FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  ワクチン陰謀論、ワクチン有害説、共産主義、そして「宗教」

    ワクチン陰謀論、ワクチン有害説、共産主義、そして「宗教」

    religion.jpg

    本日のキーワード : 陰謀論、宗教、共産主義



    宗教(しゅうきょう、英: religion)とは、一般に人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念でありまたその観念体系にもとづく教義儀礼施設組織などをそなえた社会集団のことである

    本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『江崎 : 終戦が間近に迫った1945年2月のヤルタに、米英ソの首脳(ルーズベルト、チャーチル、スターリン)が集まり、第二次世界大戦後の国際体制について話し合いが行われました。老齢で【判断力が低下していたルーズベルト】大統領の側近【アルジャー・ヒス】が舞台裏で【暗躍】し、世界を【ソ連に有利な形】で分け合う戦後のレジュームを作りました。それが【東西冷戦の原因にもなった】のです。ソ連の対日参戦と千島列島の編入もこの時に取り決められた【ヒス】は政府高官とはいえ、彼が【ヤルタ会談全体を仕切ってしまった】

    アルジャー・ヒス
    アルジャー・ヒス

     【アメリカ軍の幹部たち】はヤルタ会談で「絶対、ソ連に譲歩をしたらダメだ」と強くルーズベルト大統領に進言していました。【「ソ連の対日参戦もノーというべきだ」】と。そのレポートをアメリカ軍はホワイトハウスに送るのです。しかし、ホワイトハウスに送られてきた文書をチェックするのが【アルジャー・ヒス】です。このレポートをヒスは【すべて握りつぶした】のです。



    百田 : 酷いですね。これで1945年8月9日に【ソ連が日本との中立条約を破って参戦する】わけですね。これはヤルタ会談でスターリンはルーズベルトと約束していた。それを【後ろで操っていたのが、スターリンの手下だった】というわけですね。

    江崎 : そうです。この時、アメリカ国務省幹部に【ジョセフ・グルー】というストロングジャパン派の人がいました。元駐日大使の日本通で【国務次官】でした。ところが、そんな政府高官が【ヤルタ会談から完全に外されている】のです。なのに【局長クラスの人間(アルジャー・ヒス)がヤルタ会談に行って仕切っている】わけです。

    百田 : あの頃の【ルーズベルトは認知症で半分頭がボケていた】という話もある。正常な判断力を失っていてアルジャー・ヒスにいいように操られた可能性が高い



    江崎 : 【この歴史を今、アメリカ軍の情報将校クラスは懸命に学んでいます】。前述しましたが、敵にホワイトハウスを乗っ取られたらアウトなのです。』

    日の丸

    証明することも、反証することも出来ないモノって、な~んだ?


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、当ブログでも何冊かご紹介させて頂いている著者らによる対談本で、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」によって次々とその正体が明らかにされている我が国だけではなく世界に存在する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」らが、如何にウイルスの如く蔓延(はびこ)っているのかを理解することができ、そんな「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」に対して有効な「抗体」・「免疫」を獲得するため「知識」盛り沢山に書かれているお薦めの良書となります。

    読書7-121

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    kedhsgedi.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 148,009(146,934)÷4,287,974(4,233,764)=0.0345・・・(0.0347) 「3.45%(3.47%)」
    kedhsgedi1.jpg

    イタリア : 35,112(35,107)÷246,286(246,118)=0.1425・・・(0.1426) 「14.25%(14.26%)」
    kedhsgedi2.jpg

    日本 : 998(998)÷31,122(30,519)=0.0320・・・(0.0327) 「3.20%(3.27%)」
    kedhsgedi3.jpg
















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、ここからは昨日の続きになりますが、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」の騒動の最中に、“ワクチン陰謀論”“ワクチン有害説”などの類の「疑似科学(pseudoscience)」主張あるいは妄信する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」について書かせて頂いているところになります。




    eokflgjjjjj.jpg

    「無知なるマルキストのewkefc」
    「おバカ」な「おパヨク」という“塵芥”と、ヒトラーの「青写真」

    女性 ポイント これ

    昨日のところでは、現在読み進めているところ(もう少しで読了します)の次の書物の中から、

    賢い人ほど騙される 心と脳に仕掛けられた「落とし穴」のすべて  

    大東亜戦争中に、「日系人の強制収容」積極的に推進したことで有名アール・ウォーレンについての記述を参照することで、典型的な「陰謀論」の解釈のスタイル(様式)、つまり、「陰謀論」にハマる人の思考回路次の6つの特徴の内、どれに該当するのかを実際に考えて頂きたいと思い、一部を虫食い状態にして引用させて頂きました。

    ① 「答えのない疑問」であると考える

    ② 「見た目通りのものはない」と考える

    ③ 陰謀家は“全知全能者”であると考える

    ④ 陰謀家は“邪悪で野心を抱いている極悪人”であると考える

    ⑤ 些細な「異常」の追及に固執し、陰謀論に結び付けようと考える

    ⑥ 陰謀論には反論できないと考える


    アール・ウォーレン
    アール・ウォーレン

    で、本来の文章が次のようになります。

    《 アール・ウォーレンは、ケネディ大統領暗殺事件の最初の公式捜査を担当した。ウォーレン委員会での名ばかりの役割でよく知られている。その活躍により、ケネディ暗殺に関する陰謀論の多くで重要な人物とされ、広範囲にわたる隠蔽工作の名目上のリーダーと言われている。

     したがって、その20年前にウォーレン自身が、私たちが定義に含めようとしている、陰謀論支持者のスタイルの( 最後 )のテーマの正真正銘の――そして特に重大な――実例となっていたのは皮肉なことだ。陰謀論は、( 反論できない確固たる論理 )をもとにつくられる。そのため、( 陰謀を反証 )できるものは何一つない――( 陰謀論でない )という証拠すら示せない。

    1942年2月19日、フランクリン・ルーズベルト大統領が大統領令9066号の発効に署名し、国の一部を「軍地区」とし、そこから「すべての人を締め出すことができる」権限を陸軍長官に与えた。曖昧な表現だったが、その命令はある集団を念頭に置いて書かれていた。日本人の血を引く10万人以上の人(その半分はアメリカ国民だった)が、自分たちの家から追いたてられて収容所に送られた。そのような過激な行動が必要だと思われたのは、大統領令9066号で指摘されているように、「戦争を成功させるには、銃後で行われるかもしれないスパイ活動や妨害行為に対してあらゆる防御が必要だからだ」。

     では、日本人の子孫が戦争を妨害する陰謀を働くという証拠は何だろうか? 日本人が真珠湾を攻撃してから6週間で、1つの妨害行為もなかった。そしてFBIは安全を脅かす証拠はなかったと結論づけた。

     だが、陰謀論に関して言えば、証拠がないというのは陰謀がうまくいっているということだ。当時、カリフォルニア州地方検事を務めていたアール・ウォーレンは、日本人収容問題のもっとも精力的な活動家の1人だった。ウォーレンは議会証言で「あいにく、私たちの多くと当局の何人か・・・は、戦争の初めから、この国では、妨害や第五列〔スパイ行為や敵国の進撃を助けるような裏切り行為をするグループ〕の活動がなかったために、私たちに対する何のもくろみもなかったという意見を持っている。だが、これはあらゆる状況で、もっとも不吉な前兆だと私は考える」と言った。妨害工作を行う人は、ただチャンスを探っているだけで、攻撃するのにふさわしい時期を待っているのだ、とウォーレンは委員会で述べた。「私たちは間違った安心感を与えられているだけだと思う」》


    このように、その答えは、「⑥ 陰謀論には反論できないと考える」になりますが、ここでご注意いただきたいのは、“ワクチン陰謀論”“ワクチン有害説”などの類の「疑似科学(pseudoscience)」主張あるいは妄信する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」は、「反証することができない」かつ「証明することができない」ものを信じているという点です。つまり「宗教」みたいなものを信じているということです

    女性 ポイント ひとつ

    「 擬似科学オカルト、あるいは宗教などといったものと科学はどこがどうちがうのか?・・・反証可能性――つまり、反証ができるかどうかということです。・・・ポパーは「科学」を定義しました。それは、「科学は、常に反証できるものである」というものです。・・・もしその理論がうまくいかないというような事例が一回でもでてしまえば、つまり反証されれば、その理論はダメになってしまうということです。・・・ようするに、決定的な証明などということは永遠にできない、というのです。・・・そこが、数学と科学との決定的なちがいでもあります。数学証明することができるんです。数学は概念ですからね。すべてが頭のなかのできごとです。ですから、一度証明してしまえば、それで決着です。でも、科学はそうではありません。科学は、頭のなかにある仮説がどれくらい頭の外、つまり物理世界と一致するかを問題にします。ですから、常に、より精密な実験によって反証される可能性が残っているんです。」(→「科学」と「数学」の違い

    「 イランの指導者だったホメイニ師が、『悪魔の詩』という本を焚書にして、作者を暗殺する命令をだしたことがありました。インド人でイスラム教徒の著者サルマン・ラシュディは、当時、イギリスに亡命しており、イギリス警察の厳重な保護により無事でしたが、日本ではこの本を翻訳した五十嵐一が勤め先の筑波大学で何者かに襲われ、喉(のど)を何度も切られて惨殺(ざんさつ)されました。いまだに犯人は捕まっていません。また、ほかの国々の翻訳者たちもつぎつぎに襲われ、トルコでは翻訳者の講演会が襲撃されて37名もの死亡者をだしています。さて、当時、院生の部屋で、この事件について激しい論争が起きました。わたしやカナダ人の学生たちは、言論と出版の自由からいって暗殺などとんでもない、と主張しました。一方、アルジェリアからの留学生たちがいて、彼らはイスラム教徒だったのですが、ホメイニ師の行動を擁護したのです。作者はイスラム教を冒涜したのだから暗殺に値する、というのです。それは宗教の話ですから、意見が一致しないのもやむをえませんが、わたしが驚いたのは、その後に、ひとりの優秀なアルジェリア人学生が、「素粒子を作ったのも本当はアラーの神だ」と発言したことでした。われわれは、みんな素粒子論を専攻する学生だったのですが、いまから考えると、そのアルジェリア人留学生は、科学をやっていたのではなかったんですね。なぜなら、彼の発言は絶対に反証できないからです。…

     ほかにもよくでてくる例でいえば、共産主義などといった政治思想もそうです。たとえば、共産主義の国がうまくいかずにつぎつぎと崩壊したのは記憶に新しいですよね。もし共産主義が科学的であるならば、うまくいかなかったんだから共産主義という考え方はダメだったんだ、ということになるわけです。しかし、実際はそうはなりませんよね。共産主義の国が倒れても、共産党は存在します。日本にも存在するし、ロシアにも残っています。つまり、まったく反証されていないわけです。…だからポパー曰く、共産主義は科学ではないんです。」
    (→共産主義は「科学ではない!」 









    女性 どうしよう

    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。









    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する