医師、看護師、教師なども含む5万人を解雇したアメリカ

    ac5a4150 2

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    アメリカはイスラム国に勝てない (PHP新書)アメリカはイスラム国に勝てない (PHP新書)
    (2015/01/16)
    宮田律

    商品詳細を見る


    『 2003年に米国の「イラク暫定統治機構(CPA)」は、レーガン政権時代に唱えられた「小さな政府」「規制緩和の徹底」などの方針をイラクに対しても徹底して用いていった。CPAは、医師、看護師、教師なども含む5万人の国家公務員をクビにして、フセイン政権時代のイラク軍を解体した。サダム・フセインの統治はバアス党支配によるものだったが、これらの措置は脱サダム・フセイン色をめざすものであったのと同時に、CPAが考えるとおりにイラク経済をつくり変える意図もあった。

    驚き顔

     イラクでは200の国営企業が解体され、すべての企業が外国資本100%となり外国企業の利益の送金については税が免除された

    驚き顔

     また、CPAはイラクに税制や銀行システムまでも残しそれは現在に至るまでイラクでは廃止されていないイラクの主権を侵害し、さらにイラク政府が2005年12月に国際通貨基金(IMF)のパッケージに合意したことで、イラクの経済活動の主体性はいっそう損なわれることになった。

    驚き顔

     ポール・ブレマーCPA代表は、イラクの将来を外国企業に託すようになり、公共的な投資は社会プログラムインフラ、雇用機会の増大などの目的のためには行われずに目先の経済的利益が外国企業によって追求されていった。イラクでは有価証券の売却や財政削減のために、2006年には失業率は45%にも達した。さらに、シーア派主体の政府による投資貧弱にしか行われなかったスンニ派地域では失業率とくに若者たちのそれはさらに高いと見られている。 』

    驚き顔

    داعش-کے-سربراہ-ابوبکر-البغدادی-کی-اہلیہ-اور-بیٹا-لبنان-میں-گرفتار
    「イスラム国」の最高指導者アブー・バクル・バグダーディー

    京都御所

    いかがでしょうか?

    アメリカのイラク占領統治は、イラクの主権を侵害し、イラクという国家を破壊したということが、良く分かりますね♥

    その結果、大量の青年・若年失業者が発生し、「イスラム国」へ流れたんです

    ですから、「イスラム国」は、アメリカがつくったようなものですね♥


    ここまでの流れをまとめてみます。

    著者は言います。

    ●同じイスラム内で、大きく二つの宗派(シーア派とスンニ派)の対立が激しくなってきている。
    しかし、宗教上の教義で双方に大差はない。
    ●イラク戦争までは、双方の住民は仲良く暮らしていた。
    ●多国籍軍がイラクのサダム・フセイン政権を弱体化するために、双方に亀裂を生じさせた。
    ●つまり、アメリカが、双方の亀裂を深め、イスラム世界の【分断】にまんまと成功した。それが負の連鎖を引き起こしている。 

    と、こんな感じでしょうか?

    この辺りは非常に理解し易いですね♥

    ただし、冒頭で著者は、こうも言っています。

    『 オバマ大統領は「イスラム国」を根絶すると決意を述べたが、軍事的行動で過激派や武装集団の活動を「根絶」することは不可能 』だと。そして、『 米国はなぜ「イスラム国」に勝てない 』と。

    全編を通じてイスラム全体の流れが良く理解できる書籍ですが、この冒頭にある著者の見立てが「誤り」であるのではないかと思っています。

    つまり、こうです。
    『 オバマ大統領は「イスラム国」を根絶すると(表向きには)決意を述べたが、軍事的行動で過激派や武装集団の活動を「根絶」することは不可能する気は無い 』『 米国はなぜ「イスラム国」に勝てない勝とうとしていない 』

    もちろん、著者はそのようには、書いてはいません。

    しかし、読み進めていくと、そのように解釈する方が腑に落ちる部分が多いんです。

    例えば、そもそも、この「イスラム国」。

    100年前の「支那の軍閥」とそっくりなんです。

    ※支那の軍閥は、こちらから♥
    六国を滅ぼすのは六国。中国を滅ぼすのは、もちろん・・・♥

    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    支那の軍閥は、武装した暴力団のような存在です。国家の軍隊ではありません。

    現在の中共も、台湾の国民党も、もともと「軍閥」です。

    「イスラム国」と「支那」はとても良く似ています

    暴力、強奪、強姦、虐殺など、いずれも共通点です

    そして、イギリスやアメリカはそれらの軍閥を利用し、支那民衆を扇動していました

    ※英米による支那民衆扇動についてはこちらから♥
    英米キリスト教宣教師の活動♥

    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    そして「イスラム国」は、イラク戦争を契機として生まれています。

    ※イラク戦争については、こちらから♥
    イラク戦争のミステリー♥

    日本の敵 グローバリズムの正体日本の敵 グローバリズムの正体
    (2014/03/01)
    渡部昇一、馬渕睦夫 他

    商品詳細を見る


    それでは、さらに読みすすめていきましょう♥

    続きは次回に♥


    アメリカはイスラム国に勝てない (PHP新書)アメリカはイスラム国に勝てない (PHP新書)
    (2015/01/16)
    宮田律

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: イスラム
    Published on: Sun,  01 2015 16:08
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment