芥川龍之介の見た「日本の強さ」

    51Iad+5vRDL.jpg
    『神神の微笑』(かみがみのびしょう)は、芥川龍之介の小説。1922年(大正11年)に『新小説』にて発表された。芥川の小説のジャンル「切支丹物」のひとつ。宣教師・オルガンティーノが、記紀神話の神から、「外国から伝来した文化を元に独自の文化を作り上げる日本人の特性を学ぶというストーリー。いわば「日本人論」をモチーフにした作品である。
    (あらすじ)
     京都・南蛮寺。夕暮れの庭を歩く宣教師オルガンティーノは、言いようの無い不安に襲われていた。数十年来の布教活動が実り、今や日本国内のキリシタンは万を数えるほどにまで増えた。しかし、この国は岩から草木に至るまで、言いようの無い「霊気」に満ち満ちている。我らが「でうす如来」は、それに打ち勝てようか・・・。庭先の枝垂れ桜を見るたびに、不安は募るばかりだった。
     おののくオルガンティーノは「でうす如来」に夕暮れの祈祷を捧げ、日本の神霊と戦う自身への加護を求める。その瞬間、彼の目前に異様な光景が繰り広げられる。それは、記紀神話「天岩戸」の場面だった。衝撃を受けたオルガンティーノは卒倒し、深夜になってようやく意識を取り戻す。「この国の霊と闘うのは存外難しい」とおののく彼の耳に、どこからか「負けですよ!」という声が聞こえてくる。
     翌日、3、4人の侍が入信を求めてきた。新たな信者を得たオルガンティーノは機嫌を直し、天主教の勝利を確信する。そんな彼の前に、奇妙な老人が現れる。首に勾玉をかけた彼の正体は、日本古代の神だった。その神はオルガンティーノに語りかける。
     「あなたは天主教を日本に広めようとしていますね。それも悪いことでもないかもしれません。しかしでうすもこの国に来ては、きっと最後には負けてしまいますよ。」
     オルガンティーノは反論を試みるが・・・

    神神の微笑神神の微笑
    (2012/09/27)
    芥川 竜之介

    商品詳細を見る


    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、こちらの本を見ていきましょう!


    いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力
    (2012/02/24)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    『 (日本の強みである「造り変える力」とは、どのような力でしょうか。この言葉は芥川龍之介の短編小説「神神の微笑」の中に出てきます。「神神の微笑」は、安土桃山時代の日本へキリスト教の布教にやって来たイタリア人神父オルガンティノ(実在の人物です)と日本を古来守ってきた老人の霊との対話の物語です。

     キリスト教が、1549年にイエズス会のフランシスコ・ザビエルによって日本に伝えられたことは、私たちが歴史の授業で学んだとおりです。ザビエルの後も多くの宣教師が来日してキリスト教の布教に努めましたが困難を極めました

     この「神神の微笑」では、日本におけるキリスト教の布教が困難なことに悩む日々を過ごしていたオルガンティノの前に一人の老人が現れ、キリストも結局日本では勝つことができないだろうと告げます。

     オルガンティノは、今日も侍が23人キリスト教に帰依したとして、キリストは必ず勝つはずだと反論します。

     これに対しその老人は、ただ帰依するだけならば何人でもキリスト教徒になるだろう現に日本人は大部分仏陀の教えに帰依している、と言ってこう付け加えます。

     我我の力と云うのは、破壊する力ではありません。造り変える力なのです」

    と。

     だから、いずれキリストも日本人に変わってしまうだろうと言い残して、老人はオルガンティノの前から消えていきます。

     つまり、キリスト教の神日本の神神との戦いは、「破壊する力」対「造り変える力」だというのです。』


    日ノ丸

    いかがでしょうか?

     戦前の日本の文化人は、日本の良さや強さを、人々が理解し易いように書籍にしていました。

    ところが、戦後一転して、例えば「北朝鮮を称賛する朝日新聞や大江健三郎」など、「虚言妄想」を日々垂れ流しているのが現実ですね♥

    詳しくはこちらから♥

    朝日新聞と北朝鮮と日本人拉致被害を結ぶ線♥

     同様に、世界の国の人々から絶賛される日本ですが、何故か国内極左メディアはそれを認めようとしません

     例えば、あのアフガニスタンで、日本がこれまでにしてきたことを、ご存知でしょうか?

    詳しくはこちらから♥

    【問題】日本が8万人の警察官の給与の半分を支払っている国は♥

     このような日本とは、まったく対照的に、欧米はアフガニスタンで何をしてきたか、これもご存じでしょうか?

    詳しくはこちらから♥

    テロとの戦いの謎①♥

    テロとの戦いの謎②♥

     朝日新聞などの国内極左メディアは、全くと言っていいほど、日々正しい情報を伝えていないんです♥

     そればかりか、悪意を持って伝えないこともあります。例えば、日本人なら誰もが感謝したはずの、震災時に米軍が行った「トモダチ作戦」ですが、これを「故意に」報道しなかったメディアがあったのです

    TKY201104220123.jpg

     その舞台は沖縄ですおかしいと思いませんでしょうか?

    詳しくはこちらから♥

    トモダチ作戦を知らされていない都道府県はどこ♥ 
     

    続きは次回に♥


    いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力
    (2012/02/24)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Tue,  23 2014 06:59
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment