日本と中国の仲が悪くなった理由♥

    清華大学主楼
    清華大学主楼
    清華大学(せいかだいがく、ピンイン:Qīnghuá Dàxué、英名:Tsinghua University)は、北京市海淀区に所在する中華人民共和国の大学である。1911年に創立された。大学の略称は清華(チンファ)。アメリカのジョン・ヘイ国務長官の提言によりセオドア・ルーズベルト大統領が義和団の乱の賠償金を引き下げて捻出した資金から1911年(明治44年)に設立された清華学堂が起源。 国務院教育部直属の国家重点大学であり、14の学院と56の系を有する総合大学。各界に多数の人材を輩出しており、特に工程技術人材を大量に養成してきたため、「エンジニアの揺籃」とも称される。

    kyotogosho002-3.jpg

      戦後の日本が学校で教わって来た「歴史」は、客観的ではありません。このことに、「教える側である先生自身」が全く気が付いていないのです。同じ事はメディアにも言えます。
      私たち日本人は、親日的な立場に立って正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。
      それでは、アメリカの支那侵出の歴史を見ていきましょう♥

     
    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    「民族戦」長野朗(昭和16年著)

    (アメリカの西進ルート)
    第一には第一次欧州大戦に際し東亜の市場はほとんど日本の独占に帰したので、

    之を破って米国資本の進路を開くには、武力を使用し得ない米国としては、

    文化事業をその武器とせざるを得ない。

    これにより米支親善の空気を造ると共に

    排日の空気を支那に瀰漫(びまん)せしめた

    げにや今日の排日運動の始めをなしたものは英米二国である。

    彼等が東亜を長く自己の市場化するために採った方法は日支の離間である。

    彼等の最も恐るる所は東亜の二大民族たる日支の結合であった。

    そこで極力日支両国の離間を計り、出来得れば之を相闘はしめんとした

    彼等二十年の苦心積慮(くしんせきりょ)はここに効を奏し、日支は相闘ふこと三年半余にして未だ解けない。

    欧州大戦が休戦に入るや(1918年)、

    今まで遠慮していた英米の諸新聞一斉に排日を煽り立てた

    これが支那新聞に感染して排日の下地が出来

    大正八年五月の北京大学生の排日運動(いわゆる「五四運動」)となるや、

    支那全国に散在する英米系学校が中心となり

    火の手はたちまち支那全国に拡がり

    之に基督教青年会(キリスト教青年会)が参加し

    その(キリスト教青年の)幹部が学生会の指導者となった

    当時の「五四運動」の様子は、こちらから♥

    「五四運動」① 学校で教える「ウソ」♥

    イエス・キリストは実在したのか?イエス・キリストは実在したのか?
    (2014/07/10)
    レザー アスラン

    商品詳細を見る


    当時英米系教会は支那全国中、僅か百二十六県を除き、

    一千七百五十七県に及び

    教会及び附属機関およそ一万七千

    医院薬房(いいんやくぼう、教会経営の病院・薬局五百七十

    教会設立の大学専門学校十八

    その他のもの合わせて英米系二十七

    教会設立の中学校約三百五十小学校約六千幼稚園七百五十であった。

    かうして全国に張られた排日の網の目一斉に活動を始め

    英米関係のすべての団体が動き出し排日はやがて日貨排斥となり、

    そこで米国の商品が動き出してきた

    前大戦前には遥かに日英獨の下位にあった米国の対支貿易が、

    今事変前には日英を抜いて第一位を占めていた

    日貨排斥でのキリスト教宣教師の活躍はこちらから♥

    英米キリスト教宣教師の活動♥

    photo_2.jpg
    アメリカの西侵の流れ

    いかがでしょうか?
    アメリカの支那侵出は、キリスト教関係者が重要な役割を果たしていたことが理解できますね♥
    また、大切なことは、英米は日本と支那を仲違いさせたかった、ということです。これは、現在も継続している、アメリカの基本方針のようですね!


    GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
    (2012/08/10)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Sat,  15 2014 21:11
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment