自分たちに都合の良い社会経済秩序をつくろうとする「ユダヤ思想」

日ノ丸

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

混沌とする世界の出来ごとが、実は一本の線で繋がっている・・・

それを明らかにしてくださる著者がいます♥

それでは、この本を見ていきましょう!


「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
(2014/10/24)
馬渕睦夫

商品詳細を見る


『 日本はいま、グローバル化の圧力をかけられています。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に見られるように、欧米のグローバリストたちが日本に市場開放を迫り、日本国内にもそれに呼応する人たちがいて、日本の農業、工業、金融が狙われています。

 一般的にはTPPは経済問題と見られていますがこれは単なる経済問題ではなく国家主権にかかわる問題です。TPPの行き着く先は関税ゼロ。つまり、国家主権の最たるものである関税自主権を奪おうとするものです

TPP.jpg

 グローバリズムあるいは国際主義というのは、突き詰めて言えば、各国から国家の主権を廃止することを目的としています。たとえば、国連をはじめとする国際機関は、「世界の恒久平和」といった大義名分を掲げながら、実際にやっていることは各国の主権の制限です。EU(欧州連合)を見ればわかるように、共通通貨ユーロを使用している国には紙幣の発行権すらありません

驚き顔

 グローバリストの代表格と言えば、日本で「外資」と呼ばれているウォールストリートやロンドン・シティ(英金融街)の銀行家たちです。彼らの多くはユダヤ系です。彼らは世界で自由に金融ビジネスを展開しようとしている人たちで、国境意識も国籍意識も持っていません

驚き顔

 彼らにとっては各国の主権は邪魔な存在でしかありません。世界中の国の主権を廃止し国境をなくし、すべての人を無国籍化して自分たちに都合の良い社会経済秩序をつくろうとしています

驚き顔

 彼らのグローバリズムの背景にあるのが実は「ユダヤ思想」ですこのユダヤ思想を知らないと世界で起こっているグローバリズムの本質は理解できないだろうと思います。』

kyotogosho002-3.jpg

いかがでしょうか?

世界で起こっているグローバリズムの本質。

これには「ユダヤ思想」が関わっていると著者は言います。

そして、実は、中国や韓国の行動も、それに対するアメリカの反応も、ロシア・ウクライナ問題も、二つの大きな大戦も、20世紀以降、今日に至るまでの様々な出来事は、すべてこの「ユダヤ思想」が関係しています。

この本を読み進めていくと、次々とそれらが白日のもとに晒されていきます。

それらを知ることで、日本人の正しい歴史が、より一層明確になっていきます。

続きは次回に♥


「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった! (WAC BUNKO)
(2014/10/24)
馬渕睦夫

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 世界史
Published on: Sat,  17 2015 12:22
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

愛国者  

アメリカの問題

アメリカとは,農業で国民の健康を無視して利権にすがりついて遺伝子組換えを安易に実行するし,国民の保険をさせないし,経済格差を放置する,というバカバカしい面が多い国です。そのため日本がアメリカに安易にすがりついてはいけません。

2017/03/07 (Tue) 00:12 | REPLY |   

みっちゃん  

Re: アメリカの問題

愛国者さん、こんにちは^^
コメント有難うございます。


アメリカとは,農業で国民の健康を無視して利権にすがりついて遺伝子組換えを安易に実行するし,国民の保険をさせないし,経済格差を放置する,というバカバカしい面が多い国です。⇒ 仰るとおり、問題点が多いですね♥ そして、国民が立ち上がったわけです。

そのため日本がアメリカに安易にすがりついてはいけません。⇒ 縋るのではなく、対等の関係を築くべきです。アメリカの国民を救うための併走者になるべきです。私たち日本人こそ、アメリカ国民を助けることができると思います♥

これからも、宜しくお願い致しま~す☆彡

2017/03/07 (Tue) 16:56 | REPLY |   

Post a comment