ユダヤ人には、当てはまらないこと

    ユダヤ人

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    混沌とする世界の出来ごとが、実は一本の線で繋がっている・・・

    それを明らかにしてくださる著者がいます♥

    それでは、この本を見ていきましょう!


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    『 社会主義はそもそもユダヤ人たちが考え出した思想です。『共産党宣言』を著したカール・マルクスはユダヤ人でしたし、トロツキーなどロシア革命の指導者の多くがユダヤ人です。レーニンも4分の1ユダヤ人です。ロシア革命を資金的に支援したのはウォールストリートやロンドン・シティのユダヤ系金融機関です。

    驚き顔

     ロシア革命の当初から、ソ連の社会主義者たちとウォールストリートやロンドン・シティの銀行家たちとはユダヤ人ネットワークをつくって密接な関係を持っていました。ですから、ウォールストリートのユダヤ系銀行家が社会主義者であっても何ら不思議なことではありません対極にあるように見えても、彼らはユダヤ思想という点から言えば同根であり、仲間なのです

    驚き顔

     ウォールストリートにいるから資本主義者であると考えるのは私たちの思い込みにすぎませんユダヤ思想というのは、世界に離散して暮らすディアスポラ(ユダヤ人の生き残るための思想)ですから、国籍という意識はありませんアメリカに住んでいるからアメリカに忠誠を誓っているとかアメリカの国益を考えているというわけではありません彼らにとって住んでいる国は関係なくどこに住もうとユダヤ思想で生きています私たちは国単位で考えてしまいますがユダヤ人にはそれは当てはまりません

    驚き顔
     
     ユダヤの視点を持つと、世界で生じている様々な出来事の背景が見えてきます。19世紀以降の世界史上の出来事が一本の線で繋がります。 』

    ユダヤ人

    ※ユダヤ人の歴史は、下記の2冊を参考にしてみてください♥

    「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
    (2012/10/09)
    宮田 律

    商品詳細を見る

    宮田 律 「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる

    イエス・キリストは実在したのか?イエス・キリストは実在したのか?
    (2014/07/10)
    レザー アスラン

    商品詳細を見る

    レザー アスラン  イエス・キリストは実在したのか? 

    kyotogosho002-3.jpg

    いかがでしょうか?

    ユダヤ人は、「国籍という意識がない」、つまり国家・国民のことなんか微塵も考えていないのです

    では、イスラエルはどうなのでしょう?

    これについても、書物を読み進めると、その答えが出てきます。

    著者は、この本以外にも、下にあるような書物を矢継ぎ早に出版しています。

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕睦夫  国難の正体――日本が生き残るための「世界史」

    日本の敵 グローバリズムの正体日本の敵 グローバリズムの正体
    (2014/03/01)
    渡部昇一、馬渕睦夫 他

    商品詳細を見る

    渡部昇一、馬渕睦夫 他 日本の敵 グローバリズムの正体

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕 睦夫 世界を操る支配者の正体

    上記いずれの書物も、驚愕の事実ばかりです。

    ぜひ、ご一読してみてください♥

    続きは次回に♥


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Sun,  18 2015 08:36
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment