FC2ブログ

    安倍総理の「脱デフレ」の本当の意味

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『 中国が抱える諸問題のうち、国民に対して誤魔化しがきかないのが環境汚染問題だ。

     そもそも外交や国防、内政、経済面についてさまざまな課題があり、強気の施政を堅持している胡錦濤、習近平路線が一見すると順調に運んでいるように見えることもあって詭弁を弄したりマスコミをコントロールしたりすることでいくらでも誤魔化しがきいたしかし水質・大気汚染などの環境問題は常時国民の目に直接触れるため誤魔化しようがなかった

     水質汚染問題が最も深刻で、華中、華南地方のように大河が流れ、用水路が縦横無尽に繋がっているところはまだいいが、東北部のように大河がなく、河川や湖沼の水質にも難点があるところは、飲料水や生活用水にも困るありさまだ

     そうした地域では井戸を掘り、良質な地下水脈を掘り当てるしかないのだが、その地下水が実際にはかなり汚染されているのが実情なのだ。

    驚き顔

     何しろ、家庭や工場などから出る大量のゴミは未分別のまま山積みにされ高温や降雨などによって液状化して流出し、地中に染み込む。その中には乾電池や電化製品化学製品医薬品や注射器といった医療廃棄物なども合わせて、続々と河川や地下水に流れ込んでいるそれらの水は見た目もドス黒くて汚らしくそれ以上に臭いが強烈すぎるため絶対に誰も飲もうとしないだろうし、それどころか洗濯するのも躊躇するだろう。

    驚き顔

    もう手遅れ?!中国「水問題」【水汚染】

     そんな劣悪な環境下で生産した米や野菜などの食糧は中国の富裕層はもとより都市近郊の栽培農家自身でさえ決して口にしないそれを【加工食品などに混ぜ込んで、平然と店頭に並べ、日本などへ輸出する】というモラルの低さと無神経さが恐ろしい。 』 

    驚き顔

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    貧困層を置き去りにした一党独裁政治を続ける中国。そこでは、既に『マフィアなどの黒社会と中国共産党は同一である』ことは、世界の常識になっています♥

    そして、中国共産党の支援のもとに、訪日観光客に交じって犯罪集団が大挙上陸し、在日黒社会として悪事を働いています。

    はとが豆鉄砲をくらった顔

    そして、あの【民主党出身のもと首相(↑)】も、このような【在日黒社会】と繋がっているんです♥

    もちろん、この会社(↓)も。。。

    イオン

    偽装米、8割が中国産…イオンは危険な食品だらけ?告発本は即撤去の横暴

    当然、このヒトも。。。。

    i__yDTbrL5As.jpg

    一党独裁で支配している中国共産党員が、見向きもしない中国産食産物を、イオンはわざわざ大量に販売していますが、その理由がなぜだか、もうお分かりですね?

    日本の「デフレ」を招いたのは、安価な「中国産食産物」や「中国製品」の輸入に一因があります。

    トップバリューは中国産!イタイイタイ病を引き起こしたカドミウム汚染米が流通か…食品偽装イオン

    これからは、安倍総理の掲げる『脱デフレ』が大切です。

    つまり、中国共産党員も買わないような「中国産食産物」や「中国製品」を購入しなければ良いんです♥

    脱デフレ = 脱中国産 = 脱イオン = 脱民主党 が正しいんです♥

    もう、おわかりですね♥

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Thu,  12 2015 14:09
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment