世界最古の民主主義国家

伊耶那岐神と伊耶那美神
伊耶那岐神(右)と伊耶那美神(左)

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

私たちが本当の意味での「日本を取り戻す」ためには、

「国体」を理解する必要があります。

私たち日本の「国体」とは何か?

それでは、この書物を見ていきましょう!


日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
(2015/03/06)
馬渕 睦夫

商品詳細を見る


『 国体とは日本の国全体を覆っているものです。国の根本原理である国体が政治、経済、文化を生み出しているのです。日本の歴史を動かしてきた政治の根底には国体があります。わが国の歴史は【階級闘争など特定の西洋思想の法則】に従い発展してきたものではありませんマルクス史観にあてはめて歴史を語ることは単に歴史を正しく理解することにならないばかりか私たちの先人の努力に対する冒涜でさえあります。…

戦後のマルクス史観の原因はこちらをご参照♥

田中 英道 戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却

戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却
(2014/10)
田中 英道

商品詳細を見る


blog_import_526afcd132d8c.jpg

 二年前に大敗を喫し、今回も躍進できなかった民主党はじめ野党の間で自民党に対抗できる政党の結集を目指す野党再編成の動きが再び活発化してきました。その狙いは政権交代の可能な野党を作ることです。つまり、二大政党制を目指しているのです。

 【なぜ、二大政党制が望ましいのでしょうか】

 それはアメリカやイギリスの二大政党間の政権交代に日本も倣うべきだという【単純な外国礼賛に過ぎない】

 政治学の教科書は、二大政党による政権交代が理想的な民主政治の形態であるがごとくに国民を教化していますが、はたしてこれは正しいことでしょうか。私たちは民主政治といえば欧米流の政治形態が優れていると【無意識のうちに信じ込んでいる】のではないでしょうか

驚き顔

 わが国には『古事記』の神話時代以来「民主主義」の伝統があります。…敗戦後…GHQによる徹底した日本の民主化政策という名目のアメリカ化政策によって、アメリカ流民主政治が政治制度の手本と【信じ込まされて】来ました「日本には神代(かみよ)の昔から民主主義の伝統がある」

180px-Umayado_Miko.jpg
聖徳太子

 わが国の国柄は、政治の世界においても2000年以上にわたって【独自の「和」の民主政治】を育んできました「和」の民主主義の伝統からすれば対立する二大政党が交互に政権交代をすることによって民主政治が実現されるとの【対立型政治制度】は日本人には合わないのです。…』

日ノ丸

いかがでしょうか?

諸外国の政治は「対立型」であり、私たちの日本は古来より独自の「和の民主主義」であると、著者は言っています。

支那や西欧は、対立する勢力が、お互いに正義を振りかざし、そして争ってきた歴史があります。

一方で、私たちの日本は、「天皇」を中心として、君民一体となって、平和に、この国を護り通してきました♥

決して、対立し争ってきた歴史ではありません。

この決定的な違いが、私たち日本の強さなんです♥

続きは次回に♥


日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
(2015/03/06)
馬渕 睦夫

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 日本
Published on: Sun,  12 2015 04:34
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment