FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  本当に知りたいのは、今はどうなってるのか、なんです♥

    本当に知りたいのは、今はどうなってるのか、なんです♥

    537158a79798710095ccd240c426c5665.jpg

    『硫黄島(いおうとう)の地下には、

    延べ18kmに及ぶ地下壕が掘られていた。

    掘った道具は今も、そのまま転がっている。

    機械もツルハシもなく、

    子供のおもちゃみたいなトンカチで掘られた。

    トンカチが無い者は、素手で掘っていた。

    生爪を剥がしながら…

    しかも、硫黄島は暑く、地下では気温は70℃にもなった…

    すべて祖国を護るため…

    子孫である現代の日本人を護るため…

    私たち日本人みんなを絶滅させないように…

    65651c765d94277351f96471cccb0daf.jpg

    硫黄島で地下壕を掘った二万一千人の日本兵。

    その大半は、「民間人」だった…

    パン屋さんだったり、

    魚屋さんだったり、

    学校の先生だったり、

    会社の勤め人だったり…

    私たちと同じ市民がそこで戦った…

    fd9c01cce41fd3e7eda0d0bb7c5b9dca.jpg

    あの戦争は悲惨だったという話だけを

    ぼくたちは70年間してきたけれど、

    それで済むのか…

    70年前に犠牲となった英霊のかたがたが

    本当に聞きたいのは

    戦争は悲惨でしたという話だけではなくて、

    今、自分たちが助けた女性と子供を手がかりにして蘇っていった日本民族が、

    祖国をどんなよい国にしているのか、

    その話を聞きたいんだ。

    ぼくたちが、今、何をしているか、それを聞きたいんだ。

    経済は繁栄したけれども、

    いまだ国軍すらないから隣国に国民を拉致されて、

    されたまま救えず、

    憲法はアメリカが原案を英文でつくったまま、

    そして子が親をあやめ、親が子をあやめ、さらにいじめられた子が自殺する。

    そういう国になり果てましたと、英霊に言えるのか。

    ぼくたちの一番の責任はそこでしょう。』

    62359002a1f89fd83dde01d166cb0f58.jpg

    『硫黄島(いおうとう)の決戦一千三十三人の生き残り将兵のお一人、金井啓さんは言う。

    「俺たちのどこが悪者なんだ。おまえたちのためにみんな戦ったんだ!」

    日本は戦後教育で日本兵は悪者だったと教えてきた。

    英霊は英霊ではなくて悪者だと教えてきた。

    悪者だから忘れてよかった、

    悪者だから放っておいてよかった、

    悪者だから滑走路の下に閉じ込めてよかった…

    日本人は硫黄島を忘れていた…』

    そうですね。そのとおりですね♥

    ぼくらの祖国ぼくらの祖国
    (2011/12/28)
    青山 繁晴

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する