イランを制裁すると、こうなるんです♥

    7_62x39_-_FMJ_-_2.jpg
    軍需産業(ぐんじゅさんぎょう)とは、軍隊で使われるものを製造したり販売したりする産業のことである。軍需産業とは軍隊で需要があるものを、製造したり軍隊に対して販売したりすることで、利潤を得ている企業群の総称である。 軍需産業が生み出す製品は多岐に及んでおり、軍隊が戦闘時に用いたり戦闘に備えて配備する兵器・銃器類(ミサイル、軍用機、艦船、戦車、大砲、ロケット砲、機関銃)やそれらで使う弾薬や軍用電子機器、また地雷、手榴弾など、また軍服や兵士が用いる様々な装備など、他にも軍隊が日常業務で使う資材、毛布、燃料、食料などの、多様な製品を生産・販売する産業部門のことである。

    kyotogosho002-3.jpg

      戦後の日本が学校で教わって来た「歴史」は、客観的ではありません。このことに、「教える側である先生自身」が全く気が付いていないのです。同じ事はメディアにも言えます。
      私たち日本人は、親日的な立場に立って正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。
      世界を正しく理解するために、どうしても無くてはならないのが「ユダヤ人」に関する知識です。
     それでは、ユダヤ人とイスラエルを見ていきましょう♥

     
    「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
    (2012/10/09)
    宮田 律

    商品詳細を見る


     アメリカは原油制裁法でイランの核開発を牽制しているが、その一方で、イランをめぐる緊張は軍需産業に恩恵をもたらしている

     イラク戦争の失敗によって、アメリカがイラン攻撃に踏み切れないため湾岸諸国は軍備拡張を迫られ、それがアメリカの軍需産業が利益を上げる絶好の機会ともなっているのだ。

     ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、北アフリカを除く中東地域は、2007年から2011年の間に武器購入額を14%増加させ、また同時期のアメリカの武器輸出全体の27%を占めており(イギリスの場合は30%)、武器市場としての中東はアメリカの軍需産業にとって魅力あるものとなっている。

     …中国はイランの最大の貿易相手国であり、各国のイランに対する経済制裁は中国との貿易を拡大させ、中国の利益にかなうものになっている

     しかし、アメリカは中国とイランの経済関係にくさびを打ち込まないままになっている

    驚き顔

    いかがでしょうか?

    アメリカのイラン制裁は、アメリカとイギリスの軍需産業の利益となっていて

    また、中国にとっても、利益となっている訳ですね♥

    そんな風に儲かるものだから、アメリカはイランとの対立を演出しているのですね~

    中国に釘を刺さないって言う事は、きっとグルなんでしょうね♥

    続きは次回に♥


    「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)「ユダヤ人とイスラエル」がわかれば「世界の仕組み」が見えてくる (ワニブックスPLUS新書)
    (2012/10/09)
    宮田 律

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: ユダヤ
    Published on: Tue,  25 2014 19:54
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment