FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  国際 >  全体主義体制・共産主義体制と戦うために必要なもの

    全体主義体制・共産主義体制と戦うために必要なもの

    ekdhsgd_20201003213829f5d.jpg

    本日のキーワード : 繁栄、保守自由主義



    繁栄(はんえい) : 豊かにさかえることさかえて発展すること。「社会の繁栄」「子孫が繁栄する」

    本日の書物 : 『インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向』 江崎道朗 青林堂



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 本書では、バルト三国やポーランドの例を引き合いに出して、【ソ連主導の共産主義体制】のもとでは、インテリジェンス機関や治安機関は、【言論の自由を否定】しスパイ防止法に基づいて【人権を弾圧】する機関になってしまうことを指摘しました。



     スパイ防止法を制定しても【共産党】のような【一党独裁】を掲げる【全体主義政党】が政権を握ると瞬く間に【国民弾圧】法に様変わりしてしまう恐ろしさは、ご理解いただけたと思います。



     このため欧州議会も、【ナチス・ドイツとソ連】といった【全体主義体制】を【断固として拒否】し、【自由主義体制を守る】決議を採決したわけです。

     この欧州議会と連動して【共産主義の問題点】を広く訴えているのが、アメリカのドナルド・トランプ大統領です。…



     トランプ大統領を始めとする【アメリカの保守派】は、【旧ソ連や中国共産党政権、そして北朝鮮といった共産党一党独裁体制】【厳しく批判】しています。ですが【共産主義体制を批判するだけではダメ】だと考えているのが【アメリカの保守派】なのです。



     何よりもアメリカ自身が【「自由主義の国である」ことが重要】であり、【保守自由主義】のもとでアメリカを【繁栄させること】こそ【共産主義体制と戦うために必要】だと考えているのです。

    ポイント 女性

     では【「保守自由主義」とはいかなるものなのか】。』

    日の丸

    資本主義の精神=勤勉、社会主義の精神=怠惰


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、現代国際社会において顕著に見られる、「自由民主主義」「国家社会主義(共産主義・社会主義)」との対立の構図どのように考えていけば良いのか、また、私たちの日本はどちら側に立つべきか、さらに、そのためには何をする必要があるのか、といった問題について整理できる書物で、勘違いされがちな「インテリジェンス」についての分かりやすい解説もありその重要性についてより一層理解が深まるお薦めの良書になります。

    読書 10-086

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    cccplgqas.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 209,749(209,042)÷7,412,911(7,358,559)=0.0282・・・(0.0284) 「2.82%(2.84%)」
    cccplgqas1.jpg

    イタリア : 35,986(35,968)÷325,329(322,751)=0.1106・・・(0.1114) 「11.06%(11.14%)」
    cccplgqas2.jpg

    日本 : 1,598(1,594)÷85,746(85,345)=0.0186・・・(0.0186) 「1.86%(1.86%)」
    cccplgqas3.jpg


















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、昨日の続きになりますが、これまでのところで(→社会の平和度を高めるために必要なものは?)、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」の騒動をきっかけとして、根拠の無い妄想を繰り広げる「おパヨク」を例に挙げながら、他方で、キリスト教世界である西洋社会の根底にある、1000年以上の歴史を誇る「反ユダヤ主義」の伝統を受け継いだ2人の正真正銘の「反ユダヤ主義者」「社会主義者」でもあった、ヒトラーマルクスについて触れさせて頂いたうえで、

    ヒトラーとマルクス

    ヘーゲルを誤解・曲解した挙句それまでに培われてきた西欧民主主義を否定・断絶する形「マルクス主義」を生み出し、やがて生じる「プロレタリアート」なる架空の階層による「暴力的革命」正当化する理論的根拠(←もちろん、デタラメな理論でしかないのですがw)を与えた重罪人であるカール・マルクスに、その後も連綿と連なり現代に至る大まかな流れについて、論文のご紹介を交えながら書かせて頂きました



    で、今どきマルクス主義を強調するような「おバカ」な国家主席居ちゃったりする有様なので、



    マルクスと同じく「反ユダヤ主義」著名ドイツの哲学者ナチス党員でもあったマルティン・ハイデッガーその弟子たち(“ポリコレの父”であるフランクフルト学派のマルクーゼを含む)の「危険な哲学」、すなわち左翼リベラル(自称リベラルで中身はコミュニタリアン)が大好きな「共同体主義(コミュニタリアリズム)」という幻想についても確認してきました。

    ハイデガーとナチズム 

    ハイデガーの子どもたち―アーレント/レーヴィット/ヨーナス/マルクーゼ 

    そして、以上のことを踏まえた上で、マルクス主義の“致命的な間違い・勘違い”がどこにあったのか(すでに過去の遺物でしかないために過去形で表現させて頂いておりますw)を御理解頂くために、次の論文をご紹介させて頂いているところになります。

    これ 女性

    マルクス主義と希少性
    『マルクス主義と稀少性』堀川哲



    それでは、昨日の続きを見て参りましょう。

    社会の平和度

    社会の平和度2

    1875年のマルクス
    1875年のマルクス

    『 ソ連崩壊

     ・・・こうみていくと皮肉なことだが、社会主義の存在理由は、トロツキーの言うところとは違って労働生産性を高めないところにあると言えそうである。


    女性 ポイント これ

    レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー
    レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー

    ソ連・共産主義体制と中国・共産主義体制の「人権侵害」

    裏切られた革命 

    社会主義本質的に勤勉であることの動機を欠いている人間が勤勉になるには自分の努力の成果は、他人や「社会」のものになるのではなくただ「私」のものになるという法的環境が必要である。次に人間は勤勉であるためには競争の環境におかれる必要がある。ところが社会主義というものは、本質的に、この2つの要素を欠いている存在であり、またこれら要素を欠いていることを誇りとするシステムであるだから社会主義システムにおいて労働生産性を持続的に引き上げていくというのはとても難しいことである。それゆえ社会主義では「スタハノフ運動」とか「千里馬運動(チョルリマうんどう)」といった精神主義が強調されることにもなるわけだが、これが連呼されるという事実このスローガンの空虚さを物語っている自然にほうっておくと熱心に働く人間は誰もいなくなるから不自然なイデオロギー的なあおりが必要になるのである。

    子供 笑う 女性

     見方を変えれば、むしろ社会主義の本質は怠惰・停滞にあると居直る方向もある。我々が安楽に暮らしていくための生産力は資本主義がつくり出してくれる。社会主義は資本主義から継承した生産力をさらに高めるというよりも、それを安楽のために利用するシステムだ、と考えることもできよう。資本主義の精神が勤勉であるとすれば社会主義の精神は怠惰である

    女性 ポイント ひとつ

     マルクスの場合には、社会が経済を制御しようとするようになれば、自動的に労働生産性は向上すると考えている。この場合、彼が勤勉への刺激をどう考えていたのか、それが問題になるが、マルクスはオートメーション化を予想していたのだ、とみれば理屈は通じないこともない。機械装置には物質的刺激は必要ないからである。機械は、人間と違って、だまって働く。財の生産過程がもはや人的労働力に依存するのではなく、科学・技術水準に依存する、そうした場面をマルクスは考えていたと思われる。これも近代特有のユートピアであるが、ありえないはなしではない。』


    資本主義・社会主義1

    本日ご紹介させて頂いた本文中の最後のところで、「保守自由主義」という言葉が登場していましたが、上の図でどこに位置するものかイメージできますでしょうか?

    悩む女の子2

    これまでに書かせて頂いたことも全部合わせてプロットしてみますと、次のようになります。

    資本主義・社会主義9

    で、その「保守自由主義」がどのような考え方なのかは、次回以降、本書を読み進めていくことで理解できるようになりますが、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する