ウォールストリートの金融資本家の多くは「社会主義者」なんです

    ユダヤ人

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    混沌とする世界の出来ごとが、実は一本の線で繋がっている・・・

    それを明らかにしてくださる著者がいます♥

    それでは、この本を見ていきましょう!


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    『 ユダヤ人は過去、国を持ったこともありましたが、それらの国はことごとく滅ぼされてしまったのです。そこで、ユダヤ民族として生き残るためにはどうしたらよいか、たとえ国を持たなくても生き残る方法はないのか等々、深刻な議論を経て到達した結論は離散(ディアスポラ)と呼ばれる生き方でした。簡単に言えば世界各国に散らばって住むということです

    驚き顔

     このような生存方法は、日本列島にずっと住んでいる私たちには想像しがたいものですが、このディアスポラ思想を理解することが今日のグローバリズムを理解する最大の鍵といってもよいでしょう。


    ※ユダヤ人の歴史は、下記の2冊を参考にしてみてください♥

    「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
    (2012/10/09)
    宮田 律

    商品詳細を見る

    宮田 律 「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる

    イエス・キリストは実在したのか?イエス・キリストは実在したのか?
    (2014/07/10)
    レザー アスラン

    商品詳細を見る

    レザー アスラン  イエス・キリストは実在したのか? 

     しかし、散らばったユダヤ民族が、各国で国王や政府から迫害を受ける可能性があります。それをさせないために、彼らは国王や政府に金を貸してコントロールする方法を考えつきました金融による支配です。

    驚き顔

     こうしたディアスポラによる国際主義と金融支配がユダヤ思想の根幹にあります。…その考え方がいま世界各地で問題を引き起こしています金融至上主義国境廃止主権廃止無国籍化を世界中に求めようとすれば各国の国民性民族性勤労観などと衝突して軋轢が生まれるのは当然のことです。

     「ユダヤ思想」は、実は社会主義とも密接にかかわっています

     意外に思うかもしれませんが、ウォールストリートやロンドン・シティユダヤ系金融資本家の多くは社会主義者です。

    驚き顔

     資本主義の権化のようなウォールストリートの金融資本家たちがなぜ社会主義に魅(ひ)かれたのかというと社会主義というのは国際主義でありグローバリズムと非常に相性が良いからです。社会主義は、「第一インターナショナル(国際労働者協会)」「第二インターナショナル(社会主義政党・労働者の国際組織)」などに代表されるように、国際主義を基盤としているのです。社会主義革命は各国の社会主義者が国境を越えて支援して起こっています。 』

    kyotogosho002-3.jpg

    いかがでしょうか?

    ご存知でしたでしょうか?

    ウォール街などのお金持ち資本家たちが、実は「社会主義者」だったということを。。。

    この「嘘」のような「本当」の話を、正しく認識し直さなければ、見えてこないんです。

    このことが理解できたのであれば、例えば、「資本主義 VS 社会主義・共産主義」という関係が成り立たないということがハッキリと分かってくると思います。

    そうすると、「東西冷戦」という「嘘」も、見えてきます。

    著者は、この本以外にも、下にあるような書物を矢継ぎ早に出版しています。

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕睦夫  国難の正体――日本が生き残るための「世界史」

    日本の敵 グローバリズムの正体日本の敵 グローバリズムの正体
    (2014/03/01)
    渡部昇一、馬渕睦夫 他

    商品詳細を見る

    渡部昇一、馬渕睦夫 他 日本の敵 グローバリズムの正体

    世界を操る支配者の正体世界を操る支配者の正体
    (2014/10/17)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る

    馬渕 睦夫 世界を操る支配者の正体

    上記いずれの書物も、驚愕の事実ばかりです。

    ぜひ、ご一読してみてください♥

    続きは次回に♥


    「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
    (2014/10/24)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 世界史
    Published on: Sat,  17 2015 20:46
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment