私たち、一人ひとりも、神様です

天逆鉾
宮崎観光情報 旬ナビ 高千穂峰(天の逆鉾)

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

私たちが本当の意味での「日本を取り戻す」ためには、

「国体」を理解する必要があります。

私たち日本の「国体」とは何か?

それでは、この書物を見ていきましょう!


日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
(2015/03/06)
馬渕 睦夫

商品詳細を見る


『 天皇が高天原の【大御心】を継承しておられる天皇は祭り主つまり神官として大御心を今に伝えておられるのです。天皇が神官であるということは、わが国は祭祀共同体であるということを意味します。つまり、君民共治(君民一体)と表裏の関係にある…天皇は高天原から伝えられる大御心をもって祭り主として国民の幸福を祈り日本の国をまとめる仕事をされています。…

こちらもご参照♥

シナやヨーロッパでは、ほとんどあり得ないような話

保守の原点――「保守」が日本を救う保守の原点――「保守」が日本を救う
(2015/02/13)
宮崎 正弘、小川 榮太郎 他

商品詳細を見る


CCIPfbnWgAAS208.jpg

 大御心とは天地が開けたとき最初に現れた天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)以下天照大御神に至る高天原の神々の神性のことです。世俗の言葉に翻訳すれば、「この世界を形成しているのは目に見える物質だけではありません。目に見えない神々の思い、すなわち霊性も同様に世界の不可欠な要素なのです。人間には肉体だけでなく霊性(神々の性格)が宿っています。このことに思いを致して、地上の物質世界を生きてゆきなさい」というメッセージてあるのです。…

densyo-pic-big002.jpg

 それでは、私たちはこの大御心とどのような関係にあるのでしょうか。国産みの物語を思い出せば、以下に述べる国語学者の山田孝雄(よしお)氏による祭祀共同体の解説が腑に落ちるのではないでしょうか。このことが腑に落ちればわが国の【国体の真髄】が理解されたといっていいでしょう。山田氏は、日本の祭祀共同体精神は私たちがわが国を神国とする自覚に基づくとして、『肇国(ちょうこく)の精神』の中で次のように論じています。

この神国観は、この国が神から生まれたということを基として起こる思想であるが、神を祖として生まれたその子は当然神と本質を同じくするものであらねばならぬ。即ちこの国においては国土・国民・君主三者みな神の処生であり、その神の正統を伝えたまうが天皇であらせらるると確信している。ここに天皇の現人神(あらひとがみ)であらせられることは勿論であるが国土も神格を有し国民も神格を有すると考える。

驚き顔

 ここで、私たち一人ひとりが神格を宿していること、また国土(山川草木)も神格を有しているということが重要です。…何よりも、私たち自身が高天原の神々の大御心(神性)を宿した存在であることに気づくことです。この高天原の神々の道義性を私たちも共有しているという点が、…私たちの生き方を考えるうえで大変重要な点なのです。…

八百万

 私たち一人ひとりも神の一部であって、そのような私たちを含めてわが国は八百万の神々の国である…実際には一億を超える神々の国です。…読者の方々も、自らの心の中に良心のあることは感じておられると思います。その良心が【高天原の神性】なのです。…私たちの周りの山川草木やもろもろの動物にも神々の神性が宿っています。これらはすべて私たちと同胞なのです。…

 ここにいう神は、一神教でいう創造神とか全知全能の神(God)ではありませんこのような「神」と混同すると天皇専制などといった誤解につながりますそれは唯物論的見方です唯物論では天皇を理解することは絶対に不可能です。…

180px-Umayado_Miko.jpg
聖徳太子

 私たち一人ひとりが高天原の神々の神性を宿しているのです。…私たちの心の中に内在しているといえます。この内在している神を体得すれば、私たちと高天原の神々がつながり、神々の大御心を継承しておられる天皇とつながり、同じ神々から生まれた国土自然ともつながっていることに気づけるはずです。このような【つながりの精神が「和」】なのです。』

両陛下

日ノ丸

いかがでしょうか?

日本って、すごいですね♥ 日本人は、みんな神様だったんですね^^

続きは次回に♥


日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
(2015/03/06)
馬渕 睦夫

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 日本
Published on: Tue,  14 2015 16:33
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment