ひとりぼっちの習近平

    nn20121114f1a.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    さて、それでは「世界の問題児 支那」に関して、この本を見ていきましょう!


    日本に敗れ世界から排除される中国日本に敗れ世界から排除される中国
    (2014/12/20)
    石平、黄文雄 他

    商品詳細を見る


    『 これまで腐敗問題に取り組んだ中国の指導者としては、習近平以外には江沢民時代の朱鎔基元首相がいます。

    Zhu_Rongji_2001.jpg
    朱鎔基

    二人を見比べてみると朱鎔基のほうが余裕があった。朱鎔基は江沢民を中心とする上海閥に位置していましたし、基盤は盤石なものがありました。そのうえで、…汚職事件などで厳しい態度を貫きました。

    140155628512788966228.jpg
    隠然たる影響力を持つ江沢民(プーチンとの会談)

    ところが、習近平にはそのような余裕が感じられません。というのも、権力強化が目的であることが、あからさまに見えてしまうからです。逆に言えば、それだけ権力基盤が盤石ではないということの表れでもあるわけです。

    hakukirai.png

     江沢民がつくりあげた上海閥というのは、利権団体という性質があります。だから利権が一致すれば団結力も強い。もうひとつの集団としては、胡錦濤を中心とする共産主義青年団の出身者、いわゆる団派というものがあります。こちらもエリートの集まりとして結束力があります。

    o0352023511663450460.jpg
    権力基盤を固めつつある胡錦濤

     一方、習近平は革命世代であり中国共産党幹部だった父を持つ、いわゆる太子党の出身ですが、太子党は集団的な結束力がありません太子党出身者で上海閥の人間もいるし、あるいは共産主義青年団(共青団)出身の者もいる

    驚き顔

     要するに上海閥(江沢民派)と共青団派(胡錦濤派)は結束していますが習近平にはそうした背後組織がないわけです。だから、すべての権力を自分に集めようという焦りが見えてしまうのです。…

    14383.jpg

    習近平には派閥がありませんそれどころか習近平には子分すらほとんどいないのです

    驚き顔

     習近平は、ある意味でいろんな派閥に担ぎ出されて、現在の立場になりました。とくに国家主席になる後押しをしたのは江沢民派の中心人物だった曽慶紅(そうけいこう)とされています。要するに江沢民派が彼を国家主席に押し上げたのです。

    曽慶紅
    曽慶紅

     しかし習近平は自分を担ぎ出した派閥の傀儡、つまり操り人形にはなりたくない。そこでいま「親殺し」を始めたわけです。そのために江沢民派の大番頭周永康(しゅうえいこう)を汚職で摘発し、失脚に追い込んだ。そうして江沢民派を徹底的に潰そうとしたのです。』

    驚き顔

    いかがでしょうか?

    江沢民・胡錦濤・習近平、この三人の立ち位置が、よくわかりますね♥

    他にも色々な書物に、同じようなことが「正しく」書かれています^^

    世界中から「カモ」にされている「国家主席」

    習近平は非常に弱い政治家なんです

    自称「大国」の国家元首が、とある奥さんに交渉したこと

    2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)
    (2014/09/19)
    宮崎正弘、石 平 他

    商品詳細を見る


    日ノ丸

    続きは次回に♥


    日本に敗れ世界から排除される中国日本に敗れ世界から排除される中国
    (2014/12/20)
    石平、黄文雄 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Mon,  30 2015 14:22
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment