FC2ブログ

    Welcome to my blog

    坂本竜馬とユダヤ人

    みっちゃん

    みっちゃん

    Nagasaki-Glover-Garden-5415.jpg
    旧グラバー住宅
    貿易商であり、グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築。小山秀による1863年(文久3年)の建築。裏手には馬小屋や貯蔵庫なども残っている。1939年(昭和14年)に買収され、所有が三菱重工業へと移った。1957年(昭和32年)には同造船所の創業100周年を記念して長崎市へ寄贈された。1961年(昭和36年)6月7日、主屋・付属屋が国の重要文化財に指定。

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    混沌とする世界の出来ごとが、実は一本の線で繋がっている・・・

    それを明らかにしてくださる著者がいます♥

    それでは、この本を見ていきましょう!


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    『 日本の歴史教育のなかでは、ユダヤのことについてはほとんど教えられていません。…

    ユダヤ人

     多くの日本人は、自分たちはユダヤとは縁がないと思っていますしかし日本の近代史を振り返ってみますとその節目の重要なところではユダヤ系の資金がかかわっています

    驚き顔

     たとえば、幕末の日本で活躍した貿易商人・グラバーは、香港のジャーディン・マセソンという有名な財閥の代理店でした。ジャーディン・マセソンはユダヤ財閥のロスチャイルド系であり、グラバー商会はユダヤ勢力のフロント組織でした。そのフロント組織が坂本龍馬を支援し、薩長に武器などを販売していました。明治新政府設立にはグラバーの支援が大きくかかわっています。…

    驚き顔

     もう一つ例をあげれば、日露戦争が挙げられます。日露戦争開戦に当たって国際銀行クーン・ローブ商会の共同経営者であるヤコブ・シフが、日本の国債を購入して戦費を用立ててくれたことはよく知られています

     日露戦争に勝利できたのは、シフのおかげだと我々は教えられてきました。シフにほ明治天皇から勲一等旭日大綬章が贈られています。このヤコブ・シフはユダヤ人で、彼が集めてくれた資金はユダヤ人の資金です。…

     明治維新にも日露戦争にもユダヤ財閥がかかわっているのです。 』

    驚き顔

    ユダヤ人

    ※ユダヤ人の歴史は、下記の2冊を参考にしてみてください♥

    「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
    (2012/10/09)
    宮田 律

    商品詳細を見る

    宮田 律 「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる

    イエス・キリストは実在したのか?イエス・キリストは実在したのか?
    (2014/07/10)
    レザー アスラン

    商品詳細を見る

    レザー アスラン  イエス・キリストは実在したのか? 

    kyotogosho002-3.jpg

    いかがでしょうか?

    学校では教わりませんが、日本の近代史においても、その背後にユダヤ人の動きがあったことが良く分かりますね♥

    このようにして、金融の面から、その動きを追いかけることで二十世紀の世界史が一つの軸で繋がる、その背景にあるのはユダヤ思想・ユダヤ人だ、と著者は言っているのです。

    著者は、この本以外にも、下にあるような書物を矢継ぎ早に出版しています。

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕睦夫  国難の正体――日本が生き残るための「世界史」

    日本の敵 グローバリズムの正体日本の敵 グローバリズムの正体
    (2014/03/01)
    渡部昇一、馬渕睦夫 他

    商品詳細を見る

    渡部昇一、馬渕睦夫 他 日本の敵 グローバリズムの正体

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕 睦夫 世界を操る支配者の正体

    上記いずれの書物も、驚愕の事実ばかりです。

    ぜひ、ご一読してみてください♥

    続きは次回に♥


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2015-01-18
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply