FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  聞こえのいいレトリックに幻惑されたり騙され易い「おバカさん」

    聞こえのいいレトリックに幻惑されたり騙され易い「おバカさん」

    演説をするデモステネスの絵(ジャン・ジュール・アントワーヌ ルコント・デュ・ヌイ画)

    本日のキーワード : レトリック



    修辞学(しゅうじがく、rhetoric)は、弁論・叙述の技術に関する学問分野雄弁術弁論術説得術レトリックとも。

    欧州古代・中世で教養の中核を成していたが近代に衰退古代・中世の教育規範である自由七学芸の内の一つ基本的には演説の技術で、いかに聴衆を納得させるかを目的とするかなり政治的なものそのため修辞学では聴衆の心理操作が大きな位置を占めさらに演説をより魅力的に見せるために身ぶりや発声法なども重要視される

    演説で失敗後に議会を恥ずかしく去るデモステネス ウォルタークレーンによるイラスト



    本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『百田 : そういう風に【ソ連スパイの行動】を見ていくと【日本の戦後はソ連共産党やその傀儡の日本共産党に相当、歪められました】ね。先述したように、GHQ途中から【ソ連のスパイやそれに操られている勢力の存在】気づいて追放しているのですが、中途半端に終わりました。








     ともあれ、サンフランシスコ講和条約を調印して日本は、1952年に独立を回復しました。自由世界の多数の国々と講和して国際社会に復帰したのですが、日米安保体制も堅持することになり、当然、ソ連にとって都合よくありません。ソ連は日本が経済力の面で、潜在成長力の高い国であることを分かっていましたから、日本国が自由世界の陣営に入ることに強い警戒感を持っていました。




     それで【「講和条約締結を阻止しろ」という指令】を、戦時中に廃止した【コミンテルンを改めた新組織ともいうべきコミンフォルム】(1947年にスターリンらによって結成。主にソ連指揮下の欧州共産党を束ねた組織)から受けた【日本共産党や社会党左派などは揃って「単独講話反対」を口にしだす】

     時の【東大総長】の【南原繁】なども先頭に立った。こんなのは「容共リベラル」もいいところ。「すべての国と講和すべきで、単独講和はよくない」という主張でしたが、当時、【日本の講和に反対していたのはソ連とその衛星国家のチェコとポーランドだけ】英米仏など48カ国は賛成していた。【だから「単独講和」ではなく「(圧倒的)多数講和」】なのに、そういう【言葉のイメージ操作によって、朝日をはじめとする日本のマスコミは猛反対をしていた】「安保法案」を「戦争法案」と呼称していたのと同じ【左翼の卑怯なやり方は70年経っても同じ】です。







    朝日新聞 1203

    江崎 : 南原さんみたいな人を【「デュープス」】というのです。別に共産主義者でも党員でもないでしょうが、共産党などの【聞こえのいいレトリックに幻惑されたりだまされ易い人たちという意味】です。簡単な言い方をすると【「おバカさん」です】(笑)』

    日の丸

    「自分は良く知っている」という思い込み


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、当ブログでも何冊かご紹介させて頂いている著者らによる対談本で、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」によって次々とその正体が明らかにされている我が国だけではなく世界に存在する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」らが、如何にウイルスの如く蔓延(はびこ)っているのかを理解することができ、そんな「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」に対して有効な「抗体」・「免疫」を獲得するため「知識」盛り沢山に書かれているお薦めの良書となります。

    読書7-118

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    plmcvxv.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 151,570(150,034)÷4,472,963(4,390,491)=0.0338・・・(0.0341) 「3.38%(3.41%)」
    plmcvxv1.jpg

    イタリア : 35,132(35,129)÷247,158(246,776)=0.1421・・・(0.1423) 「14.21%(14.23%)」
    plmcvxv4.jpg

    日本 : 1007(1001)÷34,663(33,362)=0.0290・・・(0.0300) 「2.90%(3.00%)」
    plmcvxv3.jpg






















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、ここからは昨日の続きになりますが、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」の騒動の最中に、“ワクチン陰謀論”“ワクチン有害説”などの類の「疑似科学(pseudoscience)」主張あるいは妄信する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」について書かせて頂いているところになります。




    eokflgjjjjj.jpg

    「無知なるマルキストのewkefc」
    「おバカ」な「おパヨク」という“塵芥”と、ヒトラーの「青写真」

    女性 ポイント これ

    それでは、本日は、現在読み進めているところ(もう少しで読了します)の次の書物の第6章で紹介されている、とある論文で出された課題を、次回以降の宿題として書かせて頂きますので、ぜひ、みなさんも頑張ってチャレンジしてみて下さい

    賢い人ほど騙される 心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて  

    まず、大前提と致しまして、この問題を解くにあたって知っておかなければならない予備知識があります。

    悩む女の子2

    それは「自転車」というものを知っているということです。

    もしも「自転車」というものを、これまでに知らない・見たこともないという方々には、この問題に解答することは無理ですので、無視していただいて結構です。

    それでは、第一の質問です。

    《 First, please can you rate your knowledge of how bicycles work on a scale from 1 to 7 where 1means “I know little or nothing about how bicycles work” and 7 means “I have a thorough knowledge of how bicycles work”. You do not need to be an expert to give yourself a “7” rating—an expert would be rated as 7++. Also, you should rate how much you know, not how much you think you know compared to other people. Rating: _______ 》

    ( まず、あなたの自転車の仕組みについての知識を1から7の間で評価して下さい。1は「自転車の仕組みをほとんど知らない」という意味で、7は「自転車の仕組みを熟知している」という意味です。7と評価するのに専門家である必要はありません ― 専門家は7++と評価されます。また、他の人と比べて自分が知っていると思っているかではなく、自分がどれだけ知っているかを評価してください。評価 : _______ )

    女性 悩む 02

    続いて、第二の質問です。

    ehdgetsid.jpg

    《 Second, as best you can, please fill in on the above schematic bicycle drawing the main bits of the frame of the bicycle that you think are missing, the pedals and the bicycle chain. Use the symbols given on the right of the drawing to show the frame, pedals and chain. 》

    ( 第二に、あなたができる限り、上記の模式的な自転車の図面に、欠けていると思われる自転車のフレーム、ペダル、チェーンの主要パーツを記入してください。図の右にある記号を使って、フレーム、ペダル、チェーンを示してください。)

    悩む 女性 1001

    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。













    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する