FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  (問題) 刑事裁判で裁かれるのは(     )である。  ← “#検察庁法改正案に抗議します”という連中が、ほとんど答えられない問題

    (問題) 刑事裁判で裁かれるのは(     )である。  ← “#検察庁法改正案に抗議します”という連中が、ほとんど答えられない問題

    カルロス・ゴーンに逃亡されるという前代未聞の失態を犯しながら、一切の責任を取らない公務員の稲田伸夫(いなだのぶお)

    本日のキーワード : 検察官



    検察官(けんさつかん)は、検察権行使の権限主体である。日本の検察官は、その全てが、国家公務員法2条2項の一般職国家公務員である。

    カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたが、2018年11月に東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕されその後解任された。保釈中の2019年12月に日本から密出国によりレバノンに逃亡し2020年1月2日に国際刑事警察機構により国際手配書(赤手配書)にて国際手配されている逃亡中の刑事被告人

    カルロス・ゴーン
    稲田伸夫がその責任を一切取らず、定年まで居座り続けようとしている横暴ぶりを象徴する逃亡中の刑事被告人

    本日の書物 : 『東大法学部という洗脳』 倉山 満  ビジネス社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 統治と人権


     【「八月革命説」】【宮澤憲法学の土台】とすれば、【人権尊重は軸】です。

    宮沢俊義
    宮澤俊義

     現在【憲法学】は主に【「人権」と「統治」の二つに分けられます】。最新の憲法学の教科書も、【人権(基本権)と統治(統治機構)の二冊に分かれている】のが常です。…

     【日本国憲法の条文は、全部で百三条】あります。第三章「国民の権利及び義務」があり、第十条から第四十条まで三十一条で構成されています。十条は国民の要件三十条が納税の義務ですから、【それ以外の国民の権利が人権規定】です。【第三章の二十九の条文は、他のすべてと対等】なのです。

    kledjshgd.jpg
    kledjshgd1.jpg
    kledjshgd2.jpg
    kledjshgd3.jpg
    kledjshgd4.jpg

     【これらは「人権カタログ」と呼ばれます】。…

    女性 ポイント これ

     【世界中で人権カタログが増えている】のは、趣味で書きこんでいるわけではありません。【国家統治に必要だから】です。【目的は国家統治】で【人権尊重は手段】なのです

    女性 ポイント ひとつ

    ところが【宮澤憲法学】は【目的と手段が逆になっています】

    宮沢俊義
    宮澤俊義

    ポイント 31

    その弟子筋が書いた憲法学の教科書では、いちばんはじめに人権と統治の関係を説明するのに、

    「立憲的意味での憲法とは人権が保障されるような政治社会のルールを定めたものであり、通常、保障されるべき人権のカタログを宣言・規定するとともにその保障に適した統治機構を定めている両者の関係は【目的としての人権】【その保障を達成すべき手段としての統治機構】としてとらえることができよう」(野中俊彦、中村睦男、高橋和之、高見勝利『憲法Ⅱ 第5版』有斐閣、2012年/初版1992年)、

    と書かれています

    高橋和之
    高橋和之

    憲法2 第5版 

    【これが土台となっている】ので【その後の憲法学の理解がまったく変わってしまい】、一般には保守派や改憲派と言われている政党や団体の憲法草案も、【もれなく宮澤憲法学の頭】で【「自分たちの政治的理念から望ましいと思われる人権カタログを増やそう」となってしまう】のです。』

    日の丸

    何を今さら? 朝日新聞グループと立憲民主党の「マッチポンプ」


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、多くの日本国民が今回の「武漢肺炎(COVID-19)禍」という困難な状況にある中でその禍(わざわい)を招き寄せさらに拡大させたのが「日本の官僚」で、それは「日本の官僚制度」によって拡大再生産されている「日本の弊害」であり、それを為すがままにそうさせている根本原因こそが、占領期に勝手に作られた「日本国憲法」を経典とし、その“絶対的な解釈”を構築した東京大学(あ)法学部憲法学教授・宮澤俊儀が創始した“カルト宗教”としての「東大憲法学」であることが理解できる書物で、その信者でもある「似非エリート官僚」が、我が国の国益を棄損させ日本国民の生活を困窮化させるという仕組みが、戦後一貫して、このような状況にあっても厳然と存在している事実を知らしめることで、改めて、何が必要なのか・何をしなければならないのか日本国民すべてに対して問いかけそして考えさせる良書となります。

    読書 4-4

    それでは本日も、いつものように、直近の「致死率」を確認しておきましょう。

    (死亡症例数)÷(感染症例数)=(致死率)

    ※(  )内は前回の数値

    ppoltgi.jpg
    Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

    アメリカ : 78,794(77,180)÷1,309,541(1,283,929)=0.06016・・・(0.06011) 「6.01%(6.01%)」
    ppoltgi1.jpg

    イタリア : 30,395(30,201)÷218,268(217,185)=0.13925・・・(0.13905) 「13.9%(13.9%)」
    ppoltgi2.jpg

    日本 : 607(590)÷15,663(15,575)=0.03875・・・(0.03788) 「3.87%(3.78%)」
    ppoltgi3.jpg





    上の動画の中でも、ケント・ギルバートさん日本国民の怒りを代弁する形で、声を荒げて国会議員と官僚の無能ぶりを叱咤されていましたが、日本国民の皆さん、非常に困難な状況にありますが、くれぐれも朝日新聞グループなどが撒き散らすデマなどに惑わされぬよう注意しつつ、世界に範を示すために、引き続き、「シューキンペイを避けること」を徹底しましょう💗

    シューキンペイ






    さて、日本のメディア報道やネット上で、何故か今頃になって急に数カ月遅れ「検察庁の人事」に絡んだ「検察庁法改正」が話題になっているようですが、一体何を今さら騒いでいるのでしょうか(笑)

    これ 女性

    ekdgsuehd.jpg
    検察庁法改正に抗議、ツイッターで470万超 著名人も:朝日新聞デジタル

    朝日新聞 1203

    さすが、デマ報道では安定感のある朝日新聞グループだけあって、“意図的に拡散されたモノ”を、実態も調べずに報道し、それに乗っかる形で、立憲民主党の「おバカ」が国会で取り上げるという構図になっていて、その「マッチポンプぶり」があからさま過ぎて笑えるのですが、

    立憲民主党 枝野 まっとう


    そもそも3か月前に立憲民主党の議員が当該の問題に対して質問しようとしていたのを邪魔していたのは誰だったのでしょうか(笑) その結果離党までしているのですが。。。

    lkkjkfjhsgsjd7.jpg
    【動画】野党がまた委員会退席!山尾志桜里議員「ちゃんとした議論がしたい」抵抗むなしく理事に連れ出される | KSL-Live!



    立憲民主党 枝野 まっとう

    当ブログでは、この話題を2月に書かせて頂いておりますが(→習近平国賓来日反対!!! チャイナ・マネーの政界工作を隠蔽するため、必死に茶番を演じる無能な国会議員たち)、今の今まで朝日新聞グループなどの「おバカ」なマスコミ連中どもや、役立たずの与野党を含めた国会議員どもは、一体、何をやっていたのでしょうか💗

    女性 ポイント ひとつ

    で、今回の茶番劇で最も問題となるのが、



    東京高等検察庁の検事長の定年延長を、「口頭の決裁」で勝手に決めてしまったデタラメまかり通るのか否かという点であって、

    morimasako98.jpg
    森法相、検事長の定年延長「口頭決裁もも正式な決裁だ」

    ここでゼッタイに理解しておかなければならないことは、選挙で選ばれたわけでもない既得権益集団の官僚ども、すなわち、矢面に立たされている国会議員を責めるだけに限らずその背後の隠れたところで横暴に振舞っている私たち日本国民の本当の敵こそを叩かなければならないということです。彼らにもその責任を取らせ罰を与えなければならないからです(→日本国民の本当の敵は、日本の国内に存在します)。

    近藤正春
    近藤正春・現内閣法制局長官

    で、次の記事にも書かれているように、「検察庁法改正」だとか「三権分立」だとかそもそもの「検察官」だとかがまったく理解できていない「おバカ」が散見されるのですが、


    この話題に参加する資格があるのは次の問に答えることができる方のみです。

    (問) 次の文章の(  )内に入る適切な語をA~Eの中から選べ。

    刑事裁判で裁かれるのは(     )である。

    A : 被告人
    B : 警察官
    C : 検察官
    D : 裁判官
    E : 弁護士



    この問に答えられないのであれば一からもう一度お勉強をやり直した上で、出直してきてくださいという類の問題になります(答えはこちら→日本の「逮捕」とアメリカの「逮捕」)。



    子供 笑う 女性

    それでは本日はここまでとさせて頂きますが、この話題に関しましては、次回以降でも書かせて頂きます。




    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する