ハーバードでも、保守派は珍しいんです

    ハンチンソン
    サミュエル・フィリップス・ハンティントン(Samuel Phillips Huntington, 1927年4月18日 - 2008年12月24日)は、アメリカ合衆国の国際政治学者。コロンビア大学「戦争と平和」研究所副所長を経てハーバード大学教授。1986年から1987年まで、アメリカ政治学会会長を務めた。彼の研究領域は政軍関係論、比較政治学、国際政治学などに及び、軍事的プロフェッショナリズム、発展途上国における民主化、冷戦後の世界秩序での文明の衝突の研究業績を残している。

     ハンティントンは1927年にニューヨーク市でホテル業界紙の発行者であった父親と小説家の母親との間に一人っ子として生まれた。1939年に第二次世界大戦が勃発したことを契機として国際問題への関心を深めた。18歳でイェール大学を優れた成績で卒業し、陸軍に志願する。復員してからシカゴ大学で修士号取得。ハーバード大学で政軍関係の研究に従事して博士号を取得した。1950年から1958年までハーバード大学政治学部の教員として教鞭を執った。しかし、ハーバード大学が終身在職権付与を拒絶したため、1958年からコロンビア大学政治学部准教授となり、同大学の戦争と平和研究所副所長も兼任した(1962年まで)。1963年、ハーバード大学からの終身在職権付招聘に応えてハーバードに復帰し終生在職した。1967年からジョンソン政権の国務省でベトナム戦争に関する報告書を執筆し、また大統領選でニクソンと争ったヒューバート・ハンフリー候補の選挙対策として演説原稿を執筆してもいる。カーター政権でもアメリカ国家安全保障会議に加わり、ブレジンスキーの下で勤務しており、ブレジンスキーと共に1978年に「アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)」を創設している。彼はハーバード大学での教育研究に尽力し、2008年にマサチューセッツ州の介護施設で死去した。

     リアリズムを基調とした保守的な思想で知られる国際政治学の世界的権威である。彼はもともと近代化とそれに伴う社会変動や民主化の理論で政治理論家としての名声を築いた。しかしその名を一躍世界に広めたのはかつての教え子フランシス・フクヤマが提示した歴史の終わりに呼応する形でアメリカン・エンタープライズ研究所でのハンティントンの講義をもとに「フォーリン・アフェアーズ」誌に投稿した論文から派生した著書『文明の衝突』である。なお彼は、ホワイトハウスの政治顧問としても活躍した経験をもち、アメリカのアイデンティティの混迷を描いた『分裂するアメリカ』などの著書もある。


    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    今回の書物は、著者の主観が強くでていますので、ある程度割り引いて読んでいく必要があります。

    主観的判断の部分は、飛ばし読みでも良いと思います♥

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 ハンチントンは【リベラル派に喧嘩を売り続けた】。彼自身はフランクリン・D・ルーズヴェルト大統領を神のように敬い、終生民主党支持者であり、民主党政権や民主党の政治家のために働いたことがあるにもかかわらず、【ハーヴァード大学では珍しい保守派論客】として、リベラル派の主張に反対する主張をし続けた。ハンチントンは、刺激的な著作を出版することで、常に論争を巻き起こしてきた。…

    FDR_in_1933.jpg
    フランクリン・デラノ・ルーズベルト

     ハーヴァード大学出身者たちが反共のための近代化を発展途上国で進めようとしているときに『変革期社会の政治秩序(Political Order in Changing Societies)』という本を出して、「アメリカは世界各国で近代化を進めているが、近代化させられた発展途上国は不安定化して近代化は失敗する」と主張した。





     また、有名な『文明の衝突(The Clash of Civilizations and the Remaking of World Order )』ではイスラム(と儒教)対キリスト教徒西洋が衝突すると主張し、2001年の9・11事件を予言したとしてメディアに持ち上げられた。…



     最後の大著となった『分断されるアメリカ ー ナショナル・アイデンティティの危機(Who are We? the Challenges to America's National Identity )』と、1968年に出版された『変革期社会の政治秩序』は、【リベラル派に対する批判の書】であった。この著作は、1950年代から1960年代にかけて流行した「近代化論(modernization theory)」に対して疑問を投げかけるものとなった。これは近代化論を提唱してきた、ハーヴァード大学の同僚であるW・W・ロストウやアレクサンダー・ガーシェンクロンたちに対する批判であった。…



    rostow.jpg
    ウォルト・ホイットマン・ロストウ(英語: Walt Whitman Rostow, 1916年10月7日 - 2003年2月13日)はアメリカ合衆国の経済学者。 W・W・ロストウと呼ばれることも少なくない。1916年 ニューヨーク市のロシア系ユダヤ人の家庭に生まれる。独自の経済発展段階説を組み立てた。その中の用語である「テイク・オフ(離陸)」は広く知られ、経済史の議論にも一時期影響を及ぼした(経済成長史学と呼ばれることもある)。ベスト・アンド・ブライテストの一人であり、アイゼンハワー・ケネディ・ジョンソン政権の政策決定に深く関与し、イスラエルの核開発計画にも絡むなど「アメリカのラスプーチン」と呼ばれた。 法学者でイェール大学教授・政治問題担当国務次官を務めたユージン・ロストウは兄。

    gerschen.jpg
    アレクサンダー・ガーシェンクロン / アレクサンデル・ゲルシェンクロン(Alexander Gerschenkron、1904年 - 1978年10月26日)は、戦争の結果、オーストリアからアメリカ合衆国に渡った経済学者、歴史学者。ハーバード大学教授。オーストリア学派の一人。1904年 ロシアのオデッサ生まれのウクライナ系ユダヤ人

     ハンチントンの言いたいことをまとめると次のようになる。

    第二次世界大戦後に独立を果たし、近代化を始めたアジアやアフリカ諸国では政治的に不安定な状況が生み出された。

    こうした国々では、社会的、政治的無秩序が増大していった。

    行政は非効率で汚職が蔓延し、民主政治体制が導入されても政治にも汚職が蔓延する。

    こうしたことから人々が失望し、既存の政府に対して反対運動を起こしたり、軍がクーデターを起こしたりする。

     本のタイトルにある「変革期社会の政治秩序」は不安定で壊れやすいものとなるとハンチントンは主張しているのである。そして、近代化は、「国を良くしよう、豊かにしよう」という意図とは全く違う結果をもたらすことがある、と主張しているのである。

     1950年代から1960年代にかけて近代化論の牙城となったのがハーヴァード大学であった。そこで唱えられた理想主義的な

    欧米の真似をしさえすれば、皆さんも私たちのように豊かになれますよ」

    という考えに対して

    実際は全くそんなことなくて、かえって社会が不安定になって、悪い結果になっているじゃないか」

    という鋭い批判をしたのがハンチントンである。ハンチントンは、ハーヴァード大学のリベラルな教授たちにとっては煙たい存在であった。

    驚き 2

     更に言うと、ハンチントンの主張には、

    「欧米以外の発展途上国に、欧米発祥の近代的な政治制度である民主政治体制を確立するのは無理かもしれない

    という考えを持っていたようだ。ここで興味深いのは、ハンチントンにしても彼が攻撃した近代化論者にしても【欧米中心主義(Eurocentrism)】があるということだ。ハンチントンは、

    「欧米で発達した制度や考えを他の地域が真似ることはできない

    という考えを持ち、近代化論者たちは

    「欧米の経験を全ての地域に適用することは可能だし、そうすべきだ」

    と主張した。しかし、どちらがより正直でかつ現実に即してるかと言えばハンチントンである… 』

    驚き 2

    いかがでしょうか?

    「リベラルの牙城」であるハーバードで、アメリカ流の保守を貫いたハンチントンの姿勢が理解できますね♥

    実は、この左翼的、リベラル的考え方は、「ユダヤ人の都合に合わせたもの」であることが明らかになっています。

    そして、日本の左翼やリベラルも、その奇妙な考え方の根源は、この「ユダヤ人の都合に合わせたもの」にあるんです^^

    こちらをご参照♥

    田中 英道 戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却



    その他にも、色々な書物を読み進めていくと、ものごとが繋がっていきますよ♥

    ご参考までに、以下に参考となる書物を挙げておきますので、このブログでチラ見して頂いた上で、是非購入して読んでみて下さい♥

    お薦めその壱♥

    馬渕 睦夫 世界を操る支配者の正体



    お薦めその弐♥

    馬渕睦夫  国難の正体――日本が生き残るための「世界史」



    お薦めその参♥

    丸谷 元人 なぜ「イスラム国」は日本人を殺したのか



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日米関係
    Published on: Sat,  20 2015 00:09
    • Comment: 1
    • Trackback: 0

    1 Comments

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2015/10/11 (Sun) 08:43 | REPLY |   

    Post a comment