FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  ワンちゃんと行く伊豆半島 ~ アットホームな雰囲気の中、沢山のワンちゃんと過ごす南伊豆のお宿

    ワンちゃんと行く伊豆半島 ~ アットホームな雰囲気の中、沢山のワンちゃんと過ごす南伊豆のお宿

    伊豆202008 33

    本日のキーワード : 新左翼、チュチェ思想



    新左翼(しんさよく、ニューレフト、英語: New Left)とは、第二次世界大戦後の1960年代に、欧米や日本などの先進国において主に大学生大学院生や青年労働者によって構成された革命を志向する左翼的な政治運動、政治勢力のこと

    日本の新左翼(にほんのしんさよく)は、日本において新左翼と呼ばれる政治思想や政治運動、政治勢力のこと対比語は既成左翼

    本日の書物 : 『北海道が危ない!』 砂澤 陣  扶桑社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 60年代から70年代に活動した【新左翼】には、【革マル派】【中核派】【連合赤軍】【ブント系諸派】【東アジア反日武装戦線】【社青同解放派】など多数の派閥が存在した。

    枝野



    社青同解放派には、民進党参議院議員だった【江田五月】氏や、日教組の政治団体である日本民主教育政治連盟に所属し、元北海道知事だった民進党衆議院議員(北海道第1区)の【横路孝弘】氏などが参加していた。

    枝野 ヘルメット



     北海道で学生運動の嵐が吹き荒れたのは、本州で既に学生運動が下火になっていた頃だった。【北海道大学】では、昭和44(1969)年9月に行われた「全北大一万人集会」をきっかけに、10月には【全共闘過激派】理学部を襲撃し、10月末までに工学部・農学部・図書館・大学本部を次々と襲い、占拠した。彼らは図書館などの施設に次々と放火し、大学側の教職員と過激派との間で投石や大乱闘が展開された【この北大紛争には本州からも相当数の活動家たちが参加した】が、11月8日に約3000人の機動隊が出動し、紛争は制圧された

    立憲民主党 枝野 まっとう



     ひと頃は大衆的支持を得た【新左翼】だったが、【「内ゲバ」】と呼ばれた【新左翼同士の殺し合い】や、【仲間内のリンチ殺人事件】【多発】し、次第に【その暴力的傾向が国民に明らかになる】


    有田 芳生 1



     【赤軍派】による【「よど号ハイジャック事件」】(昭和45年)、【連合赤軍】による【「あさま山荘事件」】(昭和47年)、【東アジア反日武装戦線】による【連続企業爆破事件】(昭和49〜50年)、【国際テロ組織】【日本赤軍】が世界各地の空港で乱射事件や航空機ハイジャック事件を起こした【「日本赤軍事件」】(1970〜80年代)など、【数々の犯罪】を起こし、国民から大きな反発を受けることとなった。』

    日の丸

    「マルクス主義」と「チュチェ思想」は「全体主義(ファシズム)」


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、アイヌ系日本人である著者が、「アイヌ利権」で私腹を肥やす「プロ・アイヌ(=アイヌ屋)」とそれに繋がる連中実名で暴きつつ「本当のアイヌ問題」「アイヌ問題の本質」を非常に分かりやすく解説して下さっている書物で、基本的なアイヌ問題を理解する上での必須の良書となります。

    ホンモノアイヌ

    そして、その上で、「北朝鮮」とその「チュチェ思想(主体思想)」が「アイヌ問題」と「アイヌ利権」に深く関与しているという事実を、私たち日本国民は知らなければならないと思います。

    読書 10-020

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    vxcppl.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 171,120(170,178)÷5,462,976(5,416,639)=0.0313・・・(0.0314) 「3.13%(3.14%)」
    vxcppl1.jpg

    イタリア : 35,405(35,400)÷254,636(254,235)=0.1390・・・(0.1392) 「13.90%(13.92%)」
    vxcppl2.jpg

    日本 : 1135(1111)÷57,617(56,702)=0.0196・・・(0.0195) 「1.96%(1.95%)」
    vxcppl3.jpg




















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    この夏休みに、伊豆半島へ小旅行に行ってきた我が家一向(もちろん愛犬ちゃんも一緒です)は、昼食を終えたあと、南伊豆の「石廊崎」にやって来ました。

    伊豆202008 31

    伊豆202008 30

    伊豆202008 29

    伊豆202008 28

    伊豆202008 27

    お世話になったお宿は、ここからすぐそばでしたが、一旦、来た道を引き返して、コンビニによって買い出しを済ませてから宿へと向かいました。

    伊豆202008 33

    その宿は『太陽人』さんで、初めて訪れたのですが、思っていた以上にアットホームな雰囲気で、沢山のワンちゃんとも触れあうことができて、昨年の『エンゼルフォレスト那須白河』と同様に(→太陽の明るさ ~ 太陽が元気なときも、そうでないときも、ほとんど変わらない)、かなり満足度の高いお薦めの施設でした💗

    伊豆202008 36
    愛犬と癒しのアジアンリゾート 海宿 太陽人【公式サイト】

    さて、ここからは昨日の続きになりますが、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」の騒動の最中に、“ワクチン陰謀論”“ワクチン有害説”などの類の「疑似科学(pseudoscience)」

    eokflgjjjjj.jpg

    あるいは、「マルクス主義の背後にいるのはユダヤ人」などという珍説を、恥ずかしげもなく主張あるいは妄信する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」について書かせて頂いているところになります。

    無知なewkefc114

    「無知なるマルキストのewkefc」
    「おバカ」な「おパヨク」という“塵芥”と、ヒトラーの「青写真」

    ポイント

    マルクス自身の言葉からも明らかなように、

    これ 女性

    『 社会がユダヤ教の経験的本質を、つまりはボロ儲けとその諸前提を廃棄できればユダヤ人の存在は即座に不可能になる。なぜならユダヤ教の主体的基礎すなわち実利的要求が人間化されるからであり、人間の私的存在と類的存在との抗争が止むからである。ユダヤ人の社会的解放とは社会をユダヤ教から解放することである。』

    『 ユダヤ教の現世的根拠とは何か。それは実利的欲求すなわち利己心である。ユダヤ人の現世的崇拝の対象は何か。それはボロ儲けである。ユダヤ人の現世的な神とは何か。それはカネである。・・・そうだとすれば、ボロ儲けとカネから、すなわちこの実際的で現実的なユダヤ教から解放されることが現代の自己解放ということになろう。』

    1875年のマルクス
    1875年のマルクス

    カール・マルクス正真正銘の「反ユダヤ主義者」で、その意味で、ヒトラーと同類であることは明白なのですが、

    アドルフ・ヒトラー 1938年
    アドルフ・ヒトラー 1938年

    それにも関わらず

    これ 女性

    『 マルクス主義の背後にいるのはユダヤ人 』  by ewkefc

    などと戯(たわ)けた珍説を唱える「おバカ」が実在していますので、折角なので、いわゆる「おパヨク」知りたがらない認めたがらない本当のマルクスの実像(=単なる「おバカ」のマルクス)について、少し考えてみたいと思い、次の論文から本当のマルクスの実像確認しているところになります。

    kedhurygsa.jpg
    『マルクス社会理論の形成とその問題性:社会主義崩壊とマルクスの責任をめぐって』 神田順司

    それでは昨日の続きを見て参りましょう。

    『 こうした未曽有の荒廃を引き起こしたボルシェヴィキの空想的で恣意的な政策は、レーニンの図式的なマルクス主義と深く関係している。レーニン『国家と革命』の中で、マルクスやエンゲルスの著作を引用しながら「国家とは階級支配の機関であり、ひとつの階級が他の階級を抑圧する機構であって、この抑圧を法にまで高め固定して創りあげた『秩序』である」といい、また「国家とはブルジョアという一握りの富者プロレタリアートという大多数の勤労者を『抑圧する暴力装置』である」と繰り返し断言している。』

    1895年のレーニン
    1895年のレーニン

    『 このような階級的国家観の中「普通選挙制度」「ブルジョワの支配の道具」と看做され、議会「『下賤(げせん)の』人々をたぶらかす特殊な目的でお喋りするだけ」の「腐敗した」機関として位置づけられる。』

    マルクス主義者レーニン斯(か)くも歪(いびつ)な国家観が御理解頂けますでしょうか?

    で、マルクス主義者レーニンは、こう考えました

    これ 女性

    『 プロレタリア革命の使命とは、したがってレーニンによれば、このような支配機構をひとつの権力から他の権力へ移行させることではなく、「それを粉砕すること」である。そして革命をユートピアに終わらせないためには、ただちに「すべての被搾取者と勤労者の武装せる前衛すなわちプロレタリアート」の支配を確立しなければならないという。それは一握りのブルジョワの「抑圧的暴力装置」としての「国家」から、「民衆の大多数の、つまり労働者や農民の“全体的暴力”によって抑圧者を抑え込む」体制への飛躍である。』

    つまり、少数の支配者による搾取システムである「国家」を破壊し、多数の民衆による“全体的暴力”を伴った少数の人々に対する搾取や抑圧を正当化しているわけで、少数か多数かの違いがあるだけで、暴力的な搾取や抑圧を肯定していることに変わりはないわけです。これがマルクス主義の本質であり、冒頭の動画(『チュチェ思想の基礎①~③』)にある「チュチェ思想」もまったく本質が同じものになります(笑)

    『 しかもこの体制はレーニンによればブルジョワにとっては「独裁的」であっても、大多数の「プロレタリアや無産者にとっては」それが彼ら民衆の権力なのだから「民主的」であるという。』

    多数派による暴力的な搾取や抑圧を肯定し、それを「民主的」だと言っているわけですが、チュチェ思想の「社会的存在(集団主義)」と同類の発想が見られます。それを別の言葉で表現すれば、「全体主義(ファシズム)」ということになります。

    『 したがってこの体制の「代表機関」には、体制自体がこのように労働者階級の総意を体現しているのだから、特別な機関としての議会も立法権と行政権の区分も議員の特権も存在しないという。もちろんレーニンにとって「人間は服従や統制そして『監督や会計係』なしにはやっていけない」だから、これまでの「国家官僚の命令」に替えて「武装せる労働者によって維持される厳格な鉄の規律」が導入されなければならないというのである。』

    女性 ポイント これ

    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する