隠れマルクス主義の影響を強く受けた「日本国憲法」

    京都御所

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    さて、多くの日本人が疑問に思うこと、それは、

    「どうして、メディア関係者や学者に左翼が多いのか」ということではないでしょうか?

    その謎を見事に解き明かして下さったのが、この書物です。

    非常にハイレベルな保守論客による、この本を見ていきましょう!


    戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却
    (2014/10)
    田中 英道

    商品詳細を見る


    『 具体的にいえば、その「反権力主義」思想で「権力批判」ばかりをやってきた【民主党】が政権についたら何もできなかったことでわかるような思想である。

    b0169850_21152445.jpg

     彼らの理論は体制に否定的でさえあれ能動的に動かす力がない

    驚き顔

     保守層の国民も、感覚的にこのことがわかって対処にかなり自信を持つようになってきたその思想の胡散臭さがようやく体得できるようになり嫌悪感を抱くようになったのである

    blog_import_526afccfab0ff.jpg

    blog_import_526afcd1e7e1f.jpg

    blog_import_526afcd132d8c.jpg

    blog_import_526afcd055af3.jpg

     その結果、平成24年末の選挙で、徹底的に左翼政党が敗北したことによって政界の彼らは壊滅状態になった。ところが、選挙のような明確な結果が出ない政界以外の【学界、新聞、放送、出版界は相変わらずこの思想を振りまいていて批判的な風潮を続けようとしている

    朝日新聞ロゴ

     この思想の根源は【マルクス主義】だが、ロシア革命以後労働者の革命が実現不可能だという認識から生まれた【フランクフルト学派の考え方】である

    Karl_Marx.jpg

    ほとんどが【左翼ユダヤ人】で、マルクス主義だけでなく、心理学のフロイト思想などを取り込んでいるために、一見は高尚な哲学に思えるので一部の知識人学生たちは魅惑された。…戦前の日本でも…共産党の構造改革派と呼ばれた人々がこれを日本流に学んで、戦後流布しようとした戦後憲法はこの思想が強く反映している… 』

    驚き顔

    安倍総理

    いかがでしょうか?

    安倍総理が掲げる『戦後レジームからの脱却』、その『戦後レジーム』思想の正体、それを著者は暴いています。

    それは、左翼ユダヤ人たちがつくりだした思想で、もともと西欧で生じた「共産主義」、「社会主義」といった共産党や社会党の【反権威・反権力】という「思想・主張」でした。

    この左翼ユダヤ人の思想の最大の目的は「ナチを二度と立ち上がらせないこと」でした。

    ところが、共産主義・社会主義の国を実現できたのですが、結局ソ連・中国が失敗してしまいます。そのため、今度は表向きにはそれとわからないように権力・権威からは独立した自由な態度(=リベラル)をとるようになったのです。これがフランクフルト学派の考え方で、いわゆる【隠れマルクス主義】と呼ばれるものです。

    そして、ここからが日本の問題なのですが、その左翼ユダヤ人が西欧社会に展開したフランクフルト学派の考え方・隠れマルクス主義】が戦後の占領下の日本に導入されました。

    占領下の政策によって、現在までに多くの日本人が、この【フランクフルト学派の考え方・隠れマルクス主義】による影響を受けてしまったのです。それは、保守層のなかにも見られる事実であり、現在の私たちの「日本国憲法」にも見られる事実なのです。

    現憲法に関する書物は、こちら(↓)をお薦めします♥
    ここです⇒青山 繁晴 ぼくらの真実

    ぼくらの真実ぼくらの真実
    (2014/12/27)
    青山 繁晴

    商品詳細を見る


    日本における共産党や社民党の【反権力・反権威】に加えて、それと異なった「リベラルな考え」と勘違いする民主党の【反権力・反権威】、こういった活動が戦後の日本を狂わせてきたのだと、著者は暴いているのです。

    そして、彼らは、その思想が持つ左翼ユダヤ人が抱いていた思惑について、全く理解をしておらず、単に【Contestation permanante(永久申し立て)という態度】を取り続けているのです。つまり、「何でも反対~、すべて反対~」ですね

    ここに、日本の左翼思想の、重大な欠陥があります。本来、彼らの左翼思想は、「左翼ユダヤ人がユダヤ人を利する為につくりだした思想」なのです。でも、彼らは「ユダヤ人」ではありませんね?

    そうなんです。彼ら左翼が進む道は、彼らや日本を利することは決してありえないのです。むしろ日本の文化や伝統を破壊し日本を退廃させる道なのです。ですから著者が仰っている通り【民主党が政権を運営すると「日本を破壊」】する結果となったんです

    日ノ丸

    20世紀は左翼ユダヤ人を中心とした「社会主義・共産主義イデオロギーの時代」「革命の時代」でした。しかし、21世紀は「伝統回帰の時代」です。いま、世界中で起きている大きな流れです。それは、この日本にも、今起きていますね♥

    いよいよ、リベラルの終焉の時がやってきたんですね♥

    全力で本来の日本を取り戻していきましょう

    続きは次回に♥


    戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却戦後日本を狂わせた左翼思想の正体―戦後レジーム「OSS空間」からの脱却
    (2014/10)
    田中 英道

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Sun,  08 2015 03:42
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment