FC2ブログ

    親子チョコ💗(300冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  国史 >  縦に長い国って、言葉がバラバラなんですよ♥

    縦に長い国って、言葉がバラバラなんですよ♥

    e0516f31b27a57bf479b37ee0338d467.jpg
    ギュスターヴ・ドレ『言語の混乱』

    PHP研究所
    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】
    著者 竹村公太郎著 《リバーフロント研究所研究参与》

    『旧約聖書の創世記11章に、

    言語の分裂の物語【バベルの塔】が記述されている。

    大昔、世界を大洪水が襲った。

    生き残ったのは、船に乗ったノアとその子孫たちであった。

    ノアの子孫たちはシンアルの平野に住みついた。

    彼らは「レンガを作り、よく焼こう」と話し合った。

    …彼らは

    「さあ、天まで届く塔のある町を建てて有名になろう。

    そして、(二度と再び洪水で)全域に散らされることのないようにしよう」

    と言った。

    神は人々が作ったこの塔のある町を見て、考えた。

    「彼らは一つの民で、みな【一つの言語】を話している。

    だから、(人間が神の世界に届く塔を建てるという)このようなことをしたのだ。

    これでは彼らが何を企てても防ぐことができない。

    彼らの【言語を混乱】させ、互いの言語が聞き分けられないようにしてしまおう。」

    神は、彼らの言語をバラバラに混乱させてしまい、

    彼らはそこから全地に散ってしまったので、

    この町の建設を中止してしまった。

    神が彼らの言語を【混乱(バラル)】させたので、

    この町の名は【バベル】と呼ばれた…』

    ●言語の【分裂】
    世界で南北方向の緯度20度を持つ国は、それほど多くはない。そこでは、言語は分裂している

    北米→米国、カナダ
    南米→ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリ
    ユーラシア→中国、インド、ロシア
    島国→オーストラリア、日本

    えーっ! 日本と同じように縦に長い国々って、言葉がバラバラな国が多いんですって♥ 

    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)
    (2014/07/03)
    竹村 公太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する