日本に同化することのない異文化の朝鮮人が、妙にマスコミで多用される理由

    patch-p-21.jpg
    Office of Strategic Services(OSS)(1942年6月13日~1945年9月20日)とは、第二次世界大戦中のアメリカ軍の特務機関で、諜報機関である。1941年7月に設立された情報調査局(Coordinator of Information, COI)の後身で、後の中央情報局(CIA)の前身。ウィリアム・ドノバン少将によって設立された。

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    さて、多くの日本人が疑問に思うこと、それは、

    「どうして、メディア関係者や学者に左翼が多いのか」ということではないでしょうか?

    その謎を見事に解き明かして下さったのが、この書物です。

    非常にハイレベルな保守論客による、この本を見ていきましょう!


    戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却
    (2014/10)
    田中 英道

    商品詳細を見る


    『 姜尚中(キョウショウチュウ 在日朝鮮人)氏の日本のメディアでの活躍は日本の中の朝鮮人というマイノリティの重視というOSS(Office of Strategic Services 米・戦術局)の「日本計画」の実現の延長上にあることは明らかである

    coin-p-170.jpg

    AR-130619079.jpg

    20070818091348.jpg

     私は朝鮮人であろうが、中国人であろうが偏見はないが、日本人として考えれば氏のような【韓国籍の在日】が堂々と公共放送の教養番組に出演していることも東大の職にいることも【不自然に感じる】がそれを批判できない雰囲気を与えているのもこの「日本計画」通りであるまさに【権威主義を批判する左翼を東大教授という権威につけ】て【NHKやテレビに出演させて宣伝させる】という構造こそOSSの計画でありそれゆえに批判されねばならない【日本の文化の破壊思想を宿している】

    476781c6.jpg

     今日の知識人の動きとして【グローバリズムのなかで多文化主義とか異文化理解とか要するにそれぞれの国の共同体文化を相対化する見方】が促進されているが逆に【それぞれの国の伝統の文化を破壊する言葉として乱用】されているその実例が姜氏の例であり【日本に同化することのない異文化の韓国人が、妙にマスコミで多用されるという事態】となっている。その原因は、基本的には【戦後のフランクフルト学派を起点とする隠れマルクス主義の動き】にあった【左翼が文化を論じはじめたときから、彼らは文化を現在の社会を否定する表現として使いはじめ、歴史を破壊する方向に向かった】。』

    驚き顔

    京都御所

    いかがでしょうか?

    この書物で、安倍総理が掲げる『戦後レジームからの脱却』、その『戦後レジーム』思想の正体、それを著者は暴いています。

    安倍総理

    それは、左翼ユダヤ人たちがつくりだした思想で、西欧での共産党や社会党の【反権威・反権力】という「思想・主張」でした。

    左翼ユダヤ人はたちは、ナチが生まれた原因を「権威主義的なドイツ人の態度」にあると考え、「ナチを二度と立ち上がらせない」ために、徹底的にその「権威主義」を破壊するために、【反権威・反権力】という「思想・主張」を展開したのでした。

    そののち、今度は表向きにはそれとわからないように権力・権威からは独立した自由な態度(=リベラル)をとるようになりました。これがフランクフルト学派の考え方で、いわゆる【隠れマルクス主義】と呼ばれるものです。そして、この左翼ユダヤ人が西欧社会に展開したフランクフルト学派の考え方・隠れマルクス主義】が戦後の占領下の日本に導入されたのでした。占領下のOSSが行った政策によって、多くの日本人がこの影響を受けていて保守層のなかにも見られ現在の私たちの「日本国憲法」にも見られるのです。

    現在、在日朝鮮人の姜尚中(キョウショウチュウ)さんがメディアに多用されるのも、占領後のOSSによる政策の影響が続いている証拠なんです♥

    現憲法に関する書物は、こちら(↓)をお薦めします♥
    ここです⇒青山 繁晴 ぼくらの真実

    ぼくらの真実ぼくらの真実
    (2014/12/27)
    青山 繁晴

    商品詳細を見る


    日本における共産党や社民党の【反権力・反権威】に加えて、それと異なった「リベラルな考え」と勘違いする民主党の【反権力・反権威】、こういった活動が戦後の日本を狂わせてきたのだと、著者は暴いています。

    日本の左翼思想には、重大な欠陥があります。本来、彼らの左翼思想は、「左翼ユダヤ人がユダヤ人を利する為につくりだした思想」なのです。少数派であるユダヤ人のみ、ナチの迫害などを例に、世界でもっとも過酷な運命にあったと喧伝し続けるのもユダヤ人を利するためです国家や国境を否定する考え方グローバリズム)も、国家を持たないユダヤ人を利するためです。つまり、ユダヤ人は【ユダヤ人の被害者としての特権化】を自分たちの武器に使ってきたのです。リベラル思想(【フランクフルト学派の考え方・隠れマルクス主義】)の中心人物である左翼ユダヤ人アドルノ「アウシュビッツの後に、詩を書くのは野蛮だ」という言葉も、この考え方を示していますね♥

    ところが、イスラエルという国家をユダヤ人が得たことで、新たな問題が生じました。それは、ユダヤ人の手によって少数民族が迫害・虐殺されているという事実です。ここでは、誰の目から見てもユダヤ人は加害者なのです。パレスチナ側から見たらユダヤ人が侵略者】なのですナチとイスラエルは同じ】なんです。当然、ユダヤ人たちは、そこから世界の目をそらさせようと必死になります。ユダヤ人が多くを実質支配している「金融」や「メディア」を利用して世界の人々に気付かせないように企ててきたのが20世紀だったのです

    そして、21世紀。世界の人々は、とうとう気付きはじめました。ユダヤ人の中にも公然とイスラエルを批判する人々が出始めユダヤ人が分裂を始めています。さまざまな国で、本来の自分たちの国の伝統へ回帰しようとする動きが高まっていたり、民族的・ナショナリズム的な動きが出てきているのも、それまでの左翼ユダヤ人思想に対する反動の動きなんです♥

    20世紀は左翼ユダヤ人を中心とした「社会主義・共産主義イデオロギーの時代」「革命の時代」でした。

    21世紀は「伝統回帰の時代」です。

    いま、世界中で起きている大きな流れです。それは、この日本にも、今起きていますね♥

    いよいよ、リベラルの終焉の時がやってきたんですね♥

    全力で本来の日本を取り戻していきましょう

    日ノ丸

    続きは次回に♥


    戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却
    (2014/10)
    田中 英道

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Sun,  15 2015 18:48
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment