いろは歌って、凄いんですよ♥

伊勢神宮2014
2014年秋 伊勢神宮
いろは歌(いろはうた)とは、すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文のこと。七五調の今様の形式となっている。のちに手習いの手本として広く受容され、近代にいたるまで用いられた。また、その仮名の配列は「いろは順」として中世から近世の辞書類や番号付け等に広く利用された。ここから「いろは」は初歩の初歩として、あるいは仮名を重複させないもの、すなわち仮名尽しの代名詞としての意味も持つ。現代に伝わるいろは歌の内容は、以下の通りである。

いろはにほへと ちりぬるをわかよたれそ つねならむうゐのおくやま けふこえてあさきゆめみし ゑひもせす
色はにほへど 散りぬるを我が世たれぞ 常ならむ有為の奥山  今日越えて浅き夢見じ  酔ひもせず (中学教科書) 

古くから「いろは四十七字」として知られるが最後に「京」の字を加えて四十八字としたものも多く、現代では「ん」を加えることがある。四十七文字の最後に「京」の字を加えるのは、弘安10年(1287年)成立の了尊の著『悉曇輪略図抄』に「末後に京の字有り」とあって、当時既に行われていたようである。「京」の字が加えられた理由については、仮名文字の直音に対して「京」の字で拗音の発音を覚えさせるためだという説がある。いろは順には「京」を伴うのが広く受け入れられ、いろはかるたの最後においても「京の夢大坂の夢」となっている。

【ご参考】
以下はこちらのサイトから⇒年収ラボ
 『 最も稼げると言われているのが放送記者で中でもやはり大手の方が平均給与が高い傾向にあります。30代後半で年収1,300万円超え大手新聞社・出版社でも30代前半で700~900万くらいが相場と言われています。・・・ちなみに大手新聞社の平均年収は朝日新聞社で1,280万円日本経済新聞社で1,227万円毎日新聞社で770万円、産業経済新聞社で741万円(平成24年3月現在。(日本経済新聞社は23年12月現在)数字は記者を含む全社員の平均値。各社有価証券報告書より)となっています。』

日ノ丸

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

日本人の諸先輩に御知恵を拝借して、知識を最新版に切り替える時なのです。

では、とっても暖かい文章で語りかけてくださる、この著者の書物を見ていきましょう!


「新しい日本人」が創る2015年以後「新しい日本人」が創る2015年以後
(2014/11/02)
日下 公人

商品詳細を見る


…有史以来、たいていの国では長い間生活が苦しかった…庶民には何かものを考えるようなゆとりがなかった。

 一方日本は少なくとも江戸時代には世界に例を見ないほど平和で豊かになっていた。庶民は寺へ行った…寺へ行けば住職が説法をしてくれたから、森羅万象さまざまなことに思いをめぐらせることができた。

 僧侶たちはもっと昔から、インド哲学や中国哲学を朝から晩まで議論していた…

 僧侶たちが議論するときの文献が世界でもっとも集積しているのが日本である。日本は砂金が出るものだから、空海や最澄らの留学僧は、砂金を持って中国に渡り、面白そうな本や、インドから渡ってきた文献があると、なんでも買い集めたのである。

 中国というのは不思議な国で、インドから持ってきたパーリ語で書かれている仏教の聖典を、大勢で翻訳する。直訳し、意訳し、さらにたとえ話にしてみる。五訳を重ねるというが、これでおおむね真髄が伝わるという訳ができあがると、原本は捨ててしまうのである

驚き顔

 日本の留学僧はそれを買い集めたから貴重な文献があちこちの日本の寺にある。…日本で保存されなければ確実に消失していた

…ともあれ、日本は昔からずっと学問を尊重する国だ。中国語の経典からさらに日本語に訳すのだが、当時日本中に何百、何千という優秀な学僧や僧侶がいて、お互いに協力したり、競ったりしながら翻訳を進めた。

 そうやって最後にできた日本語による経文をご存じだろうか。般若心経はまだ漢文だが、その真髄を日本語にしてしかもすべてのかなを一回ずつ使って書いた

 それが「いろは歌」である。   


a9f32f1de70f894c25d6b79fcecf1933.jpg

いかがでしょうか?

高額給与の日本のメディアも、留学僧のように勉強してくれればいいですね♥

勉強もせず嘘を垂れ流し、確定申告できるなんて、羨ましいですね。。。

これこそ一般大衆の本当の敵だと言えますね♥


「新しい日本人」が創る2015年以後「新しい日本人」が創る2015年以後
(2014/11/02)
日下 公人

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 日本
Published on: Mon,  01 2014 16:24
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment