日本は独立していますか?

    靖国神社

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    今年の一冊目は、もちろん、この方、「青山 繁晴さん」です♥

    それでは、こちらの本を見ていきましょう!


    ぼくらの真実ぼくらの真実
    (2014/12/27)
    青山 繁晴

    商品詳細を見る


    『 ところが一方で独立しているはずの日本が独立していません

     たとえば、わたしたちと同じ日本国民が北朝鮮という小さな破綻国家に誘拐・拉致されたまま誰も取り返しに行けないからです

     取り返しに行かないのではありません行けないのです

     たいせつな根本法規の憲法第九条に「国の交戦権は、これを認めない」と定めてあるからです

     ありのままに語ります。学者たち仕事として複雑解釈することは、そのままにしておきましょう。ほんとうの法は本学者のためにあるのではなく常識に生きるふつうの民のためにあります

     常識でこの定めを読めば、日本国はいかなる場合にも戦う権利がない。そのように自分で決めてしまう」としか読めません

     北朝鮮に日本国民を取り返しに行けば戦いになることもあり得ます

     わたしたちは「あり得る」というだけで、囚われている数多くの同朋、はらからを放ったらかしにしているのです

    megu 7

     たとえば新潟県民の横田めぐみさんの場合、十三歳の中学一年のときバドミントン部の練習帰りに自宅まであと100メートルほどのふつうの住宅街で北朝鮮の工作員に殴られ蹴られて拉致されました

    megu 7

     あなたも中学一年の頃を思い出してみてください…

     その日々に突然家の近くで殴られ蹴られ、気がついた時は窓のない真っ暗な船底で、どーん、どんというような、ほんとうは波が当たる音が耳を打ちつつ何が起きたのか、ここがどこなのかまったく分からないまま激しい揺れに苦しめられ「お母さん、お母さん」と叫びながら黒い壁を引っ掻き続け、そしておよそ四十時間あとに北朝鮮の港に入り甲板へ引きずり出された時には両手の爪が剥がれたり剥がれかけたり血で染まっています。

    megu 7

     それから二十五年、三十八歳の時に日本から小泉純一郎総理(当時)が平壌にやってきたました…

    1333962581-52.jpg

     向かい合った金正日総書記は

    そうです。わが共和国(北朝鮮)の国家機関の者が拉致しました
    と、数多くの日本国民を暴力や嘘で連れ去ったことを認めました

     それでもなお日本から誰も取り返しに行けないまま2014年10月に、ついに横田めぐみさんは五十歳になりました

    驚き顔

     拉致事件という話はずいぶんとニュースで見ているし、横田めぐみさんという名前も聞いたことがある。

     それなのになぜ取り返しに行かないのか』という視点は政治家からも評論家からも語られず聞いたことがなくだから考えたこともなかったからです

     自分たちがたまたま誘拐・拉致されなかっただけで、同じ日本国民放ったらかしにすることが平和国家でしょうか

     これを考えるときに護憲派とか改憲派とか保守とかリベラルとか与党とか野党とかそんなものがあるのですか。護憲派、つまりこの憲法を一字一句変えるなと言ってきた日本人なら、この客観的事実もどうでもいいのでしょうか

     国民を分けて分けて分けるのをもうやめませんか

     国民を護る、その全世界共通の国の土台を一緒に造り直してから、その上で違う意見を闘わせることにしませんか…

     地球には二百近い主権国家がありますが、国際法によると、その全てに交戦権があります。

     そうでないと国民が奪われたり、危機に直面した時に護れないからです

     国民を護ることこそ主権国家の至上の務めですそれをあらかじめ放棄しているのなら主権国家ではありません

     主権国家とは独立して自らの意志国民を護る国のことですから、日本は独立していません
     
     この美しい日本列島独立国家を造りませんか。 』  


    kyotogosho002-3.jpg

    いかがでしょうか?

    「人間はみな独立している」と著者は言います。。。異論の余地はありませんね♥

    この500年間にわたって、欧米のキリスト教白人が行ってきた非白人社会への侵略、そして住民の奴隷化。また、現在もなお中国(支那)が行っているチベットやウイグルといった少数民族への侵略・迫害・虐殺

    これらの行為はすべて、「人間の独立」を否定する行為ですね♥

    でも、学校教育では、そのようには習いませんしメディアは報じませんね。。。

    おかしいですよね?

    一方で、学校教育では、日本が侵略したなどと「アベコベ」の授業を行い、またメディアは従軍慰安婦を問題にしていますね。

    おかしいですよね?

    朝鮮人の慰安婦は、「単なる売春婦」ですよね?たくさんのお金を貰ってその対価として働いた(売春)」んですよね?

    ですから、従軍売春婦は、「人間として独立していた」んです♥

    自分の意思で、そうやって「働いた(売春)」んですから。

    メディアの論調では「可哀そうな人たち」として差別的な表現をしていますね?

    著者は、こう言っています。

    「生活の状況によって独立しているかどうかが左右されるのなら、そこから区別や差別が始まります。ここを間違うから、社会が苦しんできました」

    朝鮮人売春たちのことをあてはめてみますと・・・

    「【軍人相手に売春していた】状況によって【人間として】独立しているかどうかが左右されるのなら、そこから区別や差別が始まります。ここを【メディアが】間違うから、【日本国民と日本】が苦しんできました」

    メディアが差別をしているために、問題になっているということが良く分かりますね♥

    そんな風に言い出したら、「電車の運転手さん」も「工事現場のおじさん」も「普通のサラリーマン」も、すべての人が差別対象になってしまいますね。メディアの人が、そうやって他の人々を差別扱いしているのです。

    また、日本は欧米白人たちの「人間の独立」を否定する行為に対して戦いを挑んで、負けたんです。

    ですが、植民地だった国の人々に勇気を与え、その結果、数多くの国が独立したんです。このことを学校できちんと教育するべきですね♥

    それでは私たちの日本は、どうなのでしょうか?

    著者は、「日本はまだ独立していない」と言っています。

    なぜなら、拉致された国民を、国家が意思を持って取り返しに行けないからです行かないのではなくて行けないからです

    同じ日本人が拉致されているというのに

    『護憲派とか改憲派とか、保守とかリベラルとか、与党とか野党とか、そんなものがあるのですか』・・・

    そのとおりですね?

    megu 7

    たいせつなのは何でしょうか?

    法律の解釈なんかではなくて、横田めぐみさんの「声なき声」、すなわち

    『日本人にみなさん! 早く助けにきてください・・・どうぞ、お願いします・・・』

    この声を拾い日本人が、どのように行動するのか、これが唯一の答えですね?

    自分の生まれ故郷で、自分の家族と一緒に、こたつに入って、お正月を迎えることが出来なかった・・・

    何も罪は無いのに。。。

    どう考えても、おかしいです。みなさんは、平気なんでしょうか?

    続きは次回に♥


    ぼくらの真実ぼくらの真実
    (2014/12/27)
    青山 繁晴

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Tue,  06 2015 16:50
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment