正座は、「罪人」の座り方でした

23a746b046884cc8d1b2306369d41c309471a39a_05_1_12_2.jpg

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

メディアが流す嘘は、戦中・戦後の話だけではありません。

あの江戸時代に関しても、非常に多くの嘘を流しています。

それでは、この本を見ていきましょう!


峰打ちをしたら刀は折れる 時代劇の間違い探し (新人物文庫)峰打ちをしたら刀は折れる 時代劇の間違い探し (新人物文庫)
(2015/02/10)
若桜木 虔、長野 峻也 他

商品詳細を見る


『 正座の習慣が普及したのは、早くとも江戸末期から明治以降ということだが、そもそも江戸時代まで正座という習慣はなかった

驚き顔

 正座は御白洲に引き出された罪人のみで、実は胡座か立て膝が正式の座り方だった

白州

胡座といっても現代風の胡座ではなく両膝を大きく左右に開き足の裏を密着させる座り方である。

136947813464813230313_nobunaga_51.jpg

 明治維新以前の武士やその奥方の肖像画に正座したものが存在しない。徳川歴代将軍の肖像画はインターネットで簡単に見ることができるので、確認するとよい。…

正座

 正座が定着したのは早くとも明治の中盤以降だし、今で言う「正座」は実は江戸時代だと気軽で崩した座り方になる。

驚き顔

 徳川慶喜の写真で見ると、衣冠束帯の正式な姿では胡座を掻いており、普段着のラフな格好の時に正座している。

Tokugawa_yoshinobu.jpg
800px-Tokugawa_Yoshinobu_with_rifle.jpg

 どうして、こういう流れになるかというと、当初は板の間が大半だったのが、徐々に畳敷きの部屋での生活の割合が増えていき、さらには座布団の普及も大きく影響していると見てよいだろう。

 そもそも江戸時代の中期まで健康人には座布団を使用する習慣がなかった老人や病人のみが使用するもので、うっかり、来客に座布団を出したりすると「儂を年寄り扱いするのか!」と怒らせる無礼な行為にもなったのである。…

驚き顔

 しかし、平気で来客に座布団を出したり、まだ存在しない「正座」という言葉を使っている時代劇が、かなり時代考証に詳しい作家の作品にもまま見受けられる。』 

驚き顔

日ノ丸

いかがでしょうか?

今回のお話にも、これまで同様に、「江戸時代は身分制度があって、差別が酷かった」という【階級闘争】的な左翼思想が根本にあります。

例えば、下の画像がとあるブログにありました。

torisuwa_4_s3.jpg

高貴な身分とそれ以外の商人・武家で、座り方が違ったと説明している画像です。

すでに「身分」としている時点で「間違い」なのですが、そもそも大きな誤解をされています。

武家の娘であれば、「いつでも戦える姿勢」でなければなりません。

今でいう正座は、「いつでも戦える姿勢」ではありませんね♥

まず片膝を立てなければ、立ち上がれませんから。

ですから、武家はこのような座り方を「正式な座り方」として教えませんでした。

懐刀に手をかけつつ、襖を「足で開ける」という武家の娘も存在したそうです♥

そういった事実を知らず、「江戸時代は身分制度があって、差別が酷かった」という【階級闘争】的な、まさにコチコチの左翼思想が、これまでに見てきたような「大きな勘違い」をさせているのです。

そもそも「士農工商」っていう身分制度も、存在していませんね♥

同じような話は、下記(↓)の書物にも出てきています。

「慶安の御触書」はでっちあげだった♥

あなたの習った日本史はもう古い!あなたの習った日本史はもう古い!
(2013/11/26)
荒木 肇

商品詳細を見る


日本人が被った敗戦後の重大被害

ぼくらの真実ぼくらの真実
(2014/12/27)
青山 繁晴

商品詳細を見る


不思議なのですが、何故かいまだに現役の教師でさえ、「身分制度があった」、「農民は苦しんだ」、「差別があった」などと吹聴している人々が多く存在しています。

みなさんも、ご自身の近くに居る人々に、「士農工商って知っている?」って、ぜひ試してみて下さい♥

戦後の教育の過程で、思い込まされたままの方々が沢山いらっしゃいますよ!

そういう身近なところから、変えていきたいですね♥

続きは次回に♥


峰打ちをしたら刀は折れる 時代劇の間違い探し (新人物文庫)峰打ちをしたら刀は折れる 時代劇の間違い探し (新人物文庫)
(2015/02/10)
若桜木 虔、長野 峻也 他

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 国史
Published on: Wed,  25 2015 04:11
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

4 Comments

All Free Love  

No title

初めて知りました。色々と出てきますね。
勉強しないといけないですね。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、自分も禁酒を広めることで、護国、強国に間接的に貢献していきたいと考えています。

2015/02/25 (Wed) 11:05 | EDIT | REPLY |   

みっちゃん  

No title

まだまだ出てきますよ♥

でも、ほんと知らないことばっかりで、本を読んでも読んでも。。次々にw

せっかく読んだ本なので、みなさんにも知ってもらえたらいいなぁって。

そして、日本人全員が安全に幸せに暮らせるようになるように、自分たちの出来ることをやっていこう、そんな考えですから、我が家も相当大袈裟です(笑)

これからも宜しくお願い致しま~す♥

2015/02/25 (Wed) 17:00 | REPLY |   

名無し  

No title

こういう知識がもっと知られると良いんですけどね
自分和装ばっかしてるんですが、知ったかで偉そうにする歴女だの老害だのが多い事
正直迷惑でなりませんああいうの
伝統って言葉で詐欺してる連中ばっかですよ

2017/01/28 (Sat) 23:07 | REPLY |   

みっちゃん  

Re: No title

コメント有難うございます^^

伝統とか、しきたりとか、難しい問題ですね~

良いものは残し、そうでないものは変化させていく、こういうスタンスで臨みたいです♥


2017/01/30 (Mon) 16:51 | REPLY |   

Post a comment