東欧カラー革命のミステリー♥

    Soros_talk_in_Malaysia.jpg
    ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 - )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人の投機家・投資家・ヘッジファンドマネージャー。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。

    kyotogosho002-3.jpg

    米ソ二カ国による演出だった「東西冷戦」

    「東西冷戦」は欺瞞だった。。。と著者は言っています。

    こんなことは、「学校の先生」は、まったく教えてくれませんね♥

    朝鮮戦争、ベトナム戦争、オイルショックに続き、

    今度は冷戦後の謎に焦点を当てています。

    さあ、一緒に、見ていきましょう!


    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    朝鮮戦争については、こちらから♥

    朝鮮戦争のミステリー①♥

    Vladimir_Putin_-_2006.jpg

    『 2000年にプーチン大統領が就任して以来、アメリカとロシアの関係は冷却してゆきます。それは、プーチンがロシアの石油や天然ガスなどのエネルギー資源に対する国の関与を強めていったからです。そのようなプーチンの姿勢を鮮明にしたのが、新興財閥ホドルコフスキーの逮捕でした。これを機にアメリカの巻き返しが始まります

    東欧諸国で吹き荒れたいわゆる東欧カラー革命です。グルジアのバラ革命(2003年11月)に始まり、ウクライナのオレンジ革命(2004年12月)、そしてキルギスのチューリップ革命(2005年4月)と、ロシア周辺の旧ソ連諸国に次々と「民主化」革命が起こるのです

     これらを主導したのはアメリカ政府の資金援助を受けたNGO(National Endowment for Democracy,Open Society Institute,Freedom House等)でした。これらのNGOは民主化運動の指導者となる各国の青年たちに講習会を開いて、暴力を使わない革命の手法を伝授します。ビラや新聞の印刷のために輪転機まで援助しました。各国のカラー革命に何千万ドルという資金が流れたといわれます

     …NGOのなかのオープン・ソサイティーはアメリカのヘッジファンドの巨頭ジョージ・ソロスが主催する団体です。また、グルジアやキルギスでは2008年の共和党大統領候補となったジョン・マケイン上院議員の影がちらついていました。 


    驚き顔

    いかがでしょうか?

    ウクライナのクーデターも、アメリカの主導でしたね♥

    続きは次回に♥

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Mon,  24 2014 20:06
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment