テロとの戦いの謎②♥

    0,,15277537_7,00
    ケシ(芥子、Opium poppy、罌粟、学名 Papaver somniferum)は、ケシ科ケシ属に属する一年草の植物。日本語のケシは英語のpoppyと同義とされるが、英語では単に poppy といえばイギリス各地に自生しており、園芸種としても盛んに栽培されているヒナゲシ Corn poppy を指す。一方日本語で単にケシといった場合、それが種指定をも包含している場合はもっぱら本種を指す。英語では本種を Opium poppy と呼び poppy とは明確に区別している。日本語でも、他の園芸用ケシ属植物と区別するため、特に本種を阿片ケシ(アヘンケシ)と呼ぶことがあり、学会などでは種小名を用いソムニフェルム種と呼ぶ。日本では Opium poppy など Opium 産生植物はあへん法で栽培が原則禁止されている種に指定されており、厚生労働大臣の許可を得ずして栽培してはならない。Opium とはアヘン、麻薬の意味である。21世紀に入ってから条約無視の不法ケシ最大生産国はアフガニスタンで、2014年時点で全世界生産量の70%が同国産となっており、タリバンなど同国反政府組織の重要な資金源となっている

    kyotogosho002-3.jpg

    米ソ二カ国による演出だった「東西冷戦」

    「東西冷戦」は欺瞞だった。。。と著者は言っています。

    こんなことは、「学校の先生」は、まったく教えてくれませんね♥

    朝鮮戦争、ベトナム戦争、オイルショックに続き、

    今度は冷戦後の謎に焦点を当てています。

    さあ、一緒に、見ていきましょう!


    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    朝鮮戦争については、こちらから♥

    朝鮮戦争のミステリー①♥

    WTC_smoking_on_9-11.jpg

    『 アフガニスタンは「テロとの戦い」の象徴です。そうであるならば、アフガニスタン戦争は事実上半永久的に続くことになる危険性があります。

     この視点を頭に入れて、アフガニスタン戦争のもう一つの謎を見てみましょう。

     それは、なぜアメリカ軍のアフガニスタン占領後タリバン政権下で壊滅されたはずの【麻薬生産】が増大したのかということです。

     現在、アフガニスタンの麻薬生産の8割を占める南部五州イギリス軍が主体的に展開しています。しかし、イギリス軍はケシ畑には手を出さずケシの生産を黙認しているといわれ、アフガニスタンから麻薬、ヘロインが世界へ流出しています。なぜ、このようなことが行われているのでしょうか。

    驚き顔

     麻薬は世界の情報機関が秘密工作に使用する裏金を捻出する格好の対象といわれています。

     秘密工作には、政府や議会のチェックを受けることのない資金が必要なのです。アフガニスタンの麻薬もCIAやMI6など米英の情報機関の裏金つくりのために使われている可能性があります。

    …いくらなんでも…到底信じることはできませんでした。

     しかし、イスラエル軍情報部の工作員が告発した数々の非合法活動を読んで、麻薬取引がこれらの情報機関にとって裏金つくり上必要悪であることが理解できました…

    興味のある方は、Ari Ben-Menache著の『Profits of War』を参照ください。

    Profits of WarProfits of War
    (1992/10/23)
    Ari Ben-Menashe

    商品詳細を見る


    日本がアフガニスタンにしてきたことをご存知ですか?

    【問題】日本が8万人の警察官の給与の半分を支払っている国は♥


    実はアフガニスタンは親日国なんですよ♥

    「日本」と「アフガニスタン」の●●の日が同じなんです♥



    いかがでしょうか?

    アメリカもイギリスも、麻薬で裏金を作っているんですね♥

    続きは次回に♥

    国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
    (2012/12/25)
    馬渕睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Mon,  24 2014 12:30
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment