カナダの都市「ホンクーバー」の悲劇

    000059437.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    特に現在のメディアは、実際の中国の姿を伝えず、

    必要以上に、まるで「大国」であるかのように報道しています。

    ところが、本当は、世界中、特にアジアの国々から嫌われています。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)
    (2014/09/17)
    宮崎 正弘

    商品詳細を見る


    『 バンクーバーに異変が起きたのは1980年代からだ。…

     1980年代以後、新しくカナダ西海岸に大挙して移住してきたのは香港人である。カナダと香港は大英連邦のメンバーであるため、いくつかの特典が認められたからだ。

     バンクーバーはいつしか「ホンクーバー」と渾名されるようになった。1997年の香港返還を前に富裕層が共産主義に乗っ取られる恐怖におびえどっと香港から逃げた

    驚き顔

     つまり、バンクーバーのチャイナタウンにおいては、香港人が「先住民族」ということになる。ここへ過去10年でおびただしい中国大陸からの移民が増え摩擦が起こり混沌とした状況となった。主因は1986年に施行された「投資移民プログラム」で、80万カナダ・ドルを投資するか、あるいは5年間無利子で貸し付ければ永住権が交付されたからだ。

    myhome 14

     そして、富裕層だけならまだしもインチキ書類による就労目的の貧困層が流れ込む

    驚き顔

     中国人の移民ラッシュに恐怖感を抱いたのはバンクーバーに元から住んでいた人たちで、政府に移民の規制を訴えた

     すでに18万5000人もの中国人が永住権を得たが産業的発展はなくカナダ移民当局が悲鳴を上げる。彼らはカナダ全体の経済発展よりも自分の生活が良くなることが人生目標だから、投資より投機、とりわけ不動産投機にしのぎを削った。このため、バンクーバーの不動産価格は世界一のレベルとなった。市内のマンション価格は東京の2倍以上、郊外でも庶民の手が出なくなった

    kolia.jpg

     「投資移民」などといっても、中国人富裕層は豪華マンションを購入するだけで滞在が短い雇用に結びつかず産業の総合的発展という相乗効果どころか貧民労働者はマンションの地下室を協同で借りて住まうするとどこかの国の中国人村と同様に町はゴミだらけとなり一般市民から苦情が集中した

     ついに、当局は中国移民にストップをかけた。このままだと2030年ごろにバンクーバーは80万人の中国人で埋まり、トロントは110万人になるという衝撃的予測が出るに及んで、カナダ政府は政策を修正する。

     2014年3月、中国から移民申請があった4万6000人分の手続きが中断された。

     しかし当局の措置は「もう遅い」バンクーバーの中華街は不法滞在を含めてすでに40万人むしろ香港系と大陸移民の間に新型の軋轢が起きている香港人は新参者を軽蔑の目で見ている。 』 

    驚き顔

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    安易な移民受け入れで、危機に瀕したカナダ。

    ようやく、【移民受け入れ政策の間違い】に気がついたようですが、時すでに遅しですね♥

    支那人は、このように世界中で迷惑がられています。

    ちなみに、アジアを中心にした地図で、親日国を色付けすると、こんな感じになります^^

    親日国家

    いかがでしょうか?

    問題児の3カ国を、親日国がグルッと囲んでいる様子がハッキリと理解できますね♥

    ここで、支那が大金を投下している国を色付けしますと、このようになります。

    中国進出先

    海洋に進出するために、南下ルートを造ろうとしていると、わかりませんでしょうか?

    これが支那の狙いです。

    彼らは、周囲を包囲されているために、安全保障上、非常に脆弱な立場に置かれています。

    そのため、周辺国に対し、軍事的・経済的な【侵略】を行っているんですね♥

    それでは、そんな支那に対して、世界はどのように反応しているのでしょうか?

    実は、世界の流れは【反支那】へと一気に傾いているんです♥

    続きは次回に♥


    中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)
    (2014/09/17)
    宮崎 正弘

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Tue,  03 2015 04:42
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    4711  

    No title

    そのシナ人や韓国人を、日本は留学生として優遇しています。そればかりか、外国人労働者を大量に入れ、永住させようとしています。安倍首相は、移民を入れないと言っていますが、やっていることは逆の事です。

    2017/01/18 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    4711さん、こんばんは^^

    安倍首相は、移民を入れないと言っています ⇒ その通りです。かなりハードルが高く設定してあります。

    やっていることは逆の事です ⇒ いいえ、ハードルをわざと高くしていますよ。

    ハードルが低ければ、すでに何百万人とか、何千万人単位で、来日しているはずですね♥

    反安倍教の連中が「ばら撒くデマ」です♥でも、良く考えてみれば、「事実と異なります」し、「実態を表現していません」ね♥

    2017/01/19 (Thu) 17:54 | REPLY |   

    Post a comment