FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  沖縄 >  「される」って、どう?

    「される」って、どう?

    head_title.gif

    PHP研究所
    いま沖縄で起きている大変なこと
    中国による「沖縄のクリミア化」が始まる
    著者 : 惠隆之介著 《拓殖大学客員教授、『八重山日報』論説委員長》

    『これら(通州事件、尼港事件)の事件のことは、

    沖縄戦当時も人々の記憶に生々しく残っていたのである。

    とくに通州事件では、【沖縄出身者】も数多く犠牲になっており、

    【那覇で市民葬】も執り行われている。

    【身内を虐殺】された人たちもいたのだ。

    また、尼港事件については、

    【戦前】、沖縄のメディアは何度もその記念日に報道している。』

    那覇で市民葬もあったんですね。。。でも、どうして、忘れ去られたのでしょう・・・

    琉球新報さんの記事にも書かれているんですが、ひとつ気になる点が。。。

    http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-153877-storytopic-5.html
    故郷に顕彰碑建立へ 沖縄初の外交官・田場盛義
    2009年12月7日

    【浦添】沖縄初の外交官、田場盛義(1894~1937)の足跡を振り返り、その高い志と勉学に打ち込んだ覇気を若者に伝えようと、出身地の浦添市当山で顕彰碑建立事業が進められている。当山区の住民を中心に研究者も交えて建立期成委員会(平敷光弘会長)を結成、2010年3月の完成を目指している。
     田場盛義は県立一中から東京外国語学校(現・東京外大)に進学、在学中に外務書記生試験に合格した。中国兵による反乱とされる「通州事件」で殉職するまで中国各地の領事館などに勤務した。中国から一時帰国した際は県内新聞に寄稿、砂糖など沖縄物産の対中国貿易振興を提言するなど故郷の発展にも関心を寄せていた。
     顕彰碑は田場の生家跡に近い当山小公園に建立を予定している。期成委員会の平敷会長は「新聞に載った沖縄への提言などを見ると、存命していれば必ず戦後の復興に貢献したであろう人物」と強調。また神山高成事務局長(当山自治会長)は「外交官になるという夢を実現させた尊さを訴えたい」と子どもへの教育効果に期待した。
     顕彰碑建立は5年前から自治会が取り組み、期成委員会は今年6月から本格的に活動している。顧問には田場を研究する又吉盛清沖縄大教授や、田場の親類の田場裕也さん(琉球コラソンGM)も参加。趣旨に賛同した樽井澄夫沖縄担当大使ら外務省沖縄事務所からも寄付があるという。
     期成委員会は建立に必要な資金が不足として賛同者の寄付も募っている。
     振込先は琉球銀行真栄原支店、普通398214(又吉安雄名義)。
    (金城潤)

    中国兵による反乱と”される”。。。「される」って何だか妙な表現ですけれど・・・沖縄弁なのでしょうか?

    いま沖縄で起きている大変なこといま沖縄で起きている大変なこと
    (2014/08/26)
    惠 隆之介

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する