FC2ブログ

    親子チョコ💗(300冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  小説 >  日本人だけが具現化できる理想世界

    日本人だけが具現化できる理想世界

    令和 3

    本日のキーワード : 山川草木悉皆成仏



    山川草木悉皆成仏 (さんせんそうもくしっかいじょうぶつ) : 眼に見えないすべてのものを含めこの世に存在するすべてのものが私たちを本来の姿に立ち返らせようとして間断なく働き変えているという意味。存在するすべての原始物質は、同じであり、すべてに仏性が宿るという考え方。

    令和 2

    本日の書物 : 『風の中のマリア』 百田尚樹 講談社



    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 いまは【スズメバチ】は完全に【悪役】になった。…ハエやカと同じで、【ハチも「いないほうがいい」】のである。

     じつは【そんな風に思っている人たち】にこそ、【この本を読んでもらえたら】、と心から思う。

    オオスズメバチ
    オオスズメバチ

    【オオスズメバチ】という生きものが、この【日本に、人類がやってくる以前から住んでいて、なんとも興味深い生き方をしている】この作品を読めば、それがきちんとわかるようになっているのである。

     【マリア】【擬人化されている】。「考えたり」、「つもりになったり」する。だからこの作品は【「文学」】ということになるのだが、中に載せられている図を見てもわかるとおり、【科学の本】といってもいいくらい、【ハチの生活】を事実に忠実になぞっている。…

    「悲しみの聖母マリア」 ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ
    「悲しみの聖母マリア」 ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ

     【虫】【「意識していないはず」】だと書いた。でも本当にそうだろうか

    女性 悩む 02

    最近では、【虫も寝る】ことがわかってきた。小さいけれども、【虫にも脳がある】。起きているときと、寝ているときで、脳の状態がはっきり違う。それがわかってきたのである。ということは、起きているときには【「意識みたいな活動」がある】に違いない。

    女性 ポイント ひとつ

     じつは【科学】【意識の謎を解明していない】意識とはなにか科学にはその定義ができないのである。【でもその意識こそが、「科学をやっている」】ではないか。

    ポイント 23

    だから【「意識がやっている科学」に、科学的根拠はない】。…ハチに意識があるかどうかそれを調べる「科学的」方法はない。著者はオオスズメバチに意識を持たせたが、それが「間違っている」という「科学的根拠」はじつはない。…そもそも相手にしている【「意識」という対象が、「科学的に」つまり客観的に定義できないんだから、当然なのである】。…

    ポイント 21

     【近代生物学】【ルネッサンス以来の欧米の社会思想の影響を受けて成立】している。そこでは【「個」を強く立てる】【そこに欠けているもの】はなにか。生きとし生けるものは、すべて【つながり】あっている。さらに世界のことごとくはたがいに【つながり】あってしまうそうした考え方であろう。【山川草木悉有仏性(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)】【縁起】といってもいい。

    ポイント 女性

     【田んぼ】【将来のあなた】を【含んでいる】。なぜって、そこに稲が生え、米がなり、それをあなたが食べて、あなたの身体ができるからである。同様にして、魚を食べれば、海があなたになる。【すべてはつながっている】じゃないですか。…

    だから、【オオスズメバチ】だって、【どこかであなたとつながっているかも】しれない。いや、【つながっているに違いない】のである。』

    日の丸

    「すべて繋がっている」のか「てんでばらばら」なのか


    いかがでしょうか?

    今回ご紹介させていただく書物は、あのベストセラー作家の小説で、オオスズメバチが主人公の物語で、読んでいるうちに、知らず知らず、不思議なハチの世界が理解できるようになります。数々のベストセラーを生み出している著者の凄さは、それぞれの著作物の切り口が、まったく異なっている点で、それを存分に味わうことができる良書となります。

    読書7-36

    いよいよ、私たち日本の新しい時代が始まりました💗 まずは、心から祝福いたしましょう。

    令和 1

    昨年の昭和天皇の誕生日に、我が家の仲間入りを果たした柴犬大喜びしています💗

    令和 4

    さて、今回は本書のあとがきからご紹介させて頂いておりますが、そこでは「西洋思想」の限界と、「東洋思想」の可能性について触れられています。

    ちなみに、この場合「東洋」には、「漢人(支那人)」や「朝鮮人」は含めません。そもそも、彼らは、北方の遊牧騎馬民族らの支配を受けた「雑種」に過ぎませんし、「儒教思想」であって「仏教思想」ではありません

    「漢人(支那人)」や「朝鮮人」に染み付いた性質は、どちらかというと、「自分だけ」、つまり「個」を重視する「西欧思想」に類似していて、そこに「儒教」の悪影響が混じり込んで形成されたものです。

    女性 笑い 笑う

    で、「西洋思想」と「東洋思想」の違いについては、これまでにも何度か書かせて頂いておりますが、まるで動物の如く本能のまま自分勝手に生きるのが「西洋思想」であり「漢人(支那人)」や「朝鮮人」に染み付いた性質でもあるのですが、それらを遥かに超越した素晴らしい思想である「東洋思想」を、まさに具現化しているのが私たち日本人になります。

    詳しくはこちらをご参照💗

    日本民族と「平等性智」

    日本の国という水槽の水の入れ替え方―憂国の随想集 

    もし、本当に心からそう思うことが出来なくても、それは、単に一時的に忘れてしまっているだけで、御自身の身体に深く染み付いているはずですので、日本各地全国津々浦々にある名所訪ね歩くうちに、自然と思い出されることでしょう。悠久の歴史ある私たち日本人は、生きとし生けるもの過去も未来もすべてと「繋がっている」のですから。

    20372.jpg

    20371.jpg

    20366.jpg

    20364.jpg

    20360.jpg

    20342.jpg


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する