FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  日本の政治家とトランプ大統領との決定的な違い

    日本の政治家とトランプ大統領との決定的な違い

    不確定性関係

    本日のキーワード : ハイゼンベルク、不確定性原理



    ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク(Werner Karl Heisenberg, 1901年12月5日 - 1976年2月1日)は、ドイツの理論物理学者行列力学と不確定性原理によって量子力学に絶大な貢献をした

    ドイツ南部バイエルン州(生誕当時はバイエルン王国)ヴュルツブルクに生まれる。ミュンヘン大学のアルノルト・ゾンマーフェルトに学び、マックス・ボルンの下で助手を務めた後、1924年にコペンハーゲンのニールス・ボーアの下に留学。ボルンとパスカル・ヨルダンの協力を得ながら、1925年に行列力学(マトリックス力学)を1927年に不確定性原理を導いて量子力学の確立に大きく寄与した。1932年に31歳の若さでノーベル物理学賞を受賞

    不確定性関係2

    母国ドイツではナチス・ドイツの台頭で同僚の多くがドイツを去ったが、ハイゼンベルクはプランクからの「今は生き残るために妥協を強いられるにしても、破局の後の新しい時代のドイツのために残るべきだ」という助言もありドイツに残ることにし場の量子論や原子核の理論の研究を進めた

    ナチス政権下では、相対性理論及びユダヤ人物理学者を擁護する立場を取ったため、シュタルク、レーナルトらナチス党員の物理学者から、「白いユダヤ人」と呼ばれて強い攻撃に晒された。ナチス政府から召集され、第二次世界大戦中は原爆開発(通称「ウランクラブ」)に関わった。イギリスのベルリン空爆で、家を失ったが家族に犠牲はなかった。

    ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク
    ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク

    本日の書物 : 『危うい国・日本』 百田尚樹・江崎道朗  ワック



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 江崎 : 【政治家】というのは国家・国民のための施策を行う上で【国民の見解が分かれる時、どちらがより国民のためになるかの決断をし、その決断によって生じるすべての責任を一身に受け取るのが仕事】です。










     例えば、アメリカのトランプ大統領はイランの司令官スレイマニを爆殺しましたよね。あの時、【トランプ大統領は「自分の命令でやった」と明言】しました。【それは「仕返しに命を狙うのなら、俺(トランプ)だぞ」と言っているようなもの】です。イランのテロ組織から命を狙われるというのはかなり恐ろしい。しかも自分だけではなくて奥さんや、子ども、みんなの命が狙われるわけです。それが怖いから、これまでの歴代アメリカ大統領はイランと事を構えてこなかったわけです。

     そういうテロ集団と正面から闘うのが嫌だから、これまでの政権はお茶を濁してきた。それを【トランプは実行した】のです。

     確かに今回の暗殺の決定過程をつぶさにみれば、いろいろと問題はありますよ。しかし、【自らが決断してその全責任を取るというトランプの政治家、軍隊の最高指揮官としての姿勢は評価すべき】であり、【それが政治家のあるべき本来の姿】なのです。そういう【リスクを取ることが指導者の責務】だという事をトランプ大統領は分かっています。



     一方、【日本の政治家】【何かあると、言い訳をしてリスクを取ろうとしない】そんな責任回避の姿勢が日本の政治をダメにしてきたことをもう少し自覚した方がいいと思いますし、【有権者も政治家を甘やかしすぎ】だと思います。



    百田 : 【日本の議員】にとっての【最大の「リスク」】というのは、命を懸けるとか、体が傷つくというのではなく、【ただ「選挙に落ちる」ことが怖いだけ】実に情けない



    江崎 : 憲法、特に憲法解釈、運用などについてきちんと学んでいけば、憲法改正についてもっと自信をもって語ることができるようになるはずなのですが。

    百田 : でも、先ほどから繰り返し言っていますが、メディアに叩かれることを異常に恐れて、なにもできない。』

    日の丸

    確定的世界観と不確定的世界観


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、当ブログでも何冊かご紹介させて頂いている著者らによる対談本で、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」によって次々とその正体が明らかにされている我が国だけではなく世界に存在する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」らが、如何にウイルスの如く蔓延(はびこ)っているのかを理解することができ、そんな「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」に対して有効な「抗体」・「免疫」を獲得するため「知識」盛り沢山に書かれているお薦めの良書となります。

    読書7-97

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    ekjhgdfsh.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 139,948(138,910)÷3,697,554(3,622,709)=0.0378・・・(0.0383) 「3.78%(3.83%)」
    ekjhgdfsh1.jpg

    イタリア : 35,042(35,028)÷244,216(243,967)=0.1434・・・(0.1435) 「14.34%(14.35%)」
    ekjhgdfsh2.jpg

    日本 : 986(985)÷24,763(24,095)=0.0398・・・(0.0408) 「3.98%(4.08%)」
    ekjhgdfsh3.jpg

    ekdhrjf.jpg




















    目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画 

    さて、ここからは昨日の続きになりますが、今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」の騒動の最中に、“ワクチン陰謀論”“ワクチン有害説”などの類の「疑似科学(pseudoscience)」主張あるいは妄信する「おバカ(=“デュープス(Dupes)”)」について書かせて頂いているところになります。






    eokflgjjjjj.jpg

    「無知なるマルキストのewkefc」
    「おバカ」な「おパヨク」という“塵芥”と、ヒトラーの「青写真」

    女性 ポイント これ

    私たちの身近にあるスマホやタブレットやパソコンの中に搭載されている半導体の設計には、「現代物理学」である「量子力学」が用いられますが、その際、「シュレディンガー方程式」と呼ばれる「確率を表す波が満たす方程式」によって計算されています。

    ここで「確率」という「数学」の概念が登場していますが、先日も書かせて頂きましたように、「確率」の捉え方には、「客観的確率(客観確率/objective probability)」「主観的確率(主観確率/subjective probability)」とがあって、現在の統計学で主流となっているのは、「ベイズ主義」と呼ばれる「主観的確率」を容認する立場になります。つまり、「確率」と呼ばれているものはそもそも人間がそうなることを“期待しているだけ”の「主観的な信念あるいは信頼の度合い」であって客観的に求められるような真の確率などは存在しないとする考え方が主流になっているということです(→スウェーデン人とオランダ人と朝鮮人の共通点)。



    それでは、昨日の続きになりますが、上の動画の最後の部分で、「不確定性原理(Uncertainty principle)」について、「位置と運動量が両方確定している状態は存在しない」と解説されていますが、これこそが「量子力学」が前提とする考え方になっています。

    krhetdtegstd.jpg



    少しイメージしにくいかもしれませんので、次の動画もご紹介させて頂きますが、この世の中のあらゆるものは同時に「粒子」として振る舞い「波」として振る舞うのですが、「粒子」ある瞬間に一カ所に存在するもので、ある位置で見つかる確率は100%(残りの場所では0)と表すことができる一方「波」空間に拡がっているため、一カ所に位置を特定することができませんが、「波長」を測定することができ、その「波長」は「運動量」と関係しています。

    つまり、「粒子」「位置」が特定できるけれども「波長」がないので「運動量」が不明となり、逆に、「波」「波長」によって「運動量」がわかるものの「位置」が確定できないという関係になっています。

    そこで、「位置」と「運動量」の両方を持つ、つまり、「粒子」と「波」の性質を併せ持つそのような「量子的物体」を想定する場合「位置」と「運動量」の双方の確実性が失われることとなります。これが「不確定性原理(不確定性関係)」と呼ばれる理由です。


    ご参考までに、次の動画もご紹介させて頂きます。



    ということで、本日はここまでとさせて頂きます。










    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する