FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  日本 >  にっぽん丸 小笠原・硫黄島クルーズ💛

    にっぽん丸 小笠原・硫黄島クルーズ💛

    51yB969RsyL.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 「さあ、出港です。

     東京港はとても広い港です。

     その南端の有明地区にある「MP岸壁」から、穏やかな5月の空と風に招かれるように、そして見送りの人たちとのテープ・セレモニーで別れを惜しみながら、ゆっくりと、にっぽん丸の巨体が船出していきます。」』


    日の丸

    いかがでしょうか?

    本書は、当ブログを始めることとなった「きっかけ」となった書物で、小難しいことは何一つ書かれてはいない、しかし、読者に与える影響力は(特に日本人読者に)、破壊的だと思えるほどの良書になります💛

    読書 女性 6

    こうして始まる「小笠原・硫黄島クルーズ」。。。

    本の中でのクルーズですが(笑)、実際ににっぽん丸に乗っているように感じるほど、なめらかにお話がすすんでいきます。

    日本人なのに忘れてしまっていた「硫黄島(いおうとう)」のお話。。。

    沖縄県民も忘れてしまっていた本当の意味での沖縄の悲劇。。。

    親子で一緒に読んでみて、とても考えさせられました。

    少しでも、沖縄の人々を含む御先祖さまに感謝したい・・・

    私たち現役世代と、次世代の子供たちに何かできることは?

    その気持から、ちょこっとブログを始めてみることにしました。

    たまには、親子でちょこっと読書も、いいものですね!


    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング

    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する