何か問題が起こると他人のせいにし、その人を憎む理由

    Locator_map_of_Korea.png

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    『 韓国国民がアイデンティティを持つことができないのは戦後に反日教育を行ったことも影響しています。自国の過去のふがいなさを隠すには反日教育をするしかなかったのでしょう。また、アメリカの東アジア戦略として「韓国を反日の基地にする」という考え方がありましたので、それに後押しされる形で反日教育が行われました

    驚き顔

     しかし、他国を憎む教育をすれば、自分の国に対する誇りをいつまで経っても持つことはできません

     常識的に考えればわかることですが、日本だけを憎んでその他の国は憎まないということはありません。教育によって憎しみの感情を掻き立てれば、やがてその憎しみは別のところにも向かうでしょう。何か問題が起こると他人のせいにしその人を憎む考え方が身についてしまいます

    驚き顔

     他人を憎むことでしか民族のアイデンティティを保てないようでは、民族に対する誇りは生まれません反日教育をしたために韓国人は自分たちの本当のアイデンティティを見出せないでいるのです。…

    驚き顔

     韓国の戦後世代は上から下まで反日教育を受けてきています。彼らはひたすら日本を悪に仕立て上げ、日本を憎む教育を受けてきていますその教育自体が自国に対して誇りを持てず民族としてのアイデンティティを見出せない理由であることに彼らは気づいていません。 』

    驚き顔

    京都御所

    ※下記の本も参考になります♥
    ジョージ アキタ、ブランドン パーマー 他 「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945

    「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945
    (2013/08/23)
    ジョージ アキタ、ブランドン パーマー 他

    商品詳細を見る


    ※下記の本も参考になります♥
    清水 馨八郎 裏切りの世界史―この1000年、彼らはいかに騙し、強奪してきたか

    裏切りの世界史―この1000年、彼らはいかに騙し、強奪してきたか (祥伝社黄金文庫)裏切りの世界史―この1000年、彼らはいかに騙し、強奪してきたか (祥伝社黄金文庫)
    (2004/12)
    清水 馨八郎

    商品詳細を見る


    1024px-Yasukuni_Jinja.jpg

    いかがでしょうか?

    もう、お分かりですね♥

    韓国人の特徴に、「何か問題が起こると他人のせいにし、その人を憎む」というのがありますね♥

    自業自得とはいっても、とても哀れですね♥

    さて、著者は、この本以外にも、下にあるような書物を矢継ぎ早に出版しています。

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕睦夫  国難の正体――日本が生き残るための「世界史」

    日本の敵 グローバリズムの正体日本の敵 グローバリズムの正体
    (2014/03/01)
    渡部昇一、馬渕睦夫 他

    商品詳細を見る

    渡部昇一、馬渕睦夫 他 日本の敵 グローバリズムの正体

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕 睦夫 世界を操る支配者の正体

    上記いずれの書物も、驚愕の事実ばかりです。

    ぜひ、ご一読してみてください♥

    続きは次回に♥


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Wed,  21 2015 13:18
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment