない、今の日本の国家安全保障戦略体系の致命的欠陥 ~ 「仮想敵国」はどこ?

    「想定敵国(対象国)」を示さない、今の日本の国家安全保障戦略体系の致命的欠陥 ~ 「仮想敵国」はどこ?

    ekfjfhdf2.jpg

    本日のキーワード : 仮想敵国、ロシア連邦、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国



    仮想敵国(かそうてきこく、英: hypothetical enemy)は、軍事戦略・作戦用兵計画を作成するうえにおいて軍事的な衝突が発生すると想定される国をいう。一部には仮想敵国イコール敵国との誤解も存在するが、必ずしも敵国となるという意味ではなくあくまでも想定である旧日本軍では「想定敵国」自衛隊用語では「対象国」と呼ぶ

    本日の書物 : 『歴史の教訓 ― 「失敗の本質」と国家戦略』 兼原 信克 新潮社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 日露戦争が終わった後【日本の国家安全保障戦略上、特筆すべき文書】書かれている【第一次帝国国防方針】である。起案したのは後の総理大臣で、陸軍長州閥最後の大物である【田中義一】(当時中佐)である。田中の起草した案文を山縣有朋が明治天皇に奏上したこの帝国国防方針は、【戦略的思考に貫かれ、現在の国家安全保障戦略体系に近く、その論理の組み立て方は現在のものよりも優れている】

    田中義一(たなかぎいち)
    田中義一

     第一次帝国国防方針では、【日英同盟を前提】にして【国家戦略と言うべき「国防方針」を定め】、その下での【軍事戦略というべき「用兵綱領」を定め】、最後に【防衛戦略というべき「所要兵力」を定めている】。何が優れているかというと、【対英協調外交を軸】にして【仮想敵と味方を分け】【仮想敵(筆頭はロシア、続いて米仏独)を分類して戦い方を構想】し、そのために【必要な防衛力整備を提案】しようという、その【合理的な考え方】である。【「国防方針」「用兵綱領」「所要兵力」が三位一体になっている】ところが素晴らしい。



     この考え方は、【国家安全保障戦略、防衛戦略、軍事戦略という三本柱からなる米国の国家安全保障戦略体系と同様】であり、【戦略的思考の基本に忠実】である。



    なお【今の日本の国家安全保障戦略体系には】国家安全保障戦略があり、その下に防衛装備調達の基本方針を示す防衛大綱(事実上の国防戦略。帝国国防方針の「所要兵力」に相当)が揃っているが【帝国国防方針にいう「用兵綱領」、すなわち統合軍事戦略がない】【ありうべき紛争シナリオを国民に説明し、陸海空三軍の統合運用計画に関して政治指導者の了承を得る、という作業が為されていない】からである。これは田中の【第一次国防方針と比較して、根本的な欠陥である】。』

    日の丸

    「マルクス主義者」の「積極的」な自由観がもたらす、「真」の自我に基づく支配


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、平成25年(2013年)に、戦後初めて「国家戦略」を策定する仕組みが誕生した我が国歴史を、明治から昭和にかけて振り返りつつ、「国家戦略」というものが一体どういったものであるべきか、また、それが如何に重要であるか解説されている良書で、大日本帝国が滅亡した理由も、「国家戦略」というものが存在していなかったからだということが明らかにされるお薦めの書物になります

    読書 10-126

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    tefsdue.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 227,421(226,211)÷8,837,688(8,740,824)=0.0257・・・(0.0258) 「2.57%(2.58%)」
    tefsdue1.jpg

    イタリア : 37,905(37,700)÷589,766(564,778)=0.0642・・・(0.0667) 「6.42%(6.67%)」
    tefsdue2.jpg

    日本 : 1,731(1,726)÷98,877(98,146)=0.0175・・・(0.0175) 「1.75%(1.75%)」
    tefsdue3.jpg



















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、ここからは昨日の続きになりますが、カール・マルクスユダヤ人に対する偏見・ヘイトから生じたイデオロギーである「マルクス主義」は、その後も表向きの形を変ながら現代においても“辛うじて”生き残っていますが、


    デヴィッド・ハーヴェイ
    デヴィッド・ハーヴェイ

    新自由主義―その歴史的展開と現在 

    例えば、デヴィッド・ハーヴェイマルクス主義の地理学者で、いわゆる「新自由主義」を誤った解釈に基づいて批判した人物で、

    官僚たちが、民間企業の活動をあれこれと指図する「規制」は、本当に必要ですか?


    以前にも書かせて頂きましたが(→「新自由主義」の本質が理解できない人々の主張 → 「弱肉強食」「大きな政府から小さな政府への展開」「ハイエクガー」)、「全体主義の脅威」を目前にした自由主義体制側の“自由主義再生の潮流”こそが「新自由主義」と呼ばれるもので、それは「国家の法的介入」に関心を寄せた自由主義体制側の変革になります。このデヴィッド・ハーヴェイ定義するところの「デヴィッド・ハーヴェイの新自由主義」「マルクス主義」から生じているものであり(→日本の官僚たちの理想は、「行政国家」です! ~ 「官僚の、官僚による、官僚のための政治の実現」)、より正確に言うとレフ・トロツキーが批判していたものと同じであり(→“自由全体主義” ~ 新自由主義(ネオリベラリズム)のはじまり )、トロツキー以後の西欧の「トロツキー主義左翼(反スターリン主義的マルクス主義者)」がほぼ共有する考え方になります(→現代の“ハルマゲドン” ~ 「おパヨク」 V.S. 「自由」)。

    女性 ポイント ひとつ

    そこで、「デヴィッド・ハーヴェイの新自由主義」ではない本来の「新自由主義」を考える場合に、よく比較対象にされる「ケインズ主義」について、現在次の論文で、「ケインズ主義」の変遷を確認しているところになります。

    kedjhfug.jpg
    『ケインズ主義政策戦略の変転』 野口 旭

    また、参考書として、次の書物もお勧めさせて頂きます。

    世界は危機を克服する:ケインズ主義2・0 2

    世界は危機を克服する:ケインズ主義2・0 

    それでは早速、続きを見て参りましょう。なお、補足的なことはすでに以前に書かせて頂いておりますので、下記のリンク先を御覧下さいませ。

    『 2.ケインズ主義はなぜ死ななかったのか

     ・・・その後の現実は二つの点において、このルーカスの予測を裏切った第一にルーカスらの考えは確かにマクロ経済学に革命を引き起こしたが、それは「30歳のケインジアン」を根絶やしにすることはなかった。実際にはその後ニュー・ケインジアンと呼ばれるようになる新しい世代のケインジアンたちが現れた。彼らは、ケインズ的な考えを放棄して新しい古典派に転向するのではなく、ルーカスら新しい古典派の考えや分析用具をも取り込んだ新しいケインズ経済学を構築し始めたのである。第二に、それから30年たっても40年たっても、新しい古典派がケインジアンたちを駆逐して政策世界を支配するという事態は生じなかった


    ロバート・ルーカス
    ロバート・ルーカス

    ネオ・クラシカルとニュー・クラシカルとケインズ経済学

     ニュー・ケインジアンを代表する一人であるグレゴリー・マンキューは、2006年に公表された「科学者と工学者としてのマクロ経済学者」(Mankiw[2006])の中で、以下のように述べている。

     「 新しい古典派一派の先導者たちの中で、学究的世界を離れて国政の重要な職に就いた者は、(私の知る限り)一人もいない対照的にニュー・ケインジアンの動向はこれに先立つ世代のケインジアンたちと同様に、象牙の塔を出て数年を国家の首都で過ごした人々で溢れているそうした例として、スタンリー・フィッシャーラリー・サマーズジョセフ・スティグリッツジャネット・イェレンジョン・テイラーリチャード・クラリダベン・バーナンキそして私が挙げられる。最初の4人はクリントン時代にワシントンへ行き後の4人はブッシュ時代にそこに行った新しい古典派ニュー・ケインジアン分け隔てるものは、基本的には、政治的な右派と左派ではない。それはかなりの程度まで、純粋な科学者と経済学的工学者の違いによるものである」(Mankiw[2006]p.37)

    つまり、政策世界闊歩していたのは、昔も今も結局はケインジアンたちだったということである。』


    グレゴリー・マンキュー
    グレゴリー・マンキュー

    マンキュー入門経済学(第3版)

    ジョン・メイナード・ケインズ 1933年
    ジョン・メイナード・ケインズ 1933年

    「スターリン」と「ヒトラー」の決定的な違い

    資本主義・社会主義11

    それでは本日の最後になりますが、昨日に続きまして、アイザイア・バーリンが提唱した「消極的自由」(~からの自由)「積極的自由」(~への自由)について語った、1958年10月31日にオックスフォード大学での就任講演の内容を御紹介させて頂きたいと思います。

    timeline_20201016_192542.jpg

    アイザイア・バーリン
    アイザイア・バーリン

    自由論【新装版】 

    『 二つの自由概念

    「積極的」自由の概念

    ・・・もしあるひと現にそうでない、少なくともまだそうでないあるものであるならば、そのひとが選ぶであろうところのものと、そのひとが現実に求め選択するものとを同等視するところには一種の偽装が行われているわけだが、このおそろしい偽装は政治上のあらゆる自己実現 〔 self-realization 〕 説の核心をなすものである。目がくらんでいて見ることのできないわたくし自身の善のためにわたくしが強制されてよいということと、もしそれがわたくしの善であるならば、わたくしは強制されているのではないなぜなら、わたくしが知ろうと知るまいとわたくしはそれを意志したのであり、わたくしの貧弱なこの地上の肉体や愚かしい心がそれを手きびしくしりぞけそれをわたくしに強いようとするひとに対して必死にあらがおうともそのときにおいてさえわたくしは自由なのだからということとは、まったく別のことなのである。この魔術的な変換あるいは奇術ウィリアム・ジェームズがヘーゲル主義者たちを見事に嘲弄(ちょうろう)していった言葉自由の「消極的」概念についても同様にやすやすと行われうることは明らかである


    女性 ポイント ひとつ

    この場合には、干渉されてはならない自我もはや普通に考えられるような現実の願望と要求をもった個人的自我ではなく、経験的自我の夢想だにしない理想的目的の追求と一体化された内なる「真実」の人間である。そして、「積極的」な意味で自由な自我の場合と同じくこの実体はある超個人的な実態 ―― 国家、階級、国民、歴史の進行そのもの ―― にまで拡大されて、経験的な自我よりもいっそう「真実」な、諸属性の主体とみなされる

    女性 ポイント これ

    ところで、自己支配としての「積極的」な自由観は、人間の自己分裂を示唆するものであるから、この人格の二分化に手をかすのはいともたやすいことである。つまり、超越的・支配的な統制者訓練され服従させらるべき一群の経験的な欲求や情念と。これは自由観というものが、自我・個人・人間を構成しているものはなにかという人間観直接に由来しているものであることを証明している(これほど明白な心理が証明を必要とするのであるならば)。人間の定義にあれこれ細工を加えればその人の思いのままの意味を自由という言葉に与えることができるわけだ。近似の歴史を見てもこれは明々白々たる事実で、この問題はたんなるアカデミックな問題ではないのである。

     この二つの自我を区別することからもたらされる結果は、自己支配 ―― 「真」の自我による支配 ―― の欲求歴史的にとった二つの主要な形態考えてみれば、さらにいっそう明瞭になるであろう。一つは独立達成のための自己否定という形態であり、もう一つは同一の目的達成のための自己実現、いいかえれば特殊な原理ないし理想との全面的な自己同一化という形態である。』


    女性 悩む 103

    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。








    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する