ペリー沖縄来航♥

    Matthew_Calbraith_Perry.jpg

    PHP研究所
    いま沖縄で起きている大変なこと
    中国による「沖縄のクリミア化」が始まる
    著者 : 惠隆之介著 《拓殖大学客員教授、『八重山日報』論説委員長》

    『(かつての琉球王国における)地割制下の農民の疲弊ははなはだしく、

    1853年(嘉永6)、

    琉球に来航した米国・ペリー提督…は、

    その惨状に胸を痛め、

    詳細な記録を残している…

    ペリーは

    「メキシコの労働者を省けば、これほどまでに不幸な生活をしている人民を世界に見たことがない」

    「琉球住民を専制的法律の圧迫から救いたい」

    と、琉球農民の惨状に同情し、

    それが王国自体の統治制度に由来することを指摘している。

    ペリーは琉球の階級社会をこう表現する。

    「最下級の人民(農民)はまったくの【奴隷】であって、

    公民権もなくまた個人的自由もない。

    そして貴族や学者の【どんな命令にも】従わなければならない。

    それゆえに貴族階級は全く【怠惰】である。」』

    下田以外にも、行っていたんですね。。。知りませんでした^^

    でもペリー提督が見た沖縄って、ものすごい惨状だったんですね♥

    いま沖縄で起きている大変なこといま沖縄で起きている大変なこと
    (2014/08/26)
    惠 隆之介

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 沖縄
    Published on: Sat,  13 2014 07:10
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment