「日本派」、頑張って~♥

    5ca1dfe0083ae6bcacf94a90422bac51.png
    【ご参考】
    以下はこちらのサイトから⇒年収ラボ
     『 最も稼げると言われているのが放送記者で中でもやはり大手の方が平均給与が高い傾向にあります。30代後半で年収1,300万円超え大手新聞社・出版社でも30代前半で700~900万くらいが相場と言われています。・・・ちなみに大手新聞社の平均年収は朝日新聞社で1,280万円日本経済新聞社で1,227万円毎日新聞社で770万円、産業経済新聞社で741万円(平成24年3月現在。(日本経済新聞社は23年12月現在)数字は記者を含む全社員の平均値。各社有価証券報告書より)となっています。』

    日ノ丸

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    日本人の諸先輩に御知恵を拝借して、知識を最新版に切り替える時なのです。

    それでは、この著者の書物を見ていきましょう!


    なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのかなぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか
    (2014/08/30)
    田母神俊雄

    商品詳細を見る


       私は、アメリカ派でも中国・韓国派でもない「日本派」である。いま現在、安倍晋三首相が掲げる「戦後レジームからの脱却」を側面から支援する新党を結成したいと心底思っている…早急になすべきは安倍政権と共に命がけで日本を守ろうとする人々の力政治的に結集することである

    …今のおかしな政治状況と、言論の自由の封殺に不満を持つ有権者が確実に増えていて、その人たちの声に答えたいという気持ちは、選挙を経験することで一層強くなったし、闘志をかき立てられている。その大勢の人たちの「声なき声」を今後どのように政治に反映させていくことができるか

     そして、選挙戦を通じて、私は改めて大マスコミという理不尽な「巨大な壁」の存在を思い知らされた。この壁とどう対峙し、風穴を開けていくかも、今後の大きな課題だ… 


    a9f32f1de70f894c25d6b79fcecf1933.jpg

    いかがでしょうか?

    我が家も同様に「日本派」です。だって、子供たちの将来のために、「日本」を応援するのって、普通の事じゃないでしょうか♥

    我が家は、こういう方々を、素直に応援しています♥ 頑張ってください!

    続きは次回に♥


    なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのかなぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか
    (2014/08/30)
    田母神俊雄

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Thu,  04 2014 19:21
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment