「戦後」の「コクサカ」

    7afa23e0-ac67-11e4-be0e-d89d672bfba8.jpg
    グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の領土になった。1941年から1944年までは日本軍が占領統治し、「大宮島(だいきゅうとう)」と呼ばれた。経済面では、アメリカ、日本、ヨーロッパなどからの観光客が重要な位置を占めている。

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    特定の国によって繰り返される対日戦争プロパガンダ、

    そしてそれを盲信する国内の反日勢力。

    やったことはやったやってないことはやってない

    事実を正しく知り子孫へと語り継ぐために、

    豊富な事例が盛り込まれている優れた書物を読む必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!


    日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行
    (2014/12/05)
    丸谷 元人

    商品詳細を見る


    『  『戦犯裁判の実相』には、グアムのみならず、アジア各地で行われた【連合軍による裁判の様子】と【日本人容疑者に対する凄まじい蛮行の限り】が詳細に書かれているがそれらの状況は涙なしに読むことはできない。…

    戦犯裁判の実相

     トラック島海軍病院に勤務した坂上信次看護中尉の体験が書かれている。それによると、抑留された日本人らは全員フンドシ一本ボロ靴一足のみで全裸とし暗い中で起こされて洗顔も許されず

    「壁に向かって立たせしめ両腕を目の高さに挙げ、左右前膊(ぜんはく 肘から手首まで)を曲げ、目の前にて重ね合わせ直立不動の姿勢を執らしむる」

    ということを行い、朝食を挟んで昼までずっとこのままの姿勢で立たせることを【強要】した。…

    驚き顔

     昼食が終わると、今度は「運動」と称して

    「四つん這になるケンスイ運動、跳躍運動を倒れるまで行わせ、最後に泥沼に突き倒し這い上がってくると蹴ったり、又腹這いにさせて身体の上を番兵がピョンピョン跳んで踏みつける。一同が【失神するまで繰り返す】」

    という凄まじさだ

    驚き顔

     その後は、身体を少し洗ってから、室内に入ってまた直立不動の姿勢を取らせる。ようやく夕食を終え、楽になるかと思うと、今度は

    「眼前二十糎(センチ)位の所の二百ワット電球を注視せしめられ、両腕は顎の前方に重ね合わして不動の姿勢、番兵は各房を廻り歩きて天井を向かせ、両腕を降ろさせた突然【水落の急所を突き上げ】気絶する者続出す」

    という仕打ちが待っている

    驚き顔

     これをやっているアメリカ兵らについては、

    「しかして彼等は呵々大笑(かかたいしょう)して嬉々として嬉しがっており、【全く鬼畜の振る舞い】だ」

    と記述されており、

    「殆ど毎日毎晩斯様(かよう)な行動が繰り返され恐怖の為、遂に熊谷看護兵は発狂せり」

    とある。

    驚き顔

     また、ある海軍中佐は【ペンチで生爪をはがされ】別の海軍大尉は草刈りの際に【首に縄をかけられて引きずり回され】たというし【アメリカ兵らに羽交い締めにされ、その陰茎を口の中にねじ込まれるという「コクサカ(Cock Sucker)」も頻発】した

    驚き顔

     間違いないように付け加えるが、【この蛮行が行われていたのは「戦後」の話】である。場所は、今でも多くの日本人が観光に訪れる、あの【グアム島】だ。』

    こちらもご参照♥

    大宮島(だいきゅうとう)の『チャモロ人』も被害者です♥

    日本人捕虜
    日本人捕虜への仕打ち

    A7ZfwjiCcAEaUiI.jpg

    いかがでしょうか?

    「戦後」における連合軍による捕虜に対する扱いも、凄まじかったことが良く分かりますね♥

    この他、連合軍によって行われた強姦致死やホロコーストは、ナチスや支那兵がしていたことと全く同じです♥

    ネット上では、沢山の写真を観ることができます。こちらは、ほんの一例です。

    Holocaust-ww2-Nemmersdorf-massacre.jpg

    holocaust-women-victims.jpg

    さて、客観的事実に基づかないで、

    日本の名誉を傷つけながら未だに「捏造」について謝罪もせず

    平然とする【広島市立大学広島平和研究所の「田中利幸」氏】

    田中利幸 1

    なぜ、メディアは取り上げないのでしょうか?

    私たち日本人の名誉を傷つけるために毎年毎年何十億円ものおカネが、広島市立大学に交付されています。

    hirosimaitiritu.png
    広島市立大学 財務情報

    こんな日本人や日本にとって、何ら役に立たない「反社会的な大学」は、廃止されるべきですね♥

    続きは次回に♥


    日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行
    (2014/12/05)
    丸谷 元人

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 大東亜戦争
    Published on: Fri,  08 2015 04:58
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment